メカニズムに唸った名エンジン3選&モーターとのマッチングが素晴らしいエンジン2選

【内燃機関溺愛】メカニズムにうなった名エンジン3選&モーターとのマッチングが素晴らしいエンジン2選

 カーボンニュートラル、地球環境、2030年に向けた動き……。クルマ業界は確実に電動化への流れだが、「まだ今は内燃機関を楽しみたい!」、これが本音ではないだろうか。

 今回は、そんななかでもその「技術」で見る人を驚かせた傑作エンジンと、今やハイブリッドが常識の現代においてエンジンとモーターの相性抜群なユニットを紹介する。

※本稿は2021年8月のものです
文/鈴木直也、国沢光宏 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年9月26日号

【画像ギャラリー】その情熱に思わず脱帽!! 内燃機関の歴史にのこる傑作エンジンと傑作HVユニット(12枚)画像ギャラリー

■エンジンの概念を変えた傑作の数々

ハイメカツインカムを採用し長きに渡って搭載された3S-FE

 名エンジンを3基に絞るのは難しいので、「たくさん売れて世の中を変えた名エンジン」というくくりで3つ選んでみた。

 最初は、レーシングエンジンのみに許されていた至高のメカニズムをいっきに大衆化したトヨタの3S-FE型、いわゆるハイメカツインカム。

 DOHC4バルブのポテンシャルを、パワーではなく燃費効率のために使うという発想は、極めて先進的だったと思います。

NAでレースカー並みのパワーを引き出したVTEC
ホンダ シビックタイプR

 2番目はホンダから、可変バルタイの先駆者VTEC。NAでリッター当たり100psのエンジンなんて当時の市販エンジンでは夢だったが、それを可変バルタイによって実現。後には気筒休止などにも応用され、いまだにホンダのお家芸となっている。

 3番目は日産のVG/VQシリーズ。

 日産は国産V型6気筒エンジンの先駆者で、VG系がY30セドリックでデビューしたのは1983年。10年後にVQ系に進化し、日本のみならず世界中でヒットした。2Lから4Lまでバリエーションも豊富で、日産の上級モデルでは定番エンジンとして長く生産されていた。

国産V6の元祖とも言える日産のVG/VQ系
日産 セドリック

 同じシリーズとは言えないが、R35GT-Rに搭載されるVR38DETTや、新型Zに搭載されるVR30DDTTは、このVG/VQ系エンジンをターボで強化した直系の子孫に当たる。

 日産のパフォーマンスエンジンの伝統は、このV型6気筒エンジンのシリーズが受け継いでいる。

■ハイブリッドはエンジンとモーターのマッチングが肝心

RAV4 PHVに搭載されるA25A-FXE

 当たり前のことながら、エンジン出力に対しモーターの存在感が小さければ、そもそもモーターを使って走っていることすらわからない。

 ちなみにその場合、単純なモーター出力ではなくてエンジンが掛かってない時の出力です。

 エンジンがかかってない時は搭載している走行用バッテリーでパワーを出す。この数字はシステム出力からエンジン出力を引けばわかる。

 例えばシステム出力でアクアとノートが116psで、フィット109ps。このうちエンジン出力はアクア91ps、ノート82ps、フィット98ps。

 バッテリー出力はシステム出力からエンジン出力を引いたものだから、アクア25ps。ノート34ps。フィット11psになる。こうして見ていくとノートが圧倒的にモーターとのマッチングを味わえます。

 ということで、エンジンとモーターとのマッチングが素晴らしい2台を選ぶなら、トヨタRAV4 PHVと三菱エクリプスクロスPHEV。この2台ということになります。この2モデルのエンジンとモーターのコンビネーションは本当に素晴らしい!

エクリプスクロス PHEVに搭載されるユニット
210psのユニットが痛快なエクリプスクロス PHEV
【画像ギャラリー】その情熱に思わず脱帽!! 内燃機関の歴史にのこる傑作エンジンと傑作HVユニット(12枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ