【国産車離れの原因を探れ】ワタシが輸入車に乗り替えた理由


■【Part 3】ワタシが以前、国産車に乗っていて物足りなかったところ

 さて、ここでは輸入車に流れてしまった人が国産車に抱いていた不満点について挙げていく。国産車派には耳の痛い部分かもしれないが……。

「MPVの場合、車高の高さがあったせいかもしれないが、高速などでのどっしりとした安定感」(MPV→中古で先代ベンツC250クーペ/群馬県・54歳男性)

「ステイタス性に高級感、走りでは高速安定性に大きな違いがあった」(デリカD:5→新車でアウディQ5/東京都・42歳男性)

「インテリア、エクステリアの高級感」(インプレッサWRX STI→中古でBMW320iツーリング/愛知県・41歳男性)

「乗り味にインテリアの質感。今のクルマには走るたびに歓びを感じる」(イプサム→新車でBMW X1/秋田県・23歳男性)

「運転していて製品としてはよくても、走る喜びに欠けるところ」(AZワゴンほか→中古でプジョー406クーペ/神奈川県・48歳男性)

「コンパクトでステイタス性の高い高級車が欲しかったのだが、国産車には該当するクルマがなかった」(ベリーサ→中古でBMW118dスタイル/神奈川県・61歳男性)

「デザインがどれも似ていてステイタス性や高速安定性が物足りない」(エリシオン→中古でVWゴルフヴァリアント/神奈川県・50歳男性)

「輸入車よりも先行する機能があまりない。それにディーラーでのおもてなし感、お見送りなどが違う」(レガシィB4→新車でベンツCLAクラス/北海道・44歳男性)

「BRZに特に不満があったワケではなかったが、皆と同じというのが嫌だった」(BRZ→中古でポルシェケイマン/徳島県・28歳男性)

「カタログ値の6割くらいの燃費とホスピタリティのなさ」(マーチ→中古で4代目BMW525i/愛知県・30歳男性)

「特にないが、今の国産車には昔はあった選択肢がなくなっている」(レガシィB4→中古でアルファロメオMiTo/秋田県・50歳男性)

「シエンタは便利でとりたてて問題はなかったが、子どもも成長して3列目を使わなくなり、もう少しステイタス性があって家の前に止めていて格好いいクルマが欲しくなったから」(シエンタ→中古でVWゴルフヴァリアント1.2TSIコンフォートライン/千葉県・45歳男性)

「足りなかったものはなし。燃費以外、オデッセイはすばらしいクルマだった」(3代目オデッセイ→新車でVWゴルフ/愛知県・48歳男性)

「レガシィB4の足回りはしっかりしていたけど、ゴツゴツしていて街乗りには不向きだった。今のBMWでは走りの楽しさの質が違う」(レガシィB4→中古でBMW225i/福島県・43歳男性)

乗り替えた理由と重複するが、デザインやステイタス性、ブランド、走りに不満を持っていた人が多かった。そのいっぽうで、前車にとりたてて不満がなかった人もいて国産派は救われた思いだ(ホッ)。

走る喜び、という観点は輸入車勢の最も得意とするところ。国産車にもこのくらいの味が欲しいか……
走る喜び、という観点は輸入車勢の最も得意とするところ。国産車にもこのくらいの味が欲しいか……

■【Part 4】“輸入車党”の自動車評論家諸氏「だから輸入車を選んだ!」

 最後は自動車を評価するプロ、自動車評論家のなかでも最近、愛車を輸入車のBMWi3(レンジエクステンダー)に乗り替えた片岡英明氏にまずは聞いてみた。

「ここ最近、2代目フォレスターSTiバージョン、4代目レガシィアウトバック2.5XTとスバルを乗ってきたけど、仕事柄旧車に乗る機会が多くてね。そうなると周囲から、やれ『排ガスをまき散らす』とか言われるものだから、環境に優しいEVを中心に考えたんだよね。そうしたらスバルはステラで進めていたEVは商品化されず、i-MiEVやリーフは好みに合わなかった。

 そこに2014年登場のBMWi3を見て『これしかない!』ってピンときた。自分としては久々の輸入車だけど、個人的にはほぼ満足している。配線とかのきめの細かさは日本車にかなわないけど、ワンペダルドライブも気に入っている。オンボードコンピュータ表示などアップデートを頻繁にやっているのも高評価」

片岡英明氏がそれまでの4代目レガシィアウトバック2.5XTから乗り替えたのがBMW i3だった
片岡英明氏がそれまでの4代目レガシィアウトバック2.5XTから乗り替えたのがBMW i3だった

 最後に、現在は愛車なしだがこよなく輸入車を愛し、マニアックな車種を乗り継いできた(A112アバルト、フィアットリトモ・アバルト130TC、初代フィアットパンダ、プジョー406クーペ、アルピーヌA310、2代目マセラティギブリなどなど)石川真禧照氏のありがたいコメントで締めくくろう。

「輸入車の魅力は、もちろん車種にもよるけど、『安定感が違う』ということに尽きる。ブレーキを含めて大衆車クラスであればあるほど痛感させられる。なぜなら、ドイツでもフランスでも欧州では、大衆車に乗るふつうの人がふつうに130~140km/hといった速度域で走っているのだから。そのあたりの操縦性が“クルマ好き”にも支持される大衆車が続々と生まれてくる理由でもあると思う。それに作り手側の意気込みや意識の高さを感じさせるクルマも多い。確かに値段は張るけどその価値はあるはずだ」

石川真禧照氏が愛車として乗り継いだ欧州車。アウトビアンキA112アバルトなどマニアック
石川真禧照氏が愛車として乗り継いだ欧州車。アウトビアンキA112アバルトなどマニアック

次ページは : ■【番外コラム】国産スポーツ派だった『ベストカー』編集部イイボシの言い分

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ