【国産車離れの原因を探れ】ワタシが輸入車に乗り替えた理由


 最近、身近なクルマ好きから「輸入車に乗り替えた」という話、よく耳にしませんか。

 国産車の価格がじりじりと上がり、もはや輸入車ともさほど変わらなくなってしまった現在。クルマに個性を求める人達の多くが、輸入車に乗り替えている、という現実があります。やっぱり輸入車はいいですか? それとも日本車が魅力を失った? あるいはなにか別の理由があるのでしょうか??

 そこで、これまで国産車に乗っていた『ベストカー』読者のうち、ここ最近になって輸入車に乗り替えた人たちの意見を聞いてみることにしました。クルマ好きな『ベストカー』読者を虜にする、その魅力を探ります!

※本記事は2017年6月のものです。
文・写真:ベストカー編集部
初出:ベストカー2017年6月10日号


■【Part 1】ワタシが乗り替えた輸入車と乗り替えた理由について

 そもそもなぜ輸入車に目がいくユーザーが増えているのかを検証する前に、その背景を探ってみたい。

 軽自動車と登録車を合算した昨年(2016年)の国内新車総販売台数は497万260台で、このうち登録車は324万4798台。その前年となる2015年の総販売台数が504万6510台で、登録車は315万310台と、全体の総販売台数に占める登録車の割合はほぼ同じ水準で推移している。

 しかし、そう見えて2015年4月からの軽自動車の自動車税引き上げから軽の販売は急速に落ち込んでおり、実は登録車の新車販売は輸入車が底上げしているのだ。

 実際に輸入車の新規登録台数は昨年29万4060台と、2015年の28万4471台から対前年度比3.4%アップ。それを裏づけるかのように、輸入車の販売車種ラインアップ数はここ数年増加中。3年前の2014年4月時点での車種数は194車種だったが、今年4月時点での販売車種数は211車種にまで増加した。

 そのうえで今回、『ベストカー』読者を対象にウェブでのアンケートを実施した。アンケートの対象となったのは、ここ1~2年で国産車から輸入車に乗り替えた人たち110人。

 回答を寄せてくれたのはすべて男性だったが、年齢別では40代と50代で各々4割弱を占めており、20代、30代、60代が1割未満という結果に。最近ではエントリーグレードが200万円台後半という輸入車も増えているが、輸入車全般での価格の高さから考えると、40~50代がメインになるということだろう。

 ここからは具体的に乗り替えた輸入車の車種とその理由を挙げていく。

◎「国産車にないテールランプのデザインにひと目惚れしたから」(レガシィB4→新車でベンツCLAクラス/北海道・44歳男性)

「BRZでスポーツカーのよさを再確認し、さらに上を体験したくなったから」(BRZ→中古でポルシェケイマン/徳島県・28歳男性)

「ステイタス性があり、ブランド力もあるから。走りもディーゼルはパワフルで維持費も安い」(ベリーサ→中古でBMW118dスタイル/神奈川県・61歳男性)

「MTの国産車で汎用性があって手頃な価格で走りが楽しめそうなクルマが存在しないから。外車を探していたワケではないが、現車を見てデザインとインテリアにヤラレた」(レガシィB4→中古でアルフォロメオMiTo/秋田県・50歳男性)

「安全性も高そうだし、デザインに燃費、使い勝手がよさそうだから」(シエンタ→中古でVWゴルフヴァリアント1.2TSIコンフォートライン/千葉県・45歳男性)

「なんといってもステイタス性! 自分の社長就任を機に憧れのクルマに乗ってもっと仕事を頑張るために購入しました」(2代目ステージアAXIS→中古でアウディRS5/神奈川県・49歳男性)

「デザインに走り、それに稀少性があること」(アクセラスポーツ→新車でルノールーテシア/鹿児島県・41歳男性)

「直列6気筒NAエンジンのクルマに乗りたかったから」(スイフトスポーツ→中古でBMW130iスポーツ/島根県・54歳男性)

「今のホンダに乗り替えたいクルマがなかったから」(プレリュード→中古でBMW320i/茨城県・62歳男性)

「BMWのデザインは唯一無二だから。レクサスRC Fも気に入ったが、高速巡航のスタビリティと6気筒エンジンの気持ちよさで選んだ」(レクサスGS→中古でBMW640i/兵庫県・34歳男性)

「デザインと走りを両立した国産車がなかったから」(ランエボⅧ→新車でベンツCLA250シューティングブレーク/東京都・42歳男性)

「憧れとブランド力、走りと燃費、それにタイミング。国産に好きなワゴンがなかったのも理由」(ムラーノ→新車でBMW3シリーズツーリング/滋賀県・41歳男性)

 新車時価格の高さから中古で購入しているユーザーが目立つが、やはり輸入車に乗り替えた理由はステイタスにデザイン、そしてブランド力が圧倒的のよう。それと国産車を長く乗り継いだ人でも今の国産ラインアップに乗りたいクルマがなかったから、という理由を挙げている人も目立っていた。

BMWへの乗り替えも目立った。運転の楽しさ、走りのよさを乗り替え理由に挙げる人が多かった
BMWへの乗り替えも目立った。運転の楽しさ、走りのよさを乗り替え理由に挙げる人が多かった

■【Part 2】ワタシが今、気になっている輸入車とその理由

 続いては輸入車に乗り替えた人たちが今、最も気になっている輸入車を選んでもらった。現在乗っている輸入車の延長線上なのか、それともまったく違うモデルなのかをその理由とともに聞いた。

「ポップなデザインが気になっているルノートゥインゴ」(現車ゴルフヴァリアント/神奈川県・44歳男性)

「なによりそのスタイリングがいいBMW420i」(現車先代BMW320iクーペ/東京都・55歳男性)

「クルマ好きになるきっかけがランボルギーニだったから、ウラカン」(現車ポルシェケイマン/徳島県・28歳男性)

「アウディRS3。コンパクトでハイパワーなコンセプトがいい」(現車VWゴルフ/愛知県・56歳男性)

「BMW740iとベンツS300h。顧客価値が高く、環境に優しく、運転していて楽しいから」(現車4代目BMW525i/愛知県・30歳男性)

「走りが今のクルマと違った意味でよさそうなルノールーテシアルノースポール」(現車アルファロメオMiTo/秋田県・50歳男性)

「デザインがいいうえ、4WDのワゴンでスキーに行くのに重宝しそうなVWゴルフオールトラック」(現車VWゴルフヴァリアント1.2TSIコンフォートライン/千葉県・45歳男性)

「今乗っているBMWとは正反対のオモチャ感があるJEEPラングラーアンリミテッド」(現車BMW320dツーリング/愛知県・43歳男性)

「VWゴルフとほぼ同等のスペックなのにデザインがいいアウディA3」(現車VWゴルフⅥ/東京都・51歳男性)

「量産車のスーパーカーみたいで手頃なクルマのBMWi8」(現車BMW320i/茨城県・62歳男性)

「MINIクロスオーバー。今乗っているMINIよりも大きく、クリーンディーゼルに魅力があるから」(現車BMW MINI/岐阜県・43歳男性)

「あのポルシェのオープンモデルで、しかも値段が手頃な718ボクスターに乗ってみたい」(現車ベンツE320/京都府・49歳男性)

「ボルボV40。スタイルや安全性、ボルボの独自性に惹かれます」(現車シトロエンC4/愛知県・53歳男性)

「国産車にはない究極のホットハッチモデルであるメルセデスA45AMGとアウディRS3スポーツバック」(現車BMW225i/福島県・43歳男性)

「ターボエンジンのレスポンスのよさに加え、乗り心地や快適性が格段に向上したポルシェ911カレラ。マルチメディアも進化しているし、街乗りも大丈夫そう。いつかは必ず……」(現車BMW640i/兵庫県・34歳男性)

「内外装のよさと圧倒的なパワーからベンツAMG C63」(現車ベンツCLA250シューティングブレーク/東京都・42歳男性)

 全般的にBMWオーナーは次もBMWが気になる人が多かったようだが、やはり現車とはまた違った個性を持つブランドのクルマが気になる人が多数派だ。

レンジローバーイヴォークコンバーチブルは超個性的な1台。人とはひと味違ったクルマに乗りたいという欲求を満たすのも輸入車の魅力のひとつ。数多い車種数も魅力だ
レンジローバーイヴォークコンバーチブルは超個性的な1台。人とはひと味違ったクルマに乗りたいという欲求を満たすのも輸入車の魅力のひとつ。数多い車種数も魅力だ

次ページは : ■【Part 3】ワタシが以前、国産車に乗っていて物足りなかったところ

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ