AE86レビン/トレノはデビュー時から評価は高かったのか?? ドリフトブーム以前の人気度は?

ドリフトブーム以前も人気だった!? AE86レビン/トレノはデビュー時から評価は高かったのか?

 4月5日に世界初公開されたトヨタ新型「86」。そのネーミングのきっかけとなったのがカローラレビン/スプリンタートレノの4世代目となるモデルの型式名称「AE86」だ。

2021年4月5日に世界初公開されたトヨタ新型86。トヨタ86はAE86をイメージして「運転する楽しさと所有する喜び」をコンセプトに2012年に登場した

 そのAE86はマンガ「頭文字(イニシャル)D」などのブームもあってFRライトウェイトスポーツの名車となっているが、その高評価ぶりは絶版となった後の話。新車で発売された当初、AE86はどのように評価されていたのか?

 トヨタ86の元祖、AE86型レビン/トレノの新車時代の本当の実力についてモータージャーナリストの片岡英明氏が振り返る。

文/片岡英明  写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】カローラレビン/スプリンタートレノ!! 86づくしの写真をチェック!!


■FRを守り通して伝説を多く生み出したAE86

 排ガス対策が一段落した1980年代は、技術革新に驚かされた10年だ。パワーユニットはターボチャージャーの助けを借りてパワーとトルクを大幅に増強したし、DOHCエンジンも4バルブ方式の新世代ユニットになっている。

 軽自動車やコンパクトカーは相次いでFF方式を採用し、その潮流はミドルクラスにまで及んだ。ホットハッチやボーイズレーサーのほとんどはFF車である。

 だが、カローラとスプリンターのスポーツモデルとして送り出されたレビンとトレノは、第4世代になっても後輪駆動のFRにこだわり続けた。1983年5月のモデルチェンジを機に、ファミリー系のセダンなどはFFに転換している。

 が、走りの楽しさにこだわるAE86レビン/トレノは、時流に抗ってFRを守り通したのだ。21世紀になってトヨタが「86」のネーミングを復活させたことからわかるように、AE86レビン/トレノは革新的なFRライトウェイトスポーツクーペだった。伝説を多く生み出している。

■もっともスパルタンなグレードは3ドアクーペに設定されたGTV

 AE86レビン/トレノは、それまでのレビン/トレノとは大きく違う。パワーユニットは新世代のテンロク(1.6L)DOHCだ。それまでは2バルブの2T-G型直列4気筒DOHCエンジンを積んでいた。

 が、AE86の型式を持つ第4世代のレビンとトレノはレーザーαツインカム16バルブと名付けられた4A-GEU型直列4気筒DOHC4バルブを搭載する。吸気側にT-VISを採用し、電子制御燃料噴射装置EFI-Dで武装した。総排気量は1587ccだ。

4A-GEエンジンは1983年にAE86でデビューし、最終的には1995年のAE111で165ps/7800rpm、16.5kgm/5600rpmと熟成・進化しつづけた

 オーバースクエア設計の4A-GEU型は、軽量設計が売りだった。2T-GEU型の整備重量は146kgだが、4A-GEU型は20kg以上も軽い123kgだったのである。もちろん、パフォーマンスも大きく向上していた。

 グロス表示で最高出力は130ps/6600rpm、最大トルクも15.2kgm/5200rpmを発生する。トランスミッションはクロスレシオの5速MTと電子制御4速ATを設定した。

 ボディタイプは、3ドアのハッチバッククーペと2ドアのノッチバッククーペを設定する。トレノは格納式のリトラクタブルヘッドライトを採用した。フラッグシップは、快適装備を充実させたGTアペックスだ。

スプリンタートレノ 3ドア GTアペックス
カローラレビン 2ドアクーペ GTアペックス

 もっともスパルタンなグレードは3ドアクーペに設定されたGTVで、ステアリングギアとサスペンションがハード仕様になっている。パワーアシストのない重いステアリングだが、ラック&ピニオンのステアリングギアは16.8対1とクイックな味付けとした。ロック・トゥ・ロックはGTアペックスが3.2回転であるのに対し、3回転だ。

カローラレビン 3ドア GTV

 サスペンションは、フロントが改良型のストラット、リアはラテラルロッド付き4リンクに進化したリジッドアクスルである。GTVのサスペンションはほかのグレードより引き締められていた。タイヤはほかのグレードが13インチの70タイヤ(185/70HR13)であるのに対し185/60HR14を履いている。

次ページは : ■デビュー当初はジャーナリストなどの評価は高くなかった