ハイブリッドなら国産車は世界一!? オーバー500万円国産車がドイツ車に勝っている点

ハイブリッドなら国産車は世界一!? オーバー500万円国産車がドイツ車に勝っている点

 かつて、BMWやメルセデスベンツ、アウディは、日本人にとって憧れのクルマだった。いまでもこれらのドイツ車に憧れる方は多いが、いまと昔とではちょっと事情が違う。

 その昔は、日本車とドイツ車の間には、クルマとしての性能に大きな差があった。ブランドステータスはもとより、ドイツ車のクルマとしての高い性能に、多くの日本人が憧れていた。一般ユーザーのみならず国内の自動車メーカー各社も、これらドイツ車の性能を目指して、クルマづくりをつづけてきた。

 その甲斐あってか、国産車の性能は飛躍的に向上した。「ドイツ車には勝てない」といわれた走りの性能も、(速度の上限や日常使用領域、道路事情が違うため性能は同じではないが)、高価格帯の国産車であれば、見劣りするものではなくなってきた。

 では、現在の国産車は、ドイツ車と比較して、どの点がまだ弱いのだろうか。また、ドイツ車に優っている点はあるのか!?

文/吉川賢一、写真/TOYOTA、NISSAN、BMW、MAZDA、LEXUS

【画像ギャラリー】憧れのドイツ車に追いつき追い越せで性能向上!! 今やドイツ車に負けず劣らずの国産高級車たち