新型ノートにSUV風とNISMO登場!! いっぽう名門マーチがついに…???

新型ノートにSUV風とNISMO登場!! いっぽう名門マーチがついに…???

 コンパクトカーにしては高くね? などと言われることもある新型ノートだが、販売は好調だ。

 e-POWER専用モデルにしたことでライバル車との差別化に成功。

 またスッキリしたデザインと居住性のよさなどの基本性能の高さもあって、新しい日産の「顔」となりつつある。

 そんなノートに魅力的なニューバージョンが3つ登場する。気になる「マーチ1年後に生産終了?」の報とともにお届け!

※本稿は2021年6月のものに適宜修正を加えています。
文/遠藤 徹、ベストカー編集部 予想CG/ベストカー編集部 写真/NISSAN、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2021年7月10日号

【画像ギャラリー】発表されたばかりのノートオーラを中心に、ノート、クロス、NISMOをギャラリーで比較!


■ノートオーラは待望のプレミアムコンパクト

●日産 ノートオーラ(6月15日発表・9月発売開始)

 ノートオーラは、ノートをベースに内外装をカスタマイズして最上級プレミアムバージョンとして設定。

 ボディサイズは全長4045×全幅1735×1525mmで、ホイールベース、トレッド、室内寸法はノートと同じ。

ありそうでない、だからこそ待望のコンパクトサイズのプレミアムモデル。価格は261万~296万円付近となる。真の高級感を味わえそうだ
ありそうでない、だからこそ待望のコンパクトサイズのプレミアムモデル。価格は261万~296万円付近となる。真の高級感を味わえそうだ

 フロントはグリルの形を変え、ターンシグナルランプ、前後バンパーはボディパネルと同色。リアのコンビランプは横一線で左右を繋げたデザインを採用。

 ワイドフェンダーで全幅を40mm拡大し、3ナンバー化。タイヤはノートの16インチに対して17インチにアップ。アルミホイールも専用デザインとなる。

 室内は豪華な仕立て。本革シートはブラック&ホワイトの2タイプから選べ、標準タイプは合皮。ヘッドレストにBOSE製のスピーカーを装備している。

リアビュー。画像ギャラリーではノート、ノートオーラ、ノートクロス(仮称)、ノートNISMOの外観を比較できる構成としてみた。是非眺めてみてほしい
リアビュー。画像ギャラリーではノート、ノートオーラ、ノートクロス(仮称)、ノートNISMOの外観を比較できる構成としてみた。是非眺めてみてほしい

 パワーユニットはノートと同じ1.2L e-POWERだが、外部に音や振動が漏れるのを防ぐマウントを施し、静粛性を向上。

 グレードはG(合皮)、Gレザー(本革)の2タイプで、それぞれFFと4WDを設定する。

 価格は正式には明らかにされていないが(6月3日時点)、ノートの最上級グレード「X」のオプションフル装備で300万円程度に対し、50万円程度高い340万~350万円の設定になる見込み。

●ノートオーラ 主要諸元
・全長×全幅×全高:4045×1735×1525mm
・ホイールベース:2580mm
・車両重量:1260〜1370kg
・エンジン:直3、1.2LDOHC+モーター
・エンジン最高出力/最大トルク:82ps/10.5kgm
・モーター最高出力/最大トルク:136ps/30.6kgm
・駆動方式:FF/4WD
・登場時期:2021年秋
・価格:261万300~269万9400万円(FF)、286万8800〜295万7900円(4WD)

次ページは : ■9月デビュー? ノートクロス&ノートNISMOもスタンバイ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します