【どんどん増えて…いま何ジャンル??】 組み合わせ自由自在! クロスオーバー分類学


 クロスオーバーという言葉はクルマ以外だと音楽が代表的だが、「あるジャンルとあるジャンルが融合したもの」という意味である。クルマであれば昔は「セダンはセダン」「スポーツカーはスポーツカー」といった明確な棲み分けであったが、時代が進むにつれそれぞれのいい部分を融合した新しいジャンル、モデルが増えてきた。クロスオーバーカーはSUVに多いが、それ以外のジャンルも増えつつある。代表的なところを紹介していこう。

※本記事は2017年3月のものです。
文:永田 恵一
写真:トヨタ、ホンダ、スズキ、三菱、BMW、ポルシェ、ベストカー編集部
初出:ベストカー2017年3月26日号


コンパクトカー+ミニバン

代表車種…タンク四兄弟(ルーミー、タンク、トール、ジャスティ)、ソリオ、ポルテ&スペイド、シエンタ、フリードなど

 コンパクトカー級のボディの全高を高くすることで、ミニバンのような広い室内空間を確保。全長の長いシエンタとフリードは3列目シートを備える。使い勝手のよさで各車人気となっている。

スズキソリオ
スズキソリオ

乗用車+ミニバン

代表車種…ジェイド、BMW2シリーズグランツアラーなど

 全高を乗用車に近い1600mm前後に抑えながら、充分使える3列目シートを持つ。かつては人気のジャンルだったが、現在は全高の高い古典的なミニバンに押され苦戦中。

2018年5月17日にマイナーチェンジを実施したジェイド
2018年5月にマイナーチェンジを実施したジェイド

次ページは : セダン+クーペ

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ