42歳で逝去した日本人ミニカーデザイナー リュウ・アサダ氏の魅力あふれる作品を紹介


 3月23日に世界的ミニカーデザイナー、RYU ASADA(リュウ・アサダ)氏が4年半の闘病の末、大腸がんによる合併症でこの世を去った。「初めて名前を聞いた」という人もいるかもしれないが、3インチミニカーのコレクターなら彼の作品を所有している人も多いだろう。

 世界的なJDM(日本車をベースとしたカスタム)人気に火をつけた立役者でもあるアサダ氏の足跡をたどるとともに、代表的な作品を紹介してみたい。

文・写真/加藤久美子

【画像ギャラリー】ホットウィールに在籍して数多くのミニカーデザインを手掛けたリュウ アサダ氏の作品を見る


■リュウ・アサダ氏が8年間作品を作り続けたホットウィールとは?

日本では5月発売予定のアサダ氏の最新作『ライジンエクスプレス』。デコトラをモチーフとしており、アメリカではプレミア価格がつく人気となっている

 アサダ氏について紹介する前に彼が亡くなるまでの8年間に在籍した、ホットウィールというミニカーブランドについて少しふれておきたいと思う。

 日本で「ミニカー」といえば多くの人がトミカを思い浮かべるだろう。1970年に誕生したトミカは昨年50周年を迎えており、50周年記念トミカなども多数発売されている。

 そのトミカが発売される少し前の1968年にアメリカで誕生したのがホットウィールである。

 トミカ同様、1/60スケールを中心とする3インチ、手のひらサイズのミニカーが主流だ。北米、アジアを中心に世界中で販売されているミニカーブランドで、これまでの総販売台数は60億台超。世界のどこかで1秒に16台が売れている計算になる。もちろん世界一売れているミニカーである。

 映画Fast & Furiousシリーズ(『ワイルド・スピード』)に登場するクルマや80~90年代の日本車がホットウィール化される機会も増え、世界的な日本車人気とあいまって非常によく売れているのだ。

 トミカが実車に忠実であるのに対して、ホットウィールは遊び心を加えた仕上がりのものが多く、ミニカーデザイナーの個性が製品に表れるデザインが多いのも特徴である。

 また近年はトミカ同様、日本においては子どものおもちゃとしてのミニカーではなく、40代~50代以上の購買力がある世代での人気が急上昇しており、コレクターアイテムとしても拡大を続けている。

 一か月に発売される新型車も平均すると20台前後となり、トイザらスなどのおもちゃ店だけではなく、セブン・イレブンなどのコンビニ、ヤマダ電機などの家電量販店でも販売され始めた。日本では2012年に比べて売り上げが5倍以上に増加したというデータもある。

■リュウ・アサダ氏とはどんなデザイナーだった?

ホットウィールでデザイナーとして活躍したリュウ・アサダ氏。ホンダ車を愛し、ホンダ車のミニカーを数多くデザインしてきた(ホットウィール公式インスタグラムより)

 ホットウィールに日本車が増えたこと、そしてそれらが世界的に人気を博していること。その立役者のひとりが、リュウ・アサダ氏である。1978年に大阪府で生まれたアサダ氏はホンダ車を愛し、ホンダ車のミニカーを数多くデザインしてきた。

 幼少期からホンダ車が好きで、幼い頃から驚くほど正確にホンダ車の絵を描いていたという。彼の作品の中に大阪ナンバーがついたホンダ・プレリュードがあるが、これはアサダ氏が少年時代に父親が乗っていたクルマである。

 アサダ氏はオレゴン大学で物理学の学位を取得したあと、カリフォルニア州パサディナにある美術系大学、アート・センター・カレッジ・オブ・デザイン(以下アートセンター)で自動車デザインを学んだ。

 クルマ好きの方ならもしかするとご存知かもしれないが、アートセンターのトランスポーテーションデザイン学科は奥山清行氏(GM/ポルシェ/フェラーリ)、中村史郎氏(いすゞ/日産)、クリス・バングル氏(BMW)、原田則彦氏(ザガート)、俣野努氏(初代ユーノスロードスター)などそうそうたるメンバーを輩出している。
※カッコ内はデザインに関わった代表的な車種やメーカー

 アートセンターを卒業したあと、アサダ氏はホットウィールと同じマテル社が展開する『マッチボックス』を経て、2013年からホットウィールでミニカーデザインを手掛けることになる。

 2013年から彼が亡くなるまでの8年弱。アサダ氏が手掛けたホットウィールは、これから2022年に発売予定のミニカーを含め、実に150台を超える。

次ページは : ■熱狂的なアサダファンの思いとは

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ