臨場感溢れるカメラーワークは必見!! 『フレンチ・コネクション』を観る!!


 近年のカーアクション映画に大きな影響を与えた名作『フレンチ・コネクション』。

 タイトルからはフランスを舞台にした映画のように思われるかもしれないが、作中に登場する麻薬密売ルートの名称である。

 今回はそんな名作を振り返ろう!

文/渡辺麻紀、写真/ウォルト・ディズニー・ジャパン、Adobe Stock(トビラ写真=Steve Cukrov@Adobe Stock)

【画像ギャラリー】若き日のジーン・ハックマンは本当にポパイそっくり!? 『フレンチ・コネクション』で伝説のカーチェイスを堪能!!


■ドキュメンタリーテイストで作られたアカデミー賞5部門受賞の名作

タイトルに『フレンチ』と付くが映画の舞台はニューヨーク。全編オールロケ、照明や美術などさえも廃した映像は正真正銘、生のニューヨークの映像だ(Agota Kadar@Adobe Stock)

 車やカーアクションが大好きな映画人が、そのベスト作品として必ずと言っていいほど挙げるのが『ブリット』(68)と『フレンチ・コネクション』(71)。

 前回の『デス・プルーフ』の監督クエンティン・タランティーノや、この夏公開される『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』(8月6日公開予定)の監督ジャスティン・リンもベスト・カーアクション映画にこれらを入れていることからも、それはよくわかる。

 『ブリット』は、カーアクションというカテゴリーを映画に誕生させたような作品であることは、このコラムの1回目に書かせて頂いたので、今回はもう1本の『フレンチ・コネクション』をご紹介したい。

 『フレンチ・コネクション』は今でも色褪せることのない傑作刑事ドラマだ。

 ベースになっているのは、NYPDの実在する二人組の刑事と、彼らが手掛けた実際の事件のルポルタージュ、マルセイユとニューヨークを結ぶ、いわゆる“フレンチ・コネクション”と呼ばれるドラッグ密売ルートの摘発事件の顛末を、ドキュメンタルな手法を駆使して作り、刑事ドラマの表現を大きく変えることになった作品だ。

 監督はウィリアム・フリードキン。ドキュメンタリー出身監督らしいリアルで荒々しいタッチと、ジーン・ハックマンが演じた過激で執念深いポパイというキャラクター、そしてくだんの実話の物語が見事にマッチして世界中を驚かせることになったのだ。

 本作は、アカデミー賞8部門でノミネートされ、作品賞を筆頭に、そのフリードキンの監督賞、ハックマンの主演男優賞、さらに脚色賞、編集賞の5部門で受賞を果たしている。

 さて、そこでカーアクションである。実は本作、『ブリット』といくつかの共通点がある。プロデューサーが同じフィリップ・ダントニという人物なのだ。

 どうも彼はカーアクションに強いこだわりがあるようで、初めてのプロデュース作『ブリット』に続く2本目の本作では『ブリット』を超えるカーアクションを作ることを、監督を始めとしたスタッフ&キャストに命じたというのだ。

 そこで考えられたのが高架下を疾走する車と、高架線を走る電車とのチェイス。『ブリット』ではサンフランシスコの坂道を活かした車VS車だったが、今回はニューヨークを舞台に車VS電車というわけだ。

■高架の上下に分かれて電車とのカーチェイス!!

容疑者が乗った電車を車で追いかける。高架下を猛スピードで走る車と高架上を暴走する電車のデッドヒートだ(oneinchpunch@Adobe Stock)

 ポパイは、追っていたフランス人の殺し屋が電車に乗り込んだため、彼を捕まえ損ねる。

 普通の人間ならここで諦めるだろうが、執念深い彼は簡単にギブアップはしない。すぐさま道路に降り、その辺を走っていた車、いまはなきポンティアック ル・マンを警察特権で止めて無理やり奪い電車を追っかけるのだ。

 殺し屋は電車の窓から見えるポパイの車に驚き怯えて電車のなかを右往左往。銃をぶっ放して乗客を震え上がらせ、運転手を脅して次々と駅をスキップさせる。

 一方、車を飛ばすポパイは電車を視野に入れながら、行きかう車をよけたりぶつけたり、危うく乳母車とそれを押す母親をひき殺しそうになっても、決してスピードを緩めない。時速145キロで25ブロック、信号無視で突っ走る!

 『ブリット』がクールでスタイリッシュだったのに比べると、こちらは臨場感とリアリティがパワーアップ。心臓に悪いくらいのスリルがウリだ。

 そもそも、車と電車のチェイスということ自体、これが初めてだと思うし、相手を電車にしたことで、車内の乗客たちのパニックもスリルをより盛り上げる。同時多発的にさまざまな事態が起こり、観ているほうのテンションもあがりっぱなしなのだ。

 ちなみにカーチェイスのとき『ブリット』は音楽ナシだったが、本作の場合もナシ。この辺もダントニのこだわりなのかもしれない。

 撮影もハードだったらしく、ハックマンはDVDの特典映像で「車はクラッシュさせたので3台使用した。撮影していることを知らなかった人が実際にひょっこり現れ、びっくりして鉄柱に車をぶつけてしまったこともある」などと激白しているから怖ろしい。

次ページは : ■ほぼ無許可でのゲリラ撮影が生み出した臨場感

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ