登場秒読み!! 超名門SUV 新型エクストレイル全情報と期待している3つのこと

登場秒読み!! 超名門SUV 新型エクストレイル全情報と期待している3つのこと

 なかなか姿を見せてくれない、日本向けの新型エクストレイル。ご存じの通り、既に北米では2020年10月から新型ローグ(エクストレイルの北米名)のガソリンモデルが発売開始、中国市場向けの新型エクストレイルも、2021年4月の上海モーターショーで発表されているが、日本向けの新型エクストレイルに関しては、現時点(2021年9月末時点)でもノーアナウンスの状態だ。

 少々待ちくたびれてきたが、もうそろそろ何かしらのアナウンスがあるはず。気分を盛り上げるため、日本向け新型エクストレイルに期待したい3つのことについて考えていこう。

文:吉川賢一
写真:NISSAN、TOYOTA

【画像ギャラリー】日産エクストレイルの歴代モデルと、中国で発表となった新型エクストレイル


予想に反する、なんらかの驚きが欲しい!!

 日産は、2020年5月に発表した「事業構造改革計画/NISSAN NEXT」において、「日本市場は電気自動車を拡大(SUVと軽を追加)し、電動車(e-POWERもしくはハイブリッド)率を25%から60%にまで引き上げる」と宣言。

 その宣言通り、直後に発売したキックス(2020年6月)、ノート(2020年12月)、そしてオーラ(2021年8月)では、いずれもコンパクトカーにもかかわらず、売れ筋となるはずの安価なガソリン仕様を用意せず、e-POWER一本として勝負に出た。その結果は、ひとまずは上々の滑り出しをしているといってよいだろう。

北米や中国では発表・発売されている新型エクストレイルのデザイン。大きく変わることはないはずだが、日本向けも同一の姿でよいのか、という気がする

 「電動車ブランド」のイメージを国内へ植え付けるため、日産は、新型エクストレイルについても、国内においてはガソリンモデルを用意せず、ベースグレードはe-POWERでくるはずだ。

 北米でも中国でも、「エクストレイルe-POWER」はまだ登場はしていないが、実は欧州では、新型キャッシュカイについてのリリースの中で、欧州向けの新型エクストレイルにe-POWERが搭載されることがひっそりと発表されている。2020年2月に欧州発表となった新型キャシュカイに搭載される「e-POWERターボ(1.5L VCターボを発電エンジンとした新e-POWER)」だ。

 ここまで待たされているのに、デザインも、パワートレインもすでに大枠わかっている。ここでこの予想通りに登場してきたのでは「やっとか」という思いだけであり、ファン待望の売れ筋SUVの新型登場という注目が集まる中においては、予想に反する、なんらかの驚きが欲しいところだ。

 そこで、筆者が「国内向け新型エクストレイルに望みたい3つのこと」をご紹介しよう。

日本専用のフロントフェイスを!!

 新型エクストレイルに最も期待したいことが、フロントフェイスのつくり分けだ。これは決して不可能ではない。

 北米向けのローグは、テネシー州にあるスマーナ工場生産だ。中国向け新型エクストレイルも現地生産。一方、日本向け新型エクストレイルは、九州工場での生産が発表されている。ちなみに、欧州市場やアジア圏、オーストラリア向けなども九州工場が担当することになっている。

 プレス機や樹脂成型の金型を含め、クルマの製造ラインの構築には、莫大なコストがかかる。だがもちろん、遠く離れている場合は、バンパーなどのパーツに関しても、「地産地消」した方が効率も良い。つまり、バンパー部品の型を分けることは不可能ではない。

 欧州向けも九州工場で生産することから、新型キャシュカイ顔にする、というのもいいだろう。2021年2月にモデルチェンジしたパスファインダー顔も、ローグよりもアグレッシブでカッコいい。いずれにしても、是非とも国内製造する仕様は、北米や中国と造形を分けた、新デザインで登場してほしい!!

2月に登場した、北米のパスファインダー。日産のVモーショングリルのデザインは、既に古くなりつつある。このパスファインダーの方が、厚みがあって、「今風」な気がする

次ページは : 最低でも現状維持の価格