今秋登場!! いよいよ発表秒読み新型エクストレイルは「e-POWERターボ」でいざ勝負!!


 2021年4月に行われた上海モーターショーにおいて、日産は、中国市場向けの新型エクストレイルを発表した。日本市場では、新型エクストレイルに関して、現時点(2021年5月時点)ノーアナウンス。北米市場向けの兄弟車「ローグ」もすでに2020年10月から販売が開始されており、日本市場は、北米そして中国市場に先を越されてしまった形となった。

 「国内重視するといったではないか!!」と思ってしまうところではあるが、「新型エクストレイルe-POWER」については、(欧州でちらっと触れられてはいるが)ぎりぎり発表されていない。おそらく日本向けの新型エクストレイルは、ベースグレードはe-POWER、最上級グレードに三菱との協業で得たPHEVと、この2つのパワートレインで登場してくるだろう。

 しかし、なぜ日産はe-POWERにこだわるのだろうか。なぜ日本では北米ローグの2.5Lガソリンエンジンも、中国エクストレイルのVCターボも用意されないのか、そして、日本向けの新型エクストレイルにはパワートレインが最もふさわしいのか、についても触れていく。

文:吉川賢一
写真:NISSAN

【画像ギャラリー】上海モーターショーで発表された日産新型エクストレイルと、歴代エクストレイル


「e-POWERブランド」として認知を高めたい

 日産は、2020年5月に発表した「事業構造改革計画/NISSAN NEXT」において、「日本市場は電気自動車を拡大(SUVと軽を追加)し、電動車(e-POWERもしくはハイブリッド)率を25%から60%にまで引き上げる」としている。

 イチ押しのコンパクトSUV「キックス」(2020年6月デビュー)も、安価なガソリン仕様を用意せず、e-POWER一本とし、日産の命綱ともいえる売れ筋コンパクトカー「ノート」(2020年12月デビュー)ですら、e-POWER一本で勝負に出た。

 「電動車ブランド」のイメージを高めるため、新型エクストレイルも国内においてはベースグレードをe-POWERと(ガソリンモデルを持たない)してくるにちがいない。

中国市場には2025年までに新型シルフィを含む6車種のe-POWER車を用意する、ともしており、おそらく中国仕向けのエクストレイルにも、e-POWERモデルが登場するはずだ

 日本市場向けの新型エクストレイルに関して、ダメ元で日産広報へと電話で確認したところ、「上海モーターショーでは、(新型エクストレイルに)中国市場に適した、新世代のVCターボエンジン搭載車を発表しました。その他のパワートレインや、日本仕向けとしてVCターボエンジンを搭載するのか、e-POWERを搭載するのか、といった将来の商品ラインアップに関しては、現時点、明言が出来ません。」とのことだった。

 ちょっと聞いたくらいでヒントをもらえるはずもないが、「中国と日本とでは事情が違う」ということだけはわかった。

新型エクストレイルは、先代に対して全長を42ミリ(ローグの数値)ほど切り詰めている。リアスタイルもボクシーでかっこよい!!

 しかしなぜ日産は、いわゆるストロングハイブリッドではなく、e-POWERで勝負に出てくるのだろうか。

 現在の日産が持つ、いわゆるストロングハイブリッドは、スカイラインとフーガ用の3.5Lハイブリッドと、現行T32エクストレイル用の2.0Lハイブリッドの2基。小改良はなされていると思われるが、登場から既に6~7年は立つ古いパワートレインであり、トヨタとの差は開く一方だ。

 一転、ハイブリッドとは異なる乗り味をもつ「e-POWER」は、先代ノートやセレナなどの国内日産の主力車種で、一気に知名度が上がった。これを日産のアイコンとして強く打ち出し、「e-POWERブランド」として、認知させたいのだろう。

ハイブリッドとは異なる乗り味をもつ「e-POWER」は、先代ノートやセレナなどの国内日産の主力車種で、一気に知名度が上がった

各国で少しずつ違ってくる規制

 また、CO2排出量の低減のためにも、e-POWER化は必須だ。「2021年には企業平均で95g/kmを下回るべし」という厳しいCAFE規制に対応するには、e-POWERのようなパワートレインでないと通用しない。

 新型ノートe-POWERのCO2排出量は79~84g/km。キックスe-POWERは107g/km、セレナe-POWERは129g/km、エクストレイルハイブリッドは155~168g/km(いずれもWLTCモード燃費から換算した数値)。

 新型ノート以外は、旧世代のe-POWERということもあるが、2021年CAFE規制(95g/km)には、遠く及ばないレベルだ。この数値をどうにか下げないとならないのだ。

(参考に、他車のCO2排出量は、トヨタヤリスは、ハイブリッド64~80g/km、ガソリン107~123g/km。ホンダフィットは、ハイブリッド79~100.1g/km、ガソリン113.8~133.4 g/km。さらに、RAV4 PHVは108~113g/km、現行アウトランダーPHEVは142g/km。)

新型ノートe-POWERのCO2排出量は79~84g/km EVを除く日産車で、唯一95g/kmを達成する低CO2排出車だ

 ただ、この「企業平均で95g/kmを下回るべし」というのは、欧州市場(厳しい罰則あり)と日本市場(達成を求める)のことであり、中国と北米は、またちょっと事情がちがってくる(詳細は長くなるので割愛)。中国と北米では用意できたガソリンモデルも、日本や欧州ではCAFE規制で足を引っ張ってしまうため、売ることができないのだ。

 冒頭ですこし触れたが、実は欧州では、新型キャッシュカイについてのリリースの中で、欧州向けの新型エクストレイルにe-POWERが搭載されることがひっそりと発表されている。2020年2月に欧州発表となった新型キャシュカイに搭載される「e-POWERターボ(1.5L VCターボを発電エンジンとした新e-POWER)」だ。

欧州向けの新型エクストレイルには、新型キャシュカイに搭載される「e-POWERターボ(1.5L VCターボを発電エンジンとした新e-POWER)」の搭載が予定されている

 日本市場向けのエクストレイルにも、この「e-POWERターボ」が搭載されることは間違いない。このe-POWERターボのCO2排出量は現時点分かっていないが、おそらく95g/kmを切るレベルに入れてくるはずだ。

 厳しい罰則を回避するため、そして電動車メーカーとしてのプレゼンスを示すため、そして市場のニーズに合わせてよりたくさん販売するため、市場ごとに判断している、ということなのであろう。

次ページは : 新型エクストレイルは「e-POWERターボ」こそが本丸!!