意外と安い新型カローラクロス 全価格判明&受注開始は延期に

安いぞ200万円切りってマジか!! 新型カローラクロス全価格判明&受注開始は延期に

 2021年9月14日に正式発表予定のカローラクロス。発売前から、今期一番の盛り上がりを見せているトヨタの新型コンパクトSUVだ。

 今回、気になるカローラクロスの価格が筆者の取材により判明した。グレード構成の詳細情報とともに、筆者の取材から得られた、最新情報をお伝えしていく。

文/佐々木亘、写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】発売期待大のトヨタ新型カローラクロス(北米仕様)の内外装をチェック!! 写真33枚


価格は199万9000円から! 意外と安い新型カローラクロス

9月14日に発表される新型カローラクロス。1.8Lガソリン車と1.8Lハイブリッド車が用意され、価格は199万9000円からとなる(全長4490×全幅1825×全高1620mm)

 カローラクロスのパワートレインは、1.8Lガソリンと1.8Lハイブリッドの2種類だ。ガソリンには2WDのみが設定され、グレードは上級から「Z」・「S」・「G」・「G‘X」の4種類となる。

 ハイブリッドは2WDとE-four(後輪をモーターで駆動する4WD)の2種類の駆動方式を採用し、上級グレードから「Z」・「S」・「G」の3種類だ。

 各グレード別の、車両本体価格は以下の通り。

●ハイブリッド

・Z(2WD):299万円/(E-four):319万9000円
・S(2WD):275万円/(E-four):295万9000円
・G(2WD):259万円/(E-four):279万9000円

●ガソリン

・Z:264万円
・S:240万円
・G:224万円
・G’X:199万9000円

 カローラクロスの価格レンジは199万9000円~319万9000円となった。ライバル車を見てみると、C-HRが238万2000円~314万5000円、ホンダ ヴェゼルが227万9200円~329万8900円となっている。

 車格では、ライバルよりも上をいくカローラクロス。しかし、価格は1クラス下のSUVと、ほとんど同等で、安さが際立つ。近年発表されてきた、新型SUVの中では、最もコストパフォーマンスの高いモデルのひとつであることは、間違いないだろう。

 しかし、予定の後ろ倒しが続いている。カローラクロスは、当初8月18日に価格発表、8月21日から予約受注の受付開始であったが、実際は8月21日に価格発表、予約受注の受付開始日は、まだ不透明な状況だ。8月30日には生産ラインを稼働させる予定だったが、こちらも延期が見込まれる。

グレード別装備は「G」でも充分か

公開されている新型カローラクロスのインパネ。ステアリングは本革巻の3本スポークタイプで、マルチインフォメーションディスプレイは7インチへ大型化

 ベースとなる「G」グレードでも、CセグメントSUVに相応しく、標準装備は必要充分なものが揃っている。

 タイヤホイールには、215/60R17サイズのタイヤにスチールホイールを装着、樹脂製のホイールキャップを付ける。ドライブモードセレクト、電動パーキングブレーキを標準装備。

 ステアリングホイールは本革巻の3本スポークタイプを採用する、もちろんチルト&テレスコピック付きだ。メーターには、4.2インチのマルチインフォメーションディスプレイを装備する。

 内装では、ファブリック表皮を使用したスポーティシートを装着。リアシートはリクライニング機能が付いていて、6:4分割で倒すことができる。

 安全装備には第2世代型のトヨタセーフティセンスを装着。また、インテリジェントクリアランスソナー、バックガイドモニターも標準装備だ。ヘッドランプにはBi-Beam LEDヘッドランプを装備した。

 中間グレードの「S」では、タイヤホイールに215/60R17タイヤに専用アルミホイールが備わる。大型ルーフレールも加わり、エクステリアデザインはSUVらしさを増した。

 マルチインフォメーションディスプレイは、7インチへ大型化され、ドアトリムにはソフト素材を使用、後席にはドリンクホルダー付きのセンターアームレストを装備する。オートエアコンはデュアル式に変更され、リアクーラーダクトを新たに装備、充電用USBソケットをリアにも装備する充実ぶりだ。

リアシートにはリクライニング機能を備えた6:4分割式。最上級グレードはコンビレザーシートとなる

 最上級の「Z」では、タイヤサイズを225/50R18サイズに変更、専用アルミホイールも装着される。バックドアにはイージークローザーに加え、キックセンサー付きのハンズフリーパワーバックドアを装備した。(パワーバックドアはSでオプション設定)

 シート表皮はコンビレザーシート(合皮シートに一部本革を使用)となり、運転席はパワーシートに変更される。また、シートヒーターが備わるのも魅力的だ。

 また、LEDヘッドランプとLEDシーケンシャルターンシグナルランプ、フロントフォグランプ+デイライトが標準装備されるのは「Z」グレードのみとなる。(フロントフォグランプはS以下のグレードでオプション設定)

 ガソリンモデルだけに設定される「G’X」では、ステアリングがウレタン素材に変わり、インテリジェントクリアランスソナーとバックガイドモニターが装着されない。また、スピーカーも2つに減る仕様だ。

次ページは : メーカーオプションは割り切った感じ