日本で使うのにちょうどいい!! 今も昔も大人気「リッターカー」偉大な名車列伝

絶滅危惧の危機に瀕してはいるけれど……やっぱり偉大なリッターカー

 排気量がおよそ1000ccのエンジンを搭載した小型乗用車として、1980年代に人気を博した“リッターカー”。しかし、それも今となっては昔のこと、軽自動車の台頭でリッターカーという言葉が死語と化してしまった感があるのは否めない……。しかし、軽自動車以上、普通乗用車未満の使い勝手&取り回しの良さや日本の道路事情にちょうどいいサイズ感はやっぱり魅力! ここでは、今一度リッターカーの魅力を再考する。

文/FK 写真/トヨタ自動車、ダイハツ、スバル、FavCars.com

【画像ギャラリー】日本で使うのにちょうどいい!! 今も昔も大人気「リッターカー」偉大な名車列伝


リッターカーの火は消えず! 人気は今なお健在

 現在、新車で買えるリッターカーは極めて少ないのが実情だ。国産車ではスズキのクロスビー、スバルのジャスティ、ダイハツのトール、ブーン、ロッキー、トヨタのパッソ、ヤリス、ライズ、ルーミーの9車種と両手で数えられるほど。輸入車をプラスしても、排気量約900ccのエンジンを搭載するフィアット・500ツインエアとルノー・トゥインゴが加わる程度。とはいえ、車種こそ少ないもののハッチバック、ハイトワゴン、SUVとカテゴリーはバラエティに富み、選択肢がそろっていることも事実。

絶滅危惧の危機に瀕してはいるけれど……やっぱり偉大なリッターカー
ダイハツのロッキーはトヨタのライズの兄弟車。リッターカーのSUVは貴重な存在といえる。ダイハツにとっては、コンパクトSUVセグメントへの再挑戦というかたちになる
絶滅危惧の危機に瀕してはいるけれど……やっぱり偉大なリッターカー
オートハイビーム、衝突回避支援システム、コーナーセンサーなどの安全装備も標準装備されるなど、コスパの高さ抜群のパッソも奮闘中

 また、2019年11月に発売されたトヨタのライズが発売から1カ月で約3万2000台を受注し、月販目標(4100台)の約8倍という大ヒットを記録したことは記憶に新しいところ。最新安全技術の採用もさることながら、広い荷室や室内空間と多彩なユーティリティ収納スペースを確保しつつも全長4m以下の5ナンバーサイズというコンパクトさが好調なセールスにつながっている。

 発売から1年半以上が経過しているライズだが、一般社団法人 日本自動車販売協会連合会が公開している2021年1~6月の月別統計データ(乗用車ブランド通称名別順位)では6位(4万7965台)にランクしており、高い人気を維持している。

絶滅危惧の危機に瀕してはいるけれど……やっぱり偉大なリッターカー
絶好調のライズ。ロッキーとともに、コンパクトSUVセグメントを席巻中だ

 ちなみに、同データではヤリスが11万9112台で1位、ルーミーが7万7492台で2位にランクイン。ヤリスに関しては1.5リッターモデルやヤリスクロスを含めた数値ではあるが、今なおリッターカーの高い人気がうかがえる結果であることは間違いない。

ダイハツ シャレード デ・トマソ ターボ(1984年1月発売)

絶滅危惧の危機に瀕してはいるけれど……やっぱり偉大なリッターカー
デ・トマソの名を配した国産車ということで、イタ車好きからも注目された。おとなしい見た目からは想像できないパンチのある走りをみせた

 今や世界的なスタンダードになりつつある直列3気筒エンジンをデビュー当時から搭載していた“リッターカーの元祖”がダイハツのシャレード。1977年に世界初の4サイクル直列3気筒1000ccのCB-10型エンジンを採用して以来、常にシーンをリードしてきたダイハツが1984年1月に発売したシャレード デ・トマソ ターボは、スーパーカー世代にはパンテーラでおなじみのイタリアのデ・トマソ社とのコラボレーションで誕生した1台。

 最高出力80ps&最大トルク12.0kgmを発生するターボエンジンと車両重量690kgという超軽量な車体との組み合わせが実現した軽快な走りに加え、“ミラノの、匂いだ”という謳い文句に相応しいMOMO社製ステアリング、カンパニョーロ製マグネシウムホイール、専用バケットシートを標準装備するスポーツテイスト満載のスペックはクルマ好きの心を掴んだ。

次ページは : スバル ジャスティ 3DOOR 4WD RS(1984年2月発売)

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ