ハイブリッドなら国産車は世界一!? オーバー500万円国産車がドイツ車に勝っている点

ハイブリッドなら国産車は世界一!? オーバー500万円国産車がドイツ車に勝っている点

 かつて、BMWやメルセデスベンツ、アウディは、日本人にとって憧れのクルマだった。いまでもこれらのドイツ車に憧れる方は多いが、いまと昔とではちょっと事情が違う。

 その昔は、日本車とドイツ車の間には、クルマとしての性能に大きな差があった。ブランドステータスはもとより、ドイツ車のクルマとしての高い性能に、多くの日本人が憧れていた。一般ユーザーのみならず国内の自動車メーカー各社も、これらドイツ車の性能を目指して、クルマづくりをつづけてきた。

 その甲斐あってか、国産車の性能は飛躍的に向上した。「ドイツ車には勝てない」といわれた走りの性能も、(速度の上限や日常使用領域、道路事情が違うため性能は同じではないが)、高価格帯の国産車であれば、見劣りするものではなくなってきた。

 では、現在の国産車は、ドイツ車と比較して、どの点がまだ弱いのだろうか。また、ドイツ車に優っている点はあるのか!?

文/吉川賢一、写真/TOYOTA、NISSAN、BMW、MAZDA、LEXUS

【画像ギャラリー】憧れのドイツ車に追いつき追い越せで性能向上!! 今やドイツ車に負けず劣らずの国産高級車たち


■先進技術は同等以上

現行V37スカイラインに搭載されているDAS(ダイレクト・アシスト・ステアリング)など、豪華装備を搭載する国産高級車も少なくない

 日本国内で販売されているドイツ車には、フルデジタルメーター、大型インフォメーションモニター、ARヘッドアップディスプレイ、電動PKB、先進運転支援などが装備されている。

 さらには電動サンルーフや調光イルミネーションといった贅沢機能、他にも電制ショックアブソーバーやエアサスペンション、後輪ステアなどの贅沢装備も満載されている。

 しかし、国産車でも、500万円超の高価格帯の国産車であれば、これらの贅沢装備は備わっている。

 例えば、V36スカイラインの時代に付いていた4WAS(後輪操舵を含むアクティブ・ステアリング)や、現行V37スカイラインに搭載されているDAS(ダイレクト・アシスト・ステアリング=ステアバイワイヤ技術のこと)などだ。

 世界に先駆けて開発した高度な技術を、400万円台のクルマで導入してきたことは、ドイツ車メーカーにとっては(そのシステムの出来に関しては小言もあったであろうが)脅威だったであろう。

 これらを考えると、ドイツ車と同価格帯の国産車の先進技術は、同等もしくはそれ以上、といえる。ちなみに、ドイツ車は全グレード贅沢装備が満載、というわけではなく、ドイツ現地では、贅沢装備をはぎ取った廉価グレードが用意されており、そうしたグレードがよく売れていたりもする。

■ハイブリッド技術は国産車が世界一

ハイブリッド技術は国産車の独壇場といっていい。THS II搭載のクラウンハイブリッドのような高効率、かつ環境性能も優秀なドイツ車は存在しない

 現状、ドイツ車が国産車に全く太刀打ちできていないのが、ハイブリッド技術だ(主にトヨタのことだが)。

 THS(トヨタハイブリッドシステム)は、遊星歯車を用いた動力分割機構を備え、発電用モーターと駆動用モーターのふたつを制御し、エンジンのエネルギーを、駆動や充電に振り分ける。

 リダクション機構付きとなったTHS IIでは、リダクションギヤのプラネタリーギヤを平行軸歯車に変更し、モーターを複軸配置する「新複軸構造トランスアクスル」を採用している。

 レスポンスが良く、ダイレクトな加速感が得られる点や、高速走行中でも、エンジン休止することで燃費向上も実現、変幻自在に多くの車種へと展開できる間口の広さ、大量生産によるコスト低減、壊れにくいという実績、皆が乗っているという信頼性、こうした点はTHS IIの大きな魅力だ。

 THS IIはまた、これといって不得意な面がないのも魅力だ。

 ダイナミックフォースエンジンの出力や燃費、音振、フィーリングなどに不満はなく(重箱の隅をつつけば、加速時のエンジンサウンドなど物足りない点もあるが)、指摘できるネガティブポイントはない。今後も細かな改良が続くと思われるが、THS IIは「ひとつの技術の完成形」と言ってよいのではないだろうか。

 このTHS IIが採用されている高額車、といえばレクサスIS300hやトヨタ・クラウンハイブリッドだ。2.5リッター直列4気筒ガソリンエンジンに、このTHS IIを組み合わせている。

ホンダ アコードに搭載されているe:HEV(2.0リッター直4ガソリンエンジン+電動機)も優秀だ

 滑らかで強い加速フィーリングに加え、WLTCモード燃費も20.0km/L(市街地17.2、郊外20.8、高速20.9)を達成。今後ますます重要視されていくCO2排出量は116g/km((WLTCモード値、JC08モードだと97g/km)と優秀で、しかもレギュラーガソリン仕様だ。

 これほど高効率、かつ環境性能も優秀なパワートレインは、ドイツ車には存在していない。ちなみにIS300hは1690kg(2WD)、クラウンハイブリッドは1730kg(2WD)だ。

 またホンダ・アコードに搭載されているe:HEV(2.0リッター直4ガソリンエンジン+電動機)も、WLTCモードで燃費22.8km/Lを達成する。しかも、FFのアコードe:HEVの車両重量は1560kgと軽量だ。

次ページは : ■ドイツ車は、マイルドハイブリッドで乗り切ろうとしている