名車あり珍車あり 令和の記憶と歴史に残したい「最驚」の軽カー5選

名車あり珍車あり 令和の記憶と歴史に残したい「最驚」の軽カー5選

 1949年に日本独自の車両規格として制定されて以来、発展を遂げてきた軽自動車は国民の“生活の足”として活躍する大衆車の代表格。しかし、時としてその領域を逸脱した趣味性の高いモデルが存在していたこともまた事実。ここでは“クレイジー”という視点で厳選した最驚の軽カー5台を紹介しよう。

文/FK、写真/スバル、スズキ、ダイハツ、本田技研工業、マツダ

【画像ギャラリー】名車あり珍車あり 令和の記憶と歴史に残したい「最驚」の軽カー5選


みんな大好き! 軽自動車は新車・中古車とも販売台数は回復傾向

名車か珍車か!? 歴史に残したい!  “最狂”の軽カー5選
2021年5月末にホンダ史上最速の国内累計販売台数200万台突破記録を達成した、ただ今絶好調のN-BOX

 一般社団法人 全国軽自動車協会連合会の発表によれば新車が94万2708台(前年比116.7%)、中古車が164万3910台(前年比103.7%)を記録した2021年上半期の軽自動車販売台数。コロナ禍前の2019年上半期実績(新車10万18072台、中古車16万63650台)には達していないものの、その数は確実に回復傾向にある。

 そして、2021年上半期の新車販売台数ベスト5を見てみると1位ホンダ・N-BOX、2位スズキ・スペーシア、3位ダイハツ・タント、4位ダイハツ・ムーヴ、5位日産・ルークスといわゆるハイト系ワゴンが大半を占める。

 一方、減少傾向にあるのがスポーツタイプの軽自動車。今年3月にはホンダが2022年3月をもってS660の生産を終了すると発表。今や軽スポーツと呼べるのはスズキのアルトワークス、ダイハツのコペン、ホンダのN-ONE RSくらいしか思い浮かばないのが実情だ。

 日常の使い勝手が優先されて久しい軽自動車だが、しかし……ひと昔の軽といえば「こんなの売ってたの?」と思わずにはいられない個性派モデルのオンパレード! 懐古趣味を良しとするわけではないが、クルマにはやっぱり突出した個性も必要じゃない?

名車か珍車か!? 歴史に残したい!  “最狂”の軽カー5選
スペーシアも、2013年3月の発売開始から8年2カ月で国内累計販売台数100万台突破と絶好調。スズキの主力車種として君臨
名車か珍車か!? 歴史に残したい!  “最狂”の軽カー5選
ビート以来の軽規格の2シーターオープンスポーツカーとして注目を浴びたS660だったが、2022年3月に生産終了という悲報が!

ターボモデルのパワーウエイトレシオNo.1 スズキ・アルトワークス(1987年2月発売)

名車か珍車か!? 歴史に残したい!  “最狂”の軽カー5選
パワーウォーズが激化した80年代後半、軽自動車にもパワーを求めるユーザーが続出。彼らの欲求を満たしたのがアルトワークスだった

 1980年代中頃にスズキ、ダイハツ、三菱自動車の3社で繰り広げられた軽自動車のパワーウォーズ。そんな状況のなかで登場した初代アルトワークスは、走りに重きを置く男性ユーザーの獲得を目指したシリーズの最高峰モデル。

 その走りは、日本の軽自動車で初めて64 psに到達した直列3気筒550cc EPI DOHC 12バルブインタークーラーターボエンジンとビスカスカップリング方式のフルタイム4WDシステムの採用で実に軽快だった。車両重量も610kgという驚異的な軽さを誇り、パワーウエイトレシオは9.531kg/ psとNo.1を誇る。

 この数値は、現行の普通乗用車でいえばトヨタのRAV4 Adventureとほぼ同じ。そう聞くと「ビミョ~」という声も聞こえてきそうだが、先述した現行の軽スポーツであるアルトワークス(2WD 5MT)が10.469kg/ ps、コペン(5MT)が13.281kg/ps、N-ONE RS(6MT)が13.125kg/ psであることを考えると、軽さを大きな武器にして抜群の運動性能を誇った初代アルトワークスのパワーウエイトレシオがいかに突出しているかが理解できる。

次ページは : 自然吸気モデルのパワーウエイトレシオNo.1 ダイハツ・ミラ V(2002年12月発売)

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ