どこが凄い? 何がいい?? 空前の大人気 新型ランクル300 圧倒的実力と世界のライバル

どこが凄い? 何がいい?? 空前の大人気 新型ランクル300 圧倒的実力と世界のライバル

 2021年8月2日に発売開始となったトヨタの「ランドクルーザー(以下、ランクル)」。先代の200系ランクルと同様、販売は絶好調となっており、相当数のバックオーダーがあるそうだ。

 新型である300系ランクルは、先代に対して様々な部分に手を入れられており、訴求ポイントがたくさんある。ここで改めて、新型ランクルの紹介と実力分析をしつつ、ライバルとなるモデルとの比較もしていこう。

文:吉川賢一
写真:TOYOTA、LAND ROVER、FCA

【画像ギャラリー】これぞ本格オフローダー!! 全49枚の写真でみる、新型ランドクルーザーのすべて


200kgもの軽量化に成功した、新型ランクル

 「どこへでも行き、生きて帰って来られる」をコンセプトとするランクルは、ヘビーデューティな使い方に耐えることができる本格オフローダーだ。今回の新型では、高い剛性を誇る伝統のフレーム構造は踏襲しつつ、TNGAに基づくGA-Fプラットフォームを採用し、新開発のパワートレインを搭載。また、新世代に相応しい最新の運転支援技術も備え、全方位でブラッシュアップされた。

新型ランクルのボディサイズは、4950×1980×1925(全長×全幅×全高)mm、ホイールベースは2850mm
アプローチアングルやデパーチャーアングルは先代200系の数値を踏襲し、これまで通りのオフロード性能とした

 新開発のGA-Fプラットフォームでは、高張力鋼板の採用を拡大し、ボンネット、ルーフ、前ドアパネルはアルミ化。さらに、最新の溶接技術を活用したことで、剛性向上(従来比+20%)しながらも、200kgの軽量化を達成した。またパワートレインのレイアウトを見直し、車両後方に70mm、下方に20mm移動し、低重心化とフロント荷重の適正化に成功したという。

 クルマの基本設計が古く、また先代は重量級ボディ(2500kg超)であったので、軽量化のし甲斐はあっただろうが、それにしても200kgの軽量化はハンパない仕事っぷりであり、燃費性能や運動性能は大きく改善できているであろう。

 この軽量で強靭なボディがあるからこそ、悪路走破性向上のために開発した、新しいフロント・ハイマウントダブルウィッシュボーンサスや、リア・トレーリング車軸式、それぞれに施したホイールアーティキュレーション(タイヤの浮きづらさ)などの改良が活きてくる。

伝統のラダーフレーム構造は踏襲、高張力鋼板の採用拡大、ボンネット、ルーフ、前ドアパネルをアルミ化し、最新の溶接技術を活用したことで、剛性向上(従来比+20%)かつ200kgにも及ぶ軽量化を達成
電子制御でスタビライザー効果を変化させるE-KDSS。市街地での走行安定性とオフロードの走破性を高次元で両立させる。また、ばね定数やAVSも最適化されている

一気に2世代ほど進化したインテリア

 先代のランクルは、手を付けやすいエクステリアは何度かマイナーチェンジで手直しされてきたが、電装系が多く関わるインテリアを大きく変えることは難しく、ライバル車が続々と最新鋭のデジタル意匠となっていくなか、ランクルは取り残されていた。新型では、その「借り」を返すかのように、インテリアが一気に2世代ほど進化した。

 センターコンソール最上段にレイアウトされた12.3インチのワイドタッチディスプレイ(GXを除く全車にオプション)には、ナビやオーディオはもちろん、前輪が進んでいく先の足元の映像を、高精細に映し出すことできる。傾斜計、デフロックのオンオフ状況、アクセルとブレーキワークなども表示でき、車両状態を把握するのに役立つ。

 これらは既に他社車での採用事例がある既知のテクノロジーのため、驚きは少なかったが、オフロード走行が得意なランクルには実に適したアイテムだ。

 ただ、「最先端のデジタルインテリア」という方向では、メルセデスやBMW、ポルシェなど、ライバルメーカーの大型SUVの方が優れている。しかしながら、派手さはないながらも、清潔感と実用性の高さを感じるのは、新型ランクルの方だといえる。

新型300系ランクルのインテリア。新型では、スイッチなどのレイアウトが整理整頓された印象
先代200系ランクルのインテリア
高精細な12.3インチのワイドタッチディスプレイ。オフロード機能として、直前に撮影したカメラ画像を合成し、接地場所とタイヤの向きを表示するモードも
盗難対策として新たに導入した、トヨタ初となる指紋認証スタートスイッチ。登録済みの指紋情報と一致しなければ、エンジンが始動しない

次ページは : パワートレインは想定内の進化、ハイブリッドに期待!!

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ