42歳で逝去した日本人ミニカーデザイナー リュウ・アサダ氏の魅力あふれる作品を紹介

42歳で逝去した日本人ミニカーデザイナー リュウ・アサダ氏の魅力あふれる作品を紹介

 3月23日に世界的ミニカーデザイナー、RYU ASADA(リュウ・アサダ)氏が4年半の闘病の末、大腸がんによる合併症でこの世を去った。「初めて名前を聞いた」という人もいるかもしれないが、3インチミニカーのコレクターなら彼の作品を所有している人も多いだろう。

 世界的なJDM(日本車をベースとしたカスタム)人気に火をつけた立役者でもあるアサダ氏の足跡をたどるとともに、代表的な作品を紹介してみたい。

文・写真/加藤久美子

【画像ギャラリー】ホットウィールに在籍して数多くのミニカーデザインを手掛けたリュウ アサダ氏の作品を見る


■リュウ・アサダ氏が8年間作品を作り続けたホットウィールとは?

日本では5月発売予定のアサダ氏の最新作『ライジンエクスプレス』。デコトラをモチーフとしており、アメリカではプレミア価格がつく人気となっている
日本では5月発売予定のアサダ氏の最新作『ライジンエクスプレス』。デコトラをモチーフとしており、アメリカではプレミア価格がつく人気となっている

 アサダ氏について紹介する前に彼が亡くなるまでの8年間に在籍した、ホットウィールというミニカーブランドについて少しふれておきたいと思う。

 日本で「ミニカー」といえば多くの人がトミカを思い浮かべるだろう。1970年に誕生したトミカは昨年50周年を迎えており、50周年記念トミカなども多数発売されている。

 そのトミカが発売される少し前の1968年にアメリカで誕生したのがホットウィールである。

 トミカ同様、1/60スケールを中心とする3インチ、手のひらサイズのミニカーが主流だ。北米、アジアを中心に世界中で販売されているミニカーブランドで、これまでの総販売台数は60億台超。世界のどこかで1秒に16台が売れている計算になる。もちろん世界一売れているミニカーである。

 映画Fast & Furiousシリーズ(『ワイルド・スピード』)に登場するクルマや80~90年代の日本車がホットウィール化される機会も増え、世界的な日本車人気とあいまって非常によく売れているのだ。

 トミカが実車に忠実であるのに対して、ホットウィールは遊び心を加えた仕上がりのものが多く、ミニカーデザイナーの個性が製品に表れるデザインが多いのも特徴である。

 また近年はトミカ同様、日本においては子どものおもちゃとしてのミニカーではなく、40代~50代以上の購買力がある世代での人気が急上昇しており、コレクターアイテムとしても拡大を続けている。

 一か月に発売される新型車も平均すると20台前後となり、トイザらスなどのおもちゃ店だけではなく、セブン・イレブンなどのコンビニ、ヤマダ電機などの家電量販店でも販売され始めた。日本では2012年に比べて売り上げが5倍以上に増加したというデータもある。

次ページは : ■リュウ・アサダ氏とはどんなデザイナーだった?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタ自動車の壮大なるBIGネーム復活計画の第四弾は……なんとトヨタセリカ!? 新型ホンダフリードの注目情報や、レーシングドライバー岩佐歩夢選手の新旧ホンダスポーツカー試乗など、GW明けから全力投球な企画だらけです!