【車の細かくて小さい「進化」を見逃すな】 小さいけれど大事な進歩


 クルマはメーカーの絶え間ない努力により、発表後も進化を続けている。どんな進化を遂げたかは、たとえば一部改良の時などに出される報道やニュースリリースを読めば書いてある。が、しかし、自動車メーカーの公式発表も、それを受け取り、取材し、報道する我々メディアも、すべての進化を伝えきれているわけでもない。

 そこで! そんなリリースにも掲載されていない進化ポイントをお知らせするのが本企画。

 読まれた方はフツーの人以上の知識を蓄積でき、リリースに記載されなかったことを悔しがるメーカー開発者は「ようやく陽の目を見た」と大喜びすること必至。というより、こういう報道こそ専門メディアの得意分野であり、本来の役割でもあります。

 こういう「細かいこと」が気になる方、たくさんいらっしゃるのでは!?

※本記事は2018年7月時点のものです。
文・
写真:ベストカー編集部
初出:ベストカー2018年7月10日号


【トヨタ アルファード/ヴェルファイア(2017年12月25日 マイチェン)】

インテリジェントパーキングアシスト2の改良で、バック駐車モードではハンドル据え切り量増加

 昨年12月に出されたリリースの内容は、予防安全装備、第2世代「トヨタ セーフティセンス」の全車標準装備や外観変更に関するものが主だったが、実はハンドルが自動で動いて縦列駐車などをサポートする機能も進化していた。この時のマイチェンは「顔が怖くなった」、「このフロントマスクはどうなんだ」という記事ばかり目立ったが(当サイトもそうでした、すみません)、こういう地道でしっかりした進化こそ伝えるべきではないか!!!??

【トヨタ アルファード/ヴェルファイア(2017年12月25日 マイチェン)】

ACC改良で追い越し時はレーンチェンジ途中から加速。走行車線に入る時は前のクルマをカメラで認識し、早めに減速

 上記に続き、最近のチョット高めのクルマなら付いてて当然のアダプティブクルーズコントロールも、ひっそりと進化していた。リリースに記載されなかったとはいえ、ユーザーにストレスや恐怖感を与えないための制御面における改良は、より評価されるべきだ。

次ページは : 【トヨタ 86GR(2017年12月18日登場)】

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ