格安スピード車検は危険? ディーラー車検と整備工場 ユーザー代行車検の違いは何?

格安スピード車検は危険? ディーラー車検と整備工場 ユーザー代行車検の違いは何?

 トヨタ系列のディーラーで問題となった不正車検問題。最短45分から1時間で終わらせるあまり、法定で決められた検査を省いていたり、検査のやり方が不適切とされ、不正車検が行われたクルマは約6000台にも上るという。

 そこで、こうした不正車検問題が起きたスピード車検は危険なのか? 改めて、ディーラー車検と整備工場の整備の違い、さらにユーザー代行車検の違いはどこにあるのか?

 そしてディーラー整備士の給与がなぜ低いのか、改善されないのかも踏み込んでいただきたいと思う。

文/高根英幸、写真/Adobe Stock(garage38@Adobe Stock)

【画像ギャラリー】いったいなんのための『車検』なのか? 不正車検問題から改めて考える(6枚)画像ギャラリー

■人手が不足しているのにスピード車検というサービスが歪みを生んだ

ただでさえ人手不足な上に、点検と書類上の手続きを短時間で完了させるというのには明らかに無理がある(KATSU@Adobe Stock)

 トヨタとレクサスディーラーで発覚した不正車検は、スピード車検というサービスの歪みを露見させた。

 24ヵ月点検と書類上の手続きを45分(ディーラーによって所要時間は異なるようだが)で行なうことに、そもそも無理があるうえに、クルマの機能や構造は複雑化・高度化している。メカニックも不足している上に、1日にこなさなければならない台数もある。

 時間に追われノルマに追われ、ヘッドライトの照度や光軸などの調整など細かい作業はいつしか後回しになり、そのうち見過ごされるようになってしまった、というのが不正車検へとつながった構図だろう。

 ディーラーのメカニックという、立場は保証されつつも報酬は少ないという仕事は、世間から見れば決して人気の高い職業ではない。

 クルマが好きだから、仕事がキツくて給料が安くても、他の仕事よりも好きだから選んでいる人が多いようだ。しかしディーラーは収益性を確保するため作業の効率化を進める一方だから、現場のメカニックの負担は大きくなる一方だ。

 最近のディーラーにおけるメンテナンスは専用の診断機を接続して、車載のECUと通信することで故障の履歴や不良箇所の診断を行ない、メカニックはその結果に応じて部品交換をするという流れになっている。

 つまり作業の効率化とは、誰が行っても(基本的な知識と能力、資格を持つメカニックであることが前提だ)同じ修理ができるように作業工程を基準化することなのである。

 複雑化、電子制御化して故障が目で見ただけでは分からない故障が増えると、修理自体もシステム化しなければ対応できないのは当然のことだ。さらに交換部品の在庫もコストダウンのため、アッセンブリー単位で管理されるようになった。

 最近はモジュール構造が進んで、そっくり交換するだけの修理になり、修理代金も高騰化している。

 作業工賃も上昇しているものの、逆にメカニック個人の能力は軽視される傾向が強くなり、忙しいのに待遇はあまり改善しない、という悲しい図式が出来上がる。そんな職業に人が集まらないのは当然のことだ。

■昔からディーラーのメカニックは冷遇されてきた

国産ディーラーのメカニックは昔から待遇面で冷遇される傾向があった。各社には改善を要求したい問題だ(hedgehog94@Adobe Stock)

 もともと、国産ディーラーのメカニックは冷遇される傾向が続いてきた。筆者は30年以上前、あるディーラーのメカニックの求人募集に応募しようと思ったことがある。

 しかし、そこで提示されていた初任給は10万円を切るほどの薄給であり、「これじゃクルマ買えないじゃん!」と思い、倍以上の給料が提示されていた同じディーラーの営業マンとして就職した経験がある。

 当時はメカニックでも数年務めると、一度営業職へと配置替えされるなど、整備よりも販売による収益を重視した傾向だった。

 その後、販売競争が激化したり、景気が低迷するなど新車販売での収益性が低下すると、車検や修理で収益を上げる構造へと変化していったが、それでもメカニックの待遇は営業やその他の職業に対して低めである傾向は変わっていないようだ。

 また、メカニックとして長く務めていても、やがて班長、工場長、グループ長といったように出世していくことで、メンテナンスの現場からは離れるようになってしまい、熟練メカニックの経験やノウハウなどが現場で活かされないという問題もある。

 そのため現場のメカニックという仕事にこだわりたい人は、独立して修理工場を開いたり、修理工場の工場長(プレーリングマネージャーのように、自分でもメカニック作業をこなす)に転職する人が少なくなかった。

 最近は人手不足と高齢化によって、40代以上のメカニックを募集する求人も珍しくないが、それでも同年代のサラリーマンの平均収入よりは収入は低めとなっているのが現実のようだ。若いメカニックからは給料が安い、辞めたいという声がネットにも多く上げられている。

 ディーラーのメカニックの待遇が改善されていかないのは、営業マンのように売り上げで歩合給などが加算されないことに加え、高価な診断機の導入など設備投資の負担が大きいことも影響している。

 しかも複雑な構造の車体側の電子制御系と診断機の連携は、常に完璧な成果を約束する訳ではなく、時には診断機の故障診断結果から、別の原因を推測して修理を進めるような難易度の高い修理も発生するのだ。

 だが、前述のように整備の経験豊富なメカニックはディーラーの現場にいないため、診断機で特定できないトラブルは解決できないケースも出てくる。

 そこで頼りになるのが熟練メカニックの居る整備工場だったりするのである。これは国産ディーラーに限った話ではなく、むしろより高級で複雑な輸入車の方が多く発生している印象がある。

 ともあれ、ディーラーのメカニックは、車検整備というクルマの安全性を支えているにも関わらず、他の職業に比べて恵まれているとは言い難い環境に置かれている。

 このままではスピード車検以外の整備でも問題が起こる可能性が高まるばかりだ。自動化やメンテナンスフリーにも限界があるのだから、欧米のようにブルーカラーでも特殊な(国家資格が必要など)職業はもっと待遇を改善すべきだろう。

次ページは : ■それでも現時点でのディーラー車検は安心できる