スイフトスポーツのライバルともいえるマーチNISMOの弱点とは?

なぜマーチNISMOはスイフトスポーツに勝てないのか

 ホットハッチという言葉で真っ先に浮かぶのがスズキのスイフトスポーツ。軽快なターボエンジン、優れたハンドリングとコストパフォーマンスなどライバルから抜きんでた存在である。

 そんなスイフトスポーツとほぼ同価格帯のライバルが日産マーチNISMOだ。そこでこの2台の魅力を分析してもらった。

文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】国産ホットハッチ対決!! スズキ スイフトスポーツと日産 マーチNISMOの魅力に迫る


■コンパクトスポーツの代表スイフトスポーツ

スズキ スイフトスポーツ。その名のとおりスイフトをベースに開発されたコンパクトスポーツだ

 コンパクトカーをベースに開発されたスポーツモデルは、クルマ好きのユーザーから常に高い支持を得ている。全長を4m以下に抑えたボディは、街中から峠道まで運転しやすく、自分の手足のように操れる。ボディは5ドアハッチバックだから、実用性も相応に確保され、3~4名でも快適に乗車できる。

 価格は割安で、エアロパーツを装着したりエンジンや足まわりに独自のチューニングを施しながら、180~200万円前後に収まる。無理をしないで購入できるスポーツモデルというカジュアルな感覚も心地よい。

 このようなコンパクトスポーツの代表がスイフトスポーツだ。文字通りコンパクトカーのスイフトをベースに開発され、エンジンは直列4気筒1.4Lターボを搭載する。

 サスペンションにはモンロー製のフロントストラットやリヤショックアブソーバーを使い、操舵感や走行安定性も向上させた。エアロパーツや17インチアルミホイールも標準装着している。

 これらのパーツを備えて、スイフトスポーツの価格は201万7400円(6速MT)だ。ノーマルタイプの1.2Lエンジンを搭載するスポーティグレードのスイフトRS(5速MT)は178万2000円だから、約23万円の上乗せで、エンジン、トランスミッション、足まわりなどが強化されて内外装の装備も充実する。

 性能や装備と価格のバランスを考えると、スイフトスポーツには買い得な印象があって人気を高めた。2021年1~5月には、1か月平均で約1000台が登録されている。この台数はスイフト全体の約43%だから、スイフトスポーツは最多販売グレードでもあるわけだ。

■スイフトスポーツのライバル車マーチNISMO

日産 マーチNISMO。オーテックジャパンが手掛けたマーチのチューニングモデルだ

 一方、スイフトスポーツのライバル車としては、マーチNISMOが挙げられる。オーテックジャパンが手掛けたマーチのチューニングモデルと考えれば良い。

 マーチNISMO・Sでは、専用にセッティングされた直列4気筒1.5Lエンジンと5速MTが搭載され、ブレーキやサスペンションにもチューニングを施した。

 ボディの下まわりが補強され、ボディ剛性も高めている。エアロパーツ、16インチアルミホイール、NISMO専用スポーツシートなども備わり、車両全体に手を加えた。

 マーチNISMO・Sの価格は187万6600円で、直列3気筒1.2Lノーマルエンジンを搭載するマーチGとの価格差は約20万円だ。機能や装備の違いを考えると、マーチNISMO・Sの価格も、スイフトスポーツに劣らず買い得といえるだろう。

 それなのにマーチNISMO・Sの売れ行きは低調だ。2021年1~5月の1か月平均登録台数は、マーチ全体でも850台だから、スイフトスポーツよりも少ない。

 マーチNISMO・Sの売れ行きを販売店に尋ねると、以下のように返答された。

 「今の日産では、コンパクトな車種の売れ筋は、ノートと軽自動車のデイズ、ルークスになる。マーチの売れ行きは下がった。マーチNISMOはさらに少ない。納期も2021年6月下旬に契約をいただいて、9月下旬から10月上旬になる。生産台数が限られるから納期も長めだ」。

次ページは : ■ベース車の人気がスポーツモデルの売れ行きを左右

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ