まったく新しい電子制御操舵システム「UDアクティブステアリング」を搭載した「クオン」を試す!

まったく新しい電子制御操舵システム「UDアクティブステアリング」を搭載した「クオン」を試す!

 トラックドライバーの運転環境を改善することを目的に、UDトラックスがこのほど大型トラック「クオン」に搭載したのが最新の電子制御操舵システム「UDアクティブステアリング」だ。

 同システムは、ボルボトラックが2013年に発表し、現在日本向けを含むFHなどの大型車に展開している「ボルボダイナミックステアリング」のUD版である。

 TVやYouTube等で、ジャン=クロード・ヴァンダムが走行中の2台のトラックのミラーステーに足をかけ次第に股割をしていく動画や、女性が走行中の2台のトラックの間で綱渡りをする動画などをご覧になった方も多いと思う。

 実は、あれはボルボトラックのプロモーションビデオで、ボルボダイナミックステアリングの「ブレない」操舵を訴求した動画なのである。

 その最新の電子制御操舵システムがUDトラックスのクオンに搭載されたわけで、これはぜひ試したい! 早速UDアクティブステアリングを搭載したクオンに試乗した。

文・写真/トラックマガジン「フルロード」編集部

【画像ギャラリー】電子制御操舵で「ブレないUD」を実現した「UDアクティブステアリング」搭載のクオンに試乗!!


■トラックのステアリングに大変革をもたらす「UDAS」とは?

今のところ「UDアクティブステアリング」は、8×4のCGおよびトラクタのGKにオプション設定されている

 クオンの一部車種にオプション設定された「UDアクティブステアリング」(以下UDAS)は、従来の油圧式ステアリングギアの上部に新たに搭載した電気モーターによる支援機能で、電気モーターに付随する電子制御ユニット(ECU)が、1秒間に約2000回の頻度でさまざまなセンサーから運転環境を感知。

 走行方向とドライバーの意図を判断し、あらゆる走行条件下において、ドライバーの運転操作をアクティブにサポートするもの。

 後退・右左折・旋回などの低速走行時には取り回しが軽く、速度が上がるにつれてステアリングの安定感が増していくのが特徴だ。また積み荷や路面状況、横風などにも左右されない安定したステアリングを実現し、ドライバーの疲労軽減と安全に寄与するものだ。

従来の油圧パワーステアリングギア上部に新たに搭載した電気モーターがステアリングを支援。電気モーターに搭載した電子制御ユニット(ECU)が1秒間に約2000回の頻度でさまざまなセンサーから運転環境を感知し、走行方向とドライバーの意図を判断。このシステム制御によってステアリングの重さに適切なトルクを付加するので、速度や積み荷、路面状況などに左右されない安定したステアリング感覚を実現する。ちなみに「UDアクティブステアリング」は、すでにボルボトラックが採用している「ボルボダイナミックステアリング」を日本の使用環境に合わせてチューニングしたもの

 UDASの主な特徴は、

1)低速走行時の軽いステアリング=重量物輸送時でも軽い力で操舵でき、疲労を大きく軽減。

2)高速走行時の直進安定性=スピードに応じて、ステアリングを適度な重さになるよう制御することで、直進走行時にドライバーの緊張感を軽減。

3)不整路走行時の路面状況の影響軽減=路面の凹凸から受ける影響を自動補正し、振動や意図しないステアリングの動きを軽減。

4)横風発生時の走行補正=横風の影響によるタイヤの微細な動きを素早く感知し、自動補正で直進走行をサポート。

5)後退・右左折時の自然なハンドル戻り=後退時や交差点の旋回時にステアリングは自動でニュートラル位置に戻る。

 ……など5つの項目があげられる。

路面の凸凹を自動補正し、振動や意図しないステアリングの動きを軽減する
高速走行時、適度な重さになるようステアリングを制御することにより、直進時の緊張感を軽減する
後退時に自然なハンドル戻りを実現する。特にトレーラでのバックの際に重宝する機能だ

■なにしろ取り回しが非常に楽。UDASの効果を実感!

クオンの運転席周り。ホールド性の良いシート形状は、UDASと相まってドライバーの疲労軽減に貢献しそうだ

 UDASの発表会が行なわれた埼玉県上尾市のUDトラックス本社工場の「UDエクスペリエンスセンター」でクオンに試乗する機会を得た。

 敷地内にはスラローム、凹凸路、車庫入れのコースが設けられ、UDASがもたらす低速走行時の軽いステアリング操作、凹凸路面から受けるステアリングのキックバックの抑制、旋回時のステアリングの自然な戻りといった特徴を体験できるようになっている。

 試乗車に供されたのは長距離輸送で一般的な低床4軸(CG)のカーゴモデル。新しいクオンはシートも刷新され、黒を基調とした表皮に変更。なおかつ運転席側はベルトインシートを採用する。

 運転席に乗り込むと、バケットシートのようなラウンド型のシート形状とシートベルトが座席に内蔵されたことでホールド性が向上したように感じる。柔らかすぎず硬すぎずといったシートサスペンションも好印象だ。

 肝心のUDASの印象だが、従来のUD車はステアリングの取り回しが若干重めの印象だったが、UDAS搭載車では低速で操舵を行なうと明らかに軽くなったと感じる。発表会では指一本でハンドル操作を行なうデモンストレーションが披露されたほどだ。

 低速で大きく旋回しながらスラロームを走行してみると、その取り回しの良さがよくわかる。従来の大型トラックの感覚に慣れていると、逆に今までこうした運転の際にはけっこうな労力を使っていたのだと気づかされる。

 次に凹凸路を走行してみると、キャブは上下左右に揺さぶられるが、ステアリングはほとんど動かない不思議な感覚がもたらされる。

ゴム板を並べてつくった凸凹路でUDASの効果を試す
キャブが上下左右に揺れても、ステアリングはほとんどブレず、車両はまっすぐに進む

 UDASはステアリングアングルセンサー、車速センサーや、ヨーレートセンサーなどを用い、車両の状況を把握して油圧パワーステアリングギアボックス上部に搭載されたモーター、ECUで自動補正制御が行なわれる。わだちや横風発生時でもこうしたステアリング自動補正技術の効果が生かされる。

 最後に車庫入れで旋回時のステアリングの戻りを試してみた。乗用車ではステアリングを切って手を離すとタイヤからもたらされる復元力によって自然とステアリングはニュートラル位置に戻ると思うが、トラックは復元力が起きにくい構造になっている。

 このため従来のトラックは運転手がハンドルを戻す必要があったが、UDASでは復元力がモーターで再現されているのだ。

 車庫入れでは車庫に対し直角に車両を停め、ステアリングを目一杯切って後退。その途中で手を離すとステアリングがスルスルとニュートラル方向へ回り始める。最後はおつりが出て(回りすぎて)手動でハンドルを戻したものの、乗用車感覚で車庫入れができるのは非常に新鮮な感じだ。

車庫入れを模した試乗の1コマ。バックの途中で手を離すと……
ステアリングがスルスルとニュートラル方向に回り始める

 個人的にはもう少し戻りの速度が早くてもいいように感じたが、そこは慣れの部分も大きいだろう。

 ちなみに、UDASはボルボトラックスのボルボダイナミックステアリング(VDS)とステアリングユニットそのものは共用だが、クオンは日本の道路事情に合わせてチューニングされているという。

 ステアリングの戻りはVDSより遅く、ステアリングの重さも低速時には軽すぎず、高速時には重すぎずといった設定になっているとのこと。

次ページは : ■疲労軽減効果を実証。ユーザー/ドライバーからの期待の声