手のひらで感じるホンダの魂!! トミカからホンダ シビックTYPE R登場!!


 2017年に登場した現行型シビックタイプRは、ニュルブルクリンクでタイムアタックを行うなど、その高いパフォーマンスを証明してきた。

 そして2020年10月にマイナーチェンジを受けさらなる進化を遂げた。この時発売された200台限定の「リミテッドエディション」は瞬く間に完売となり、タイプR人気の高さを証明した。

 そんな注目のシビックタイプRが2021年2月にトミカ「No.40 ホンダ シビック TYPE R」が発売されたのでご紹介しよう!

文/安藤修也、写真/タカラトミー、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】トミカファミリーに加わったシビック タイプRを実車とミニカーでじっくり見る


■愛され続けるタイプR

元々スポーティーなイメージのホンダ車のなかでもさらに特別な存在が「タイプR」だ

 ホンダのファンでなくても、一度知ったら忘れられないクルマがある。それは、シビックタイプRだ。

 元来、スポーティなイメージを持たれがちなホンダ車のなかでも、特別な存在である「タイプR」シリーズは、90年代からNSX、インテグラ、シビックと順番に誕生していったが、現在までタイプRが設定されているのはシビックのみである。

 初代モデルがデビューしたのは97年で、現行型はなんと5代目になる。いまでは初代モデルを知らない若いファンも存在するだろうが、それだけ時代を超えて愛され続けてきたということでもある。

 各モデルごとに多かれ少なかれ味付けの変化はあったが、どのモデルも一般道をスリリングかつスピーディに走る術は最高レベル。ステアリングを握った人を瞬く間に虜にしてきた。

現行型シビック タイプRではターボエンジンを搭載する

 3代目モデルの乗り心地はかなり神経質だったが(笑)、その他のモデルは日常生活でも活躍できるユーティリティ性能を備えている。

 さらに、ハンドルを握るのがフレッシュマンなら、このクルマから“クルマとは何か”を学ぶことさえできるだろう。意識的かつ野心的なほどハードで、それでいてスマートに乗ろうと思えば、そうできる。まるで食べても残すところがないアンコウのようなクルマなのだ。

 一方、「エンジン屋」とも称されるホンダが造りだした究極のNAエンジンさえ載せれば、どんなボンクラなモデルがベースでも傑作になっただろうという主張は、明らかな間違いだ。

 ベースモデルのシビック自体が名車だからこそ、開発の自由度が高くなり、スポーティモデルとして妥協を許さぬクルマが誕生したのである。その証拠に、現行型シビックタイプRは、NAではなく、ターボエンジンを搭載している。

■現行モデルは販売終了 次期型を開発中か!?

内装もレーシーな仕様となっている

 初代モデルのスタイリングは高揚感のあるものではなく、ほぼ素のシビック。いい意味で機能美を感じさせる味付けだったが、歴代モデルで徐々にエアロパーツの激しさが増し、現行型は某社の某エボリューションモデル的な仕上がりとなった。

 これを支持しない人もいると聞くが、ひとつ強調しておきたいのは、これは優れた技術と想像力から生み出されたデザインだと言うこと。装着されているのは徹底的に研究された最新鋭のエアロパーツである。

 デザインに関しては、いろいろストーリーめいたものがあるにせよ、いまも多くのカーマニアがシビックタイプRに対していい印象を抱いていることは、はっきり感じ取れる。

 タイプR専用のボディカラー「チャンピオンシップホワイト」を設定し、赤いバッジ(エンブレム)や赤いシートを装備する、つまり日の丸カラーを背負う『日本を代表するスポーツモデル』であることを意識せざるを得ないのだ。

 ただ、2021年2月現在、ホンダの公式ホームページにはシビックタイプR販売終了の旨が記されている。同車には、何度も生還する不死鳥のような雰囲気さえ漂っているが、次期型も当然、開発中だと当サイトでは予想している。

 ただしそれは、ツインモーターを備えた4WDモデルだという。であれば、ガソリンエンジン+FFで世界最速を実現した、この奇跡とも言える存在はさらに貴重になる。

次ページは : ■現行型タイプRがとうとうトミカに登場!!

最新号

ベストカー最新号

ロータリースポーツ復活説急浮上!! 特集「時空を超えた対決」|ベストカー 8月10日号

本日、ベストカー8月10日号が発売!! 日本車スクープ 大追跡スペシャル、新旧スポーツモデルの魅力にせまる企画、世界クルマ五輪など盛りだくさんの内容でお届け。

カタログ