「ロールス・ロイス」を搭載したエース戦闘機、P-51マスタング取材記【名車の起源に名機あり】

「ロールス・ロイス」を搭載したエース戦闘機、P-51マスタング取材記【名車の起源に名機あり】

 「ロールス・ロイス」といえば超高級車ブランドとして名高いが、航空機の世界では名機「マーリン」を開発製造したエンジンメーカーとしても知られている。今回は、その液冷V型12気筒エンジンを搭載したP-51マスタングの取材記をご紹介したい。

文/鈴木喜生 写真/藤森 篤、FavCars.com

【画像ギャラリー】「ロールス・ロイス」を搭載したエース戦闘機、P-51マスタング取材記【名車の起源に名機あり】


二段二速式過給器を搭載したV型12気筒

「ロールス・ロイス」を搭載したエース戦闘機、P-51マスタング取材記【名車の起源に名機あり】
パッカード・マーリンを搭載したP-51Dマスタング

 アメリカには300近い航空博物館があるといわれているが、ちょっと大げさに言えば「どこにでもある」のがマスタングである。生産機数が多かったこと、アメリカにおいてダントツに人気が高いことがその理由だろう。そしてその多くは、現在も飛行可能な状態を保っている。

 我々の取材チームがマスタングを空撮取材したのは2018年のこと。P-51Dマスタングのカウルを開けてもらうと、そのスマートなノーズ部分にはマーリンV-1650がぎっしりと収まっていた。マーリンは二段二速式過給器を搭載したV型12気筒エンジンであり、バルブ駆動はOHC。排気量は約27リッター、離陸時の出力は回転数3000rpmで1315馬力を誇る。

 この取材ではエンジンの換装を見ることもできたが、約1トンの重量があるマーリンを機体に載せる作業自体は小1時間ほどで完了してしまった。空冷星型ではこうはいかない。マスタングと液冷式V型エンジンの組み合わせにおいて、そのメンテナンス性が非常に高いことを改めて実感した。

たった120日で開発されたマスタング

「ロールス・ロイス」を搭載したエース戦闘機、P-51マスタング取材記【名車の起源に名機あり】
かつてテキサス・フライング・レジェンド博物館が保有したP-51Dマスタング

 なぜ米国の航空機メーカー「ノース・アメリカン社」によって開発されたマスタングP-51に、英国ロールス・ロイス社が開発した「マーリン」が搭載されているのか?

 マスタングは、そもそもイギリスが米国のノース・アメリカン社(以下、ノ社)に発注したことによって誕生した戦闘機である。1940年代初頭、英国はドイツと戦っていたが、自国のスピットファイアやハリケーンだけでは機体が足りず、そこで英国の兵器購入使節団は、カーチスP-40を米国から購入する計画を立てたのだ。

 カーチス社自体はP-40の生産に追われていたため、英国はその機体のライセンス生産を請け負っていたノ社に製造を打診。するとノ社からは意外な答えが返ってきた。

「P-40ではなく、我が社が新規開発する戦闘機を買わないか?」

 ノ社いわく、それはP-40より高性能であり、P-40の生産準備と同じ期間内に設計開発できるというのだ。ちなみにこのときノ社は、T-6テキサン練習機とB-25爆撃機を開発製造していたが、戦闘機設計に関する経験はなかった。

 英国は迷ったが、時間がない。交渉の結果、ノ社の提案を受け入れ、新戦闘機の開発・量産の契約を交わした。驚くべきは、この新型戦闘機の開発から原型機の完成までを、ノ社はたった120日間で完了させたことだ。主任技師はエドガー・シュミード。彼とノ社の経営陣は、この日のためにさまざまな準備を進めていたのである。

次ページは : アリソンからマーリンへの換装