おうち時間はクルマ映画を堪能! スティーブ・マックィーン主演『ブリット』を観る!!


 おうち時間が増えたことで、家で映画を見ることが増えている。一昔前であれば近所でレンタルするところだが、最近は配信サービスを利用して、定額で手軽に映画鑑賞ができる。気に入った映画はブルーレイで手元に置くのもいい。

 それこそ大昔の名画から先日封切られたばかりの最新の映画まで、選択肢は豊富にあるが、クルマ好きとしてはやはりクルマが大活躍する映画が見たい。

 そこで映画ライターの渡辺麻紀さんに名作『ブリット』の見所を解説してもらった。

文/渡辺麻紀、写真/ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント、Ford

【画像ギャラリー】映画『ブリット』のスティーブ・マックィーンと、特別仕様車マスタング・ブリットを見る!!


■のちの映画のカーチェイスシーンに影響を与えた歴史的作品

1968年製作の名作『ブリット』。主人公を演じるのはクルマ好きで知られるスティーブ・マックィーン

 スティーブ・マックィーンの主演作として人気の高い『ブリット』(68)は、映画史においても重要な意味をもっている。

 今ではアクションものの定番のひとつ“カーチェイス”を、映画の最大の見どころに置いた初めての作品だからだ。もちろん、本作以前にもカーチェイスシーンや、車がクラッシュする等がある映画は多々あったが、何といっても本作にはカーチェイスシーンが8分以上もある。

 念のために言っておくと、カーチェイスシーンだけを集めて8分ではなく、ひとつのカーチェイスが8分以上続くのだから凄いのだ。また、1968年製作なのでデジタルによるVFXはナシ。すべてホンモノで撮られている。

 そのチェイスが繰り広げられる街は、坂道が多いことで知られるサンフランシスコ。映画はこの地形をフルに活用している。

 車のなかに置かれたカメラと観客の目線を合わせることで、車の動きと一緒に私たちの視点も動き、しかも急な坂道の連続をフルスピードで飛ばすので、車酔いになってしまいそうなくらいの臨場感を味わえる。ハラハラドキドキがハンパない。

■セリフなし、音楽なし、カーチェイスだけでもたせる8分間の妙味

フォード・マスタングを駆るブリット(マックィーン)。マスタングはこの映画のもう一人の主役だ

 サンフランシスコ市警の刑事“ブリット”を演じるマックィーンの愛車はマスタング。彼が追いかける殺し屋二人組が乗る車はダッジチャージャー。どちらの車もチェイスシーン用に改造されている。

 マスタングを運転しているのはマックイーン自身とバド・イーキンスというスタントマン。マックィーンとイーキンスには歴史があり、マックィーンがブレイクした記念すべき作品『大脱走』(63)のバイクシーン。

 バイクでジャンプし、鉄条網を飛び越えるシーンのスタントをやった大ベテランだ。イーキンスはそのあとも彼のスタントダブルとして活躍し、マックィーンが亡くなったあと、そのバイク・コレクションを受け継いでいる。

 一方、殺し屋のドライバーを演じているのは『フレンチコネクション』(71)でも壮絶テクニックを披露した名カースタントマン、ビル・ヒックマン。

 ハリウッドの伝説的スター、交通事故で夭折したジェームズ・ディーンの親友だった人物だ。ディーンがポルシェスパイダーの追突事故で亡くなったとき、その体を車から運び出した人物だったと言われている。

 ということは、本作のカーチェイスシーンは、ハリウッドを代表する大ベテランのスタントマンの協力を得て出来上がったということになる。もっというと、当初の舞台はロサンゼルスだったが、カーチェイスのことを考慮してサンフランシスコに変更したという説もあるほどで、やはりそれだけ力を入れていたのだ。

殺し屋たちが乗るダッジ・チャージャー。ヒドゥンヘッドライトが車の表情を消して不気味さを醸し出している

 実際、そのカーチェイスシーンはメチャクチャかっこいい。チェイスに入るとき、敵のドライバーがおもむろにシートベルトを着けるのもいいし、さらに、この8分間はセリフも音楽も一切ナシ。

 聴こえてくるのはエンジン音とスリップ音だけで、とことん車だけに集中できる。そして、そのチェイスの終わり方も、これまたかっこよくて、いまだにカーチェイスといえばこのシーンになってしまうのだ。

 個人的には『ワイルドスピード』が束になってかかっても叶わない魅力が、ここにはあると思う。

次ページは : ■伝説は終わらない! 特別仕様車マスタング・ブリット登場!

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ