2018年8月から急増! 近年、トミカでフェラーリが増えている理由は?


 日本でミニカーといえば真っ先に思い浮かぶのがトミカだろう。玩具店はもちろんのこと、最近は一部のコンビニでも購入できるようになった。おかげでついつい買いすぎてしまったりするのではないだろうか?

 そんなトミカにフェラーリSF90ストラダーレが加わった! それも特別なモデルではなく、いわゆる標準モデルの120番の担当としてである。

 今回はトミカにフェラーリが加わった舞台裏をご紹介しよう!

文/加藤久美子、写真/タカラトミー、加藤久美子

【画像ギャラリー】オトナの事情でご無沙汰だった跳ね馬が帰ってきた!! 卓上にスクーデリア・トミカを作ろう!!


■スタンダードトミカでも他とは一線を画すフェラーリのトミカ

2021年4月のトミカの日に発売された、フェラーリ SF90 ストラダーレ。初回特別カラーのシルバー/※すでに生産を終了しているため、店頭にない場合があります

 「毎月第3土曜はトミカの日」。

 通称,赤箱と呼ばれるトミカは毎月第3土曜日に新しいモデルが2車種(初回特別仕様を入れると3種)発売される。現在はこのトミカは120台体制となっており、新しいモデルが発売されるたびに入れ替わっている。

 そして今年4月の「トミカの日」に発売されたのは『フェラーリ SF90 ストラダーレ』でそれまで120番だった『油圧式ショベル グラップル仕様』に代わり、新たに「120番」としてトミカに加わった。初回特別カラーがシルバー、標準カラーがレッドだ。

 仕上がりは実に素晴らしく、500円以下で買える3インチミニカーとしてはありえないほどの細かな作り込みと高級感を漂わせている。前後のウィンドウも透明のアクリルパーツ仕様でシートの再現性もかなり高い。

こちらが標準モデルのレッド

 これはフェラーリに限った話ではないが、トミカでは色移行や、袋の移行防止から商品を守るために紙仕切りがあるなど梱包にも工夫がされており、フェラーリ SF90 ストラダーレにも、同様の工夫が施されている。

 さて、このフェラーリのミニカーだが実はかなり長い間、タカラトミーからは発売されていなかった。フェラーリ不在の期間は26年!今年で51年の歴史を持つトミカのおよそ半分の期間に相当する。

 26年とはトミカで遊んでいた幼稚園児が30歳を超える年齢になるほど長い年月。一体なぜそんなに長い間、トミカのフェラーリが発売されなかったのだろうか?

■ライセンス契約の関係で

これが紙箱ならぬ『神箱』。外箱よりわずかに厚めの内箱で中のトミカが保護されている

 販売されなかった理由……それはフェラーリ社との模型を製造販売する上でのライセンス契約(版権)である。

 ホットウィールなどでおなじみの米国マテル社が1999年から2014年までフェラーリと独占的なライセンス契約を結んでいたため、トミカやそのほかのメーカーからもフェラーリのミニカーを出すことができなかったのだ。

 この期間はプラモデル等の組み立てモデル(組み立てモデルはその後許可されて再び市場に流通)や完成品モデルのミニカー、モデルカーについて米国マテル社でのみ製造が可能だったのである。

 なお、日本では米国マテル社の正規輸入代理店である京商が製造・販売権を得ており、マテル社のホットウィールと異なる価格帯(つまりホットウィールよりもかなり高額)でのみ製造・販売が認められていた。

 そして、長い間トミカから発売されてこなかったフェラーリが復活したのは2018年8月のこと。

 ただし、復活といってもタカラトミーに版権が移ったわけではない。少々、複雑な事情があるのだが、まずは、トミカ「フェラーリモデル」の箱に記された版権に関する記述をみてみよう。

(c) TOMY
Produced under license of Ferrari S.p.A. The name FERRARI, the PRANCING HORSE device, all associated logos and distinctive designs are property of Ferrari S.p.A. The body designs of the Ferrari cars are protected as Ferrari S.p.A. property under design, trademark and trade dress regulations.
Produced under license of M.C.G.: Maisto and Bburago.

(参考)
トミカ「フェラーリモデル」は、フェラーリS.p.Aのライセンスに基づいて製造されています。
FERRARIという名前、PRANCING HORSE(跳ね馬)のエンブレムや関連するすべてのロゴ、車両の独自デザインはフェラーリS.p.Aの所有物です。
フェラーリ車のボディデザインは、デザイン、商標、トレードドレス規制(知的財産の一形態)のもとでフェラーリS.p.A.の所有物として保護されています。
トミカ「フェラーリモデル」は、メイチョングループ(マイスト&ブラーゴ)のライセンス下で生産されています。

次ページは : ■タカラトミーとフェラーリの版権について