【国産車離れの原因を探れ】ワタシが輸入車に乗り替えた理由


■【番外コラム】国産スポーツ派だった『ベストカー』編集部イイボシの言い分

 RX-8から先代VWゴルフGTIに乗り替えたのは2011年のこと(RX-8以前は初代インテR、NSX、FC型RX-7などを乗り継いだ国産スポーツ派だった)。初めての輸入車で、今も乗り続けている。

 選んだ理由はリアシートにきっちり人が乗れて、走りがしっかりしていて楽しく、一発の速さがあって燃費も悪くないから。こうして並べてみると特別な理由は何ひとつないが、それぞれが高いレベルで実現できているのがゴルフの特徴なのだと思う。

 買い換えの候補にしていたのは先代ルノーメガーヌRS、アルファ159、レガシィS402で全部中古車。それぞれに一長一短あって、結局は在庫車かぎりの大幅値引きで手招きしていたゴルフにフラフラと寄っていったわけなのだが、その選択は正解だった。

 VWゴルフといえば質実剛健な実用車というイメージかもしれないけれど、実は走りがとても楽しいクルマ。ドライバーに刺激を与えるわざとらしさはないのに「きっちり作ったら走りがよくなりました。ま、当然ですよね」といわんばかりなのだ。それはGTIにかぎらず、ふつうのグレードも同じ。

 日本車の同クラスで足りないのは、まさにこの乗り味。競合するメーカーはどこもゴルフをベンチマークにしているはずなのになぜできないのか。それは私のなかの七不思議なのだ。

それまで国産スポーツモデルを乗り継いだ本誌・飯干が選んで納得したのが先代ゴルフGTI
それまで国産スポーツモデルを乗り継いだ本誌・飯干が選んで納得したのが先代ゴルフGTI

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ