伝説の名車 いまも絶大な人気を誇る初代MR2の魅力と功績

伝説の名車 いまも絶大な人気を誇る初代MR2の魅力と功績

 先日閉幕した東京オリンピックから、さかのぼること7大会。ロサンゼルスオリンピックが開催された1984年は、カローラやサニーといった小型セダンが全盛の時代だった。しかし、マークIIやクラウン、セドリック/グロリアといったアッパーミドルクラスに憧れをもつ人も多くなっていた。いわゆる「ハイソカーブーム」だ。

 しかし、そんな世の中の流れに逆らうかのようなクルマが登場する。日本初の市販ミッドシップスポーツ、トヨタ「MR2」だ。軽快な走りでスポーツドライビングを楽しむ多くのファンを魅了した、初代MR2の魅力を紐解いていこう。

文:立花義人、エムスリープロダクション
写真:TOYOTA、HONDA、GM、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】日本初の市販ミッドシップスポーツ、MR2の歴史を写真で振り返る


GMの「ポンティアック・フィエロ」に触発されて登場

 「MR2」とは「ミッドシップ・ランナバウト・2シーター」の略である。ランナバウトとは「きびきびと走る小型車」を意味するもので、「MR2」は、「ミッドシップレイアウトのコンパクト2シーターモデル」というクルマの内容をそのまま車名としたモデルだ。

 この時代は、ミッドシップといえば、フェラーリやランボルギーニといったスーパーカーで採用されていたレイアウトであったことから、「贅沢なレイアウト」というイメージがあった。しかしそんななか、1983年にGM(ゼネラルモータース)が、「ポンティアック・フィエロ」が登場させる。

 このポンティアック・フィエロは、「アメリカ車で初めてのコンパクトな量産ミッドシップ」であり、スチール製のフレームに強化プラスチック製のボディパネルを採用し、エンジンやトランスアクスルといったコンポーネンツは既存のコンパクトカーから流用することで、販売価格を1万ドル以内に収めたリーズナブルなスポーティカーだ。このポンティアック・フィエロの登場に呼応してトヨタが開発したのが、MR2であった。

 ちなみに、トヨタとGMは1984年に合弁会社「NUMMI(ヌーミ)」を設立しているが、MR2とポンティアック・フィエロに部品やメカニズムの共通性はない。

GMのコンパクトミッドシップモデル、ポンティアック・フィエロ。当初は2.5L直4SOHCエンジンが用意され、後に2.8L V6OHVモデルが追加された

「優れたハンドリング性能を持つ手軽な2シーター」として人気に

 MR2の特徴を一言で表現するならば、「気軽に乗れる個性的なスポーティパーソナルカー」だ。ミッドシップという個性的なレイアウトのメリットをバランスよく活かす設計と、オリジナリティあふれるデザイン、居住性、静粛性を含めた快適な室内空間、魅力的な価格設定を重視して開発されている。

 エクステリアデザインでは、ウェッジシェイプのボディに低く構えたフロントフード、リトラクタブルヘッドライトが特徴的。また、ゆるやかに傾斜するフロントウィンドウに直立したリアウィンドウ、小ぶりのエンジンスペース、存在感のあるスポイラー、そしてストンと切り落とされたかのようなシャープなリヤエンド、デュアルエキゾーストなど、シンプルで分かりやすく、かつツボを抑えたスポーツカー・スタイリングが貫かれている。

 ボディサイズは全長3925mm×全幅1665mm×全高1250mm、ホイールベースは2320mm。5ナンバーサイズのコンパクトな2シーターモデルだ。

5ナンバーサイズのコンパクトなボディサイズでウェッジシェイプボディ。気軽に乗れる「トイスポーツ」としての魅力に溢れている

 搭載されるエンジンはカローラから流用した1.5L SOHCと、上級グレードにはAE86と同じ1.6L 直4DOHCを横置き用にアレンジした4A-GELU型を採用。上級グレードの最高出力は130ps/6,600rpm、最大トルクは15.2kgm/5,200rpm。サスペンション形状はフロント:マクファーソン・ストラット、リア:デュアルリンク・ストラット、ブレーキはフロント:ベンチレーテッドディスク、リア:ディスク、トランスミッションは4速AT、もしくは5速MTというメカニズムだ。

 こうしてデビューしたMR2は、国内外で人気を獲得し、1984~1985年の「日本・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞。1986年にはマイナーチェンジが実施され、1.6L DOHCエンジンにルーツ式スーパーチャージャーを装着し、最高出力145ps、最大トルク19.0kgmを発揮する高性能版が加わった。また、ルーフを左右に分割して着脱できるTバールーフ仕様をオプション設定とし、さらに個性を磨いた。

スーパーチャージャーでパワーアップした後期型。Tバールーフはオプションで選択できる

次ページは : 当時の需要に上手く応えた