小型EVマイクロリーノの市販型がついに発表 モデルとなったBMWイセッタに会いにいく!

思わず予約した小型EVマイクロリーノの市販型がついに発表 購入を前に“憧れのBMWイセッタ”に会いにいく!

 1999年に設立したスイスの電動自転車や電動キックボード、電気自動車を製作しているメーカー、マイクロ・モビリティ・システムズが開発した小型EV車「マイクロリーノ」を知っているだろうか?

 この姿を見てハッとした方はかなりのクルマ通。そう、1950年代に生産されたBMWイセッタの再来というべき、前開きドアを採用した2人乗りのバブルカーが、小型EVとなって現代に復活したのだ。

 このマイクロリーノは、2016年にプロトタイプが初公開、2018年には発売の予定だったが、幾度となく延期され。2021年5月にはマイクロリーノ1.0に続く、最新モデルの2.0を2021年9月に発表すると予告していた。

 そして、2021年9月8日~12日、ミュンヘンで開催されたIAAモビリティで、市販最終モデルと生産時期、価格が発表されたのだ。

そこで、このマイクロリーノをつい予約してしまった、ライターの一條まやさんが、発表されたマイクロリーノを解説するとともに、日本に入荷するまで痺れを切らすことがないように、日本で走っているイセッタの所有者を訪ね、1959年製の「BMWイセッタ300」に会いに行ったのでお伝えしよう。

文/一條まや
写真/マイクロ・モビリティ・システムズ、ベストカーweb小野

【画像ギャラリー】総数50枚以上!! 「マイクロリーノ」とそのモチーフになった「イセッタ」の画像を大公開!


最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ