レヴォーグ、ヤリス…使いやすく 女心に響く 奥様が喜ぶクルマ 5選

新車を買う時の決定権は奥様!? 女心に響く 奥様が喜ぶクルマとは

 みなさん、新車を購入する時、どの車種にするかの決定権はアナタ(夫)ですか、それとも奥様ですか? 

 きっと、結婚されていて、お子さんがいらっしゃるファミリーの主である、世の多くの男性(夫)に、決定権はないのではないでしょうか? 

 なんとかして財務省(奥様)を説き伏せ、御機嫌を伺いながら、スポーツカーを、高いSUVを、買いたいと思うお父さんたち……、その姿を思うと涙がちょちょ切れます……。

 本企画では、奥様が喜ぶ、買ってもいいと許可がもらえるクルマを、モータージャーナリストのまるも亜希子さんに選んでもらいました。

文/まるも亜希子
写真/トヨタ スバル マツダ 三菱 ダイハツ まるも亜希子 ベストカーweb編集部 トビラ写真(Prostock-studio@Adobe Stock)

【画像ギャラリー】女心にドンピシャ!! 奥様を助ける気配り上手なクルマたち


■女心を操り、奥様を手なずけることはできるのか?

スバル・レヴォーグを購入したカーライフジャーナリストのまるも亜希子さん

 奥様や彼女に良かれと思ってした行動なのに、激怒されたり、フラれたりしたご経験をお持ちの男性は、かなり多いのではないでしょうか。

 いくら考えても理由がわからず、あれはなぜダメだったのだろうかと「永遠のミステリー」化されていることも多いかもしれません。

 でもそれは仕方のないことです。男性にとって、「女心」はそう簡単に理解できるものではなく、だからこそ星の数ほどのドラマが生まれてきたのです。

 とはいえ、どうしても欲しいクルマがある男性にとっては、その難解な「女心」を読み、手懐け、「うん」と首を縦に振らせるというアクロバットを決めないことには、幸せな未来への扉は閉ざされたのも同然でしょう。

 そのためにまず大切なのは、いきなり「欲しい」という主張をしないことです。自分が欲しいから買うのではない、奥様のためを思って、このクルマなら奥様がもっと快適に、ラクになるはずだから”買ってあげたいのだ”と主張することが重要です。

 間違っても、エンジンがどうだの、走りがどうだのという話をしてはいけません。欲しいクルマのどこに注目すれば、女心を突破できるのか。

 そのヒントは、男性はまったく気にならないけど、女性はとても気にしたり、不便に思っていることを改善する機能や装備にあります。そこで例として、奥様が喜ぶポイントを備えた5台のクルマをご紹介したいと思います。

■奥様が喜ぶクルマ1/スバル・レヴォーグのエアコン温度設定「奥様モード」

レヴォーグに搭載されている、肌が乾燥しにくいエアコンのマイルドモード

 1台目は、家の中と同じく、夫婦でもカップルでも男女でドライブしているとしばしばケンカになりやすい「エアコン温度差問題」。これをクリアする賢いエアコンを備えているのが、スバル・レヴォーグです。

 男性と女性はそもそも基礎体温が違ったり、発熱量や発汗量にも差があるため、男性はもっとエアコン温度を下げたいけど、女性は寒くてブルブル震えている、といった状態になりやすいものです。

 また女性はメイクが崩れたり、肌が乾燥するのを懸念して、エアコンによって車内が乾燥するのを嫌がります。

 そこに着目したのが、レヴォーグのフルオートエアコン(左右独立温度調整機能、後席ベンチレーション、クリーンフィルター付)。

 運転席と助手席でそれぞれ好みの温度設定ができるクルマは、最近はコンパクトカーでも増えてきましたが、このレヴォーグのトップグレードとなる「STI Sport」にはノーマル、スポーツ、スポーツ+、コンフォート、インディビジュアルから選べる「ドライブモードセレクト」が搭載されていて、そこでコンフォートを選択すると、エアコンの設定も変わります。

 スバルでは通称「奥様モード」と呼んでいたそうですが、湿度センサーによって窓が曇るギリギリのところで外気を入れるように調整し、湿度を高めに保つ工夫があるのです。

 お肌はもちろん目や喉にも優しく、ウイルス対策にもいいという美点が。普段から美容に気を使っている奥様には、「肌が乾燥しにくいエアコン」というワードだけでも、グッと心に響くのではないでしょうか。

次ページは : ■奥様が喜ぶクルマ2/トヨタ・ヤリスの駐車支援機能「アドバンストパーク」