超高回転NAの刺激はどこに?? タイプRがターボ化で失ったモノと掴んだモノ

超高回転NAの刺激はどこに?? タイプRがターボ化で失ったモノと掴んだモノ

 2021年8月、11代目となるホンダシビックが発表になった。それと同時にホットモデルであるタイプRも2022年に発売するとの発表もあった。

 華麗なるタイプRの歴史を振り返ると、VTECを採用した超高回転NAエンジンと共にその伝説とも言える歴史を紡いできた。

 しかし現状のタイプRはターボ化され300psを超える出力こそ得たが、かつての軽快なスポーツ性が失われたという意見もある。いったいタイプRはどこに向かっているのだろうか。

文/岡本幸一郎、写真/HONDA

【画像ギャラリー】NSXやインテグラも!! ホンダが作り上げたタイプRの歴史を振り返る!!


■鈴鹿でFF最速を記録した5代目シビックタイプR

鈴鹿サーキットでFF車最速タイムを叩き出した5代目シビックタイプR。足回りはチューンされてはいたが、エンジンには手が加えられず、通常のタイプRと同じK20Cが搭載されていた

 ベース車のモデルチェンジを控え、5代目シビックタイプRは7月末日をもって販売終了となったが、8月5日の11代目シビックが日本で発表された際に、新型シビックタイプRが2022年に発売予定であることを明らかにしている。

 1年あまり前の2020年7月には、シビック タイプRの Limited Editionが鈴鹿サーキットでFF量産車の世界最速となる2分23秒993のラップタイムを記録したことが報じられた。

 その走りを支えた技術として、専用の20インチのBBS製鍛造アルミホイールとミシュラン製ハイグリップタイヤの装着、バネ下重量の軽量化、アダプティブ・ダンパー・システムとEPSの専用セッティングなどが挙げられる。

 ただし、エンジンには手が加えられていない。件の車両に搭載されていたのも、通常のシビック タイプRと同じK20Cだ。

■驚きの高性能で登場したターボ版タイプR

シビック タイプRとしては4代目となるFK2からターボエンジンが搭載された。高回転型のNAエンジンのイメージが強いタイプRとしては大胆な変更だった

 高回転型の自然吸気エンジンのイメージが強いタイプRにターボエンジンが搭載されたのは、シビック タイプRとしては4代目となる先代のFK2型から。最新のエアロダイナミクスを取り入れて一気に過激になった外観も、いかにパフォーマンスを追求しかを体現していた。

 4代目で310ps、5代目では320psを発生するK20Cは、下から上まで驚くほどレスポンシブかつパワフルで、まるで全域がパワーバンドのようなフィーリングに仕上がっていることに感銘を受けたものだ。

 しかも、なにか特別な技術が盛り込まれているものと思いきや、過給圧を緻密にコントロールできる電動アクチュエーターを採用するぐらいで、よくあるツインスクロールターボ等は用いていないことにも驚いた。

 さらに5代目では、エンジン制御の改良や6速MTのローレシオ化、軽量なシングルマス・フライホイールなどの採用により、感覚としては10psアップではすまいほどパワフルになった。

次ページは : ■自然吸気のスムーズな吹け上がりとサウンドも魅力

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ