発売当初よりも後から人気急上昇【ジワジワ人気車】 5選

 車が最も“旬”で注目を浴びるのは、多くの場合発売直後。ヒット車や実力のある車は、発売時から高く評価されているケースがほとんどだ。ところが、逆に発売当初はあまり評価されていなかったにも関わらず、後に再評価される車もある。

 新しいメカニズムで販売を大きく伸ばしたり、取り巻く環境の変化で車の価値が見直されるなど、後になって再評価された車は意外なほど多い。

文:松田秀士/写真:編集部


最後の小型FRハッチバックとして希少さ増すBMW 1シリーズ

BMW 118d
1シリーズ歴代最後のFR車となることが確定している現行型は2011年に発売。クリーンディーゼル車の1追加で魅力も高まり、直近では安価な未使用車が流通するなど、ここにきて脚光を浴びている

 BMW 1シリーズが日本に導入されたのは2004年から。当時はプレミアムコンパクトとして人気を呼んだ。

 1シリーズは、他社のCセグメントコンパクトがスペースユーティリティーを優先してFF(前輪駆動)を採用しているのに対してFR(後輪駆動)を採用している。その理由は前後重量配分を50:50にするためだ。

 この数値はエンジンが縦置きでないと達成できない。そのためにFRなのだ。BMWの掲げる“駆け抜ける歓び”という世界共通のキャッチに、コンパクトカーといえどもハンドリングを大切にしたモデル。FRを貫いていることで、ある意味このクラスの唯我独尊モデル。

 現行モデルは2代目で2011年にフルモデルチェンジ。2016年には直4、2Lのクリーンディーゼルを搭載する118dが導入されている。

 導入当初はVW ゴルフなど、他社のFFモデルと比較して室内も荷室も狭く評価が低かったのだが、マイナーチェンジやフルモデルチェンジ、さらには新規パワートレーンの導入などにより経済性を含めた車質が進化。

 コンパクトなFRハッチバックとして希少度がアップしたことに加えて、まもなくフルモデルチェンジによってついにFF化が噂されている。

 その証拠に中国では既に1シリーズのFFモデルが生産販売されている。筆者自身も昨年中国で試乗した。

 つまり、もうこの贅沢な造りの1シリーズはなくなってしまう、ということもあり再評価される今日この頃である。

e-POWERで登録車首位奪還したノート

日産ノート
現行型ノートは2012年発売。e-POWER投入前の2016年上半期はプリウス、アクア、フィットに及ばず登録車5位の販売台数だったが、投入直後の2017年上半期、2018年上半期と続いて登録車トップの販売台数を記録

 日産 ノートは、このクラスで抜群の販売数を記録したホンダ フィットを徹底的に研究して作られた車。ある意味あと出しじゃんけん。それゆえ走りも室内もとてもバランスのとれたモデルだ。

 だが、何故か当初は現在ほどは売れなかった。フィットを研究し尽くしたがゆえに、良く出来上がっていたのだが魅力がなかったのだ。と、筆者は分析する。

 このコンパクトクラスに於いても、なにかグッとくる「引き」がなくては売れない、ということを実証したモデルではないだろうか?

 しかし、e-POWERの搭載で「華」ができた。リーフの販売不振で余ったパワートレーン(電動部分)を流用し、エンジンを発電に使うという“変則EV”に化けたのだ。

 その走りはこれまでに誰も経験したことのないような快感。燃費が良いくせに、全くストレスを感じさせない力強い加速。

 もう一つ、eペダルというより強い回生によって減速を行うシステムを採用し、アクセルペダルのみで加減速、使い方によっては停止まで行う。

 ブレーキをそれほど必要とせず、逆に回生するので燃費も良くなり一石二鳥。ペダルの踏み違い危険度も低下する。

 ノートはe-POWERの搭載で大きな華を得て、抜群の売り上げを記録し続けている。

初期受注1000台からスタートした初代プリウス

1998年
「21世紀に間に合いました」というキャッチコピーで1998年に発売された初代プリウス。当初の受注台数は1000台と奮わなかったが、大ヒット車プリウスの礎を築いただけでなく、ハイブリッド車の普及に多大な貢献をし、後に再評価された1台だ

 初代プリウスが世に売り出されたのは1997年。世界初の量産ハイブリッド車だった。エンジンと電気モーターを駆動に使い、「回生」という聞きなれない用語が使われた。

 エンジンとモーターが同居するエンジンルームには、見たこともないような太い配線が目につき、未来の車という印象を与えた。

 このシステムで画期的だったのは、ブレーキで熱変換して放出していた減速エネルギーを電気に変えて蓄電する回生ブレーキ。

 また、アイドリングストップや走行中にもエンジンが停止し燃費を向上させた。エアコンは電動コンプレッサーを採用し、アイドリングストップ中でも夏場室内の温度が上昇することはなかった。

 今では当たり前のことだが、当時としては驚くことばかり。燃費そのものは同クラスのガソリンエンジン車と比較して、比べようがないくらいに優秀だった。

 ドアも鉄板が薄く、窓ガラスも薄かった。これらは全て軽量化のためで、それがもとで安っぽいなどといわれた。

 また、バッテリーの寿命に懐疑的な意見が多く、発売当初はそれほど売れなかったが、後期型では、その後登場する2代目のパワーユニットを先取りして搭載するなど、完成度がどんどん上昇。それとともに世間の評価も上がり販売台数を伸ばした。

 また、プリウス唯一の5ナンバーモデルで、今だ中古車市場でも人気がある。

 個人的な話ではあるが筆者の友人に初代プリウスの中古車ばかりを乗り継ぐ歯科医がいる。何度か同乗したが、10数万キロの走行距離でも平均燃費20km/L前後を記録していることには驚いた。ただし、バッテリーの寿命が尽きた瞬間に全く動かなくなるそうで、バッテリー交換に30万円以上かかる。

 しかし、もっと安い価格で中古車が出回っているので、廃車して程度の良いものを探すのだそうだ。そうやって探した中古車のバッテリーがどれくらい持つのかはわからないが、それでもやはり初代プリウスが魅力的と語る。

希少になった大パワーFRクーペ、フェアレディZ

フェアレディZ
2008年に発売された現行型フェアレディZ。スープラ、RX-8などが消滅したなか、大パワーFR車として値段を含めて希少な存在に。販売は低調だが、モデルチェンジから間もなく丸10年の節目を控え、中古車も100万円台からと安価だ

 何度となくモデルそのものがなくなってしまう、という噂が絶えないZ。筆者の若い頃からフェアレディZは憧れのクルマだった。

 ロングノーズ・ショートデッキ、絵に描いたようなスポーツカーの基本スタイルをそのまま実車にしたモデル。年の経過とともにライフスタイルが変化し、スポーツカーの販売は落ち込む。

 そんな中でも日産はここまでZを存続してくれている。この先はわからない。しかし、型落ちの中古車を含めれば、現在40万円程度でこの贅沢なFRスポーツカーが手に入ることが嬉しいではないか! 

 現行Zはリヤタイヤをドライバー側に近づけてショートホイールベース化(2550mm)。後輪駆動ゆえにリヤタイヤの動き、グリップを感じ取りやすくしている。ショートホイールベースだがトレッドを広くとり、安定性とコーナーでのアジリティーを突き詰めている。

 MTモデルではダウンシフト時に自動的にブリッピングしてくれるシンクロレブコントロールを採用。ヒール&トゥーが苦手なドライバーにこのシステムは良い先生となる。

 エンジンはV6、3.7Lの自然吸気、サスペンションはフロントにダブルウィッシュボーン式、リヤはマルチリンク式。走りの装備に手抜きはない。しかし、今、売れてないぞ(※編注:2017年5月販売台数は49台)!

 ビッグパワーのFR、明らかに希少モデルだ。

再評価されて復活した初代シエンタ

2010年に一度生産中止になりながら不死鳥のごとく2011年に生産が再開された初代シエンタ。背景には小型ミニバン、パッソセッテの不振で存在価値が見直され、文字通り再評価されたモデルといえよう
2010年に一度生産中止になりながら不死鳥のごとく2011年に生産が再開された初代シエンタ。小型ミニバン、パッソセッテの不振で存在価値が見直された背景があり、文字通り再評価されたモデルといえよう

 現行シエンタ(2代目)は、欧州テイストなエクステリアにハイブリッドモデルやスライドドアを装備し人気モデルだ。しかし、初代はなかなか興味深いヒストリーを持っている。

 初代シエンタのデビューは2003年。現行モデルと同じく3列シート7人乗り。もちろん高齢者にも優しいリヤ・スライドドアだ。

 さらにユニークなのが、前後で異なるプラットフォームを使っていたこと。ちょっと寄せ集めっぽいのだが、リヤのプラットフォームはカローラスパシオ用でクラス上位機種のものを採用。つまり、後席エリアの居住性を狙ったもの。

 ガソリンタンクを薄型化して2列目から3列目シート下にレイアウト。さらにリヤ用プラットフォームは、ダブルウイッシュボーン式のサスペンションだったので、トーションビーム式など左右が連結したサスペンションが一般的だったこのクラスとしては、乗り心地も安定性も高かった。

 そのような開発者の意図に反して時の経過とともに販売は低迷。2010年に販売終了となったのだ。

 しかし、市場では小さなミニバンを惜しむ声、そして高齢化社会での利便性などが見直されていて、わずか9か月後には製造販売が再開された。

 このあたりがトヨタというメーカーの気の利いたところ。一度生産終了したモデルを市場の要求に応えてリボーンさせるなど、他メーカーではなかなかできないことだ。懐が深い。

 再販売後も製品改良を続け、現行モデルに至っている。現行モデルも初代と同じく前後のプラットフォームを異なる機種から取り入れドッキングさせている。

最新号

ベストカー最新号

さらばゴーン! どこへ行く? 日産 大特集|ベストカー 1月10日号

 いよいよ2018年は師走も中盤。12月10日に発売の「ベストカー」は、2019年1月10日号となる。そんな最新号では、来年登場が期待されるスモールカーの革命児、4台のスクープはもちろん、自動車業界内外で大きな話題となっている日産を大特集!…

カタログ