ノートe-POWER ガソリン車不在は痛手? 登場1年の通信簿と課題

ノートe-POWER ガソリン車不在は痛手? 登場1年の通信簿と課題

 2020年12月24日に登場した、現行日産ノート(E13型)。この間、ノートは続々と派生車を登場させ、気づけばノートファミリーは、発売前のモデルを含めると、5車種にも及んでいる。

 フルモデルチェンジからそろそろ1年となるいま、活発な動きをみせていたノートについて再評価するとともに、ノートの今後についても考えてみよう。

文/吉川賢一
表作成/エムスリープロダクション
写真/NISSAN、奥隅圭之、中里慎一郎

【画像ギャラリー】国産コンパクトカーを盛り上げるノートファミリー5車種を一気にチェック!(21枚)画像ギャラリー

クルマの仕上がりは申し分なし!! ただ、ガソリン車がないのはやはり痛かった

約7年ぶりにフルモデルチェンジが行われた現行ノート。発売日は2020年12月23日
約7年ぶりにフルモデルチェンジが行われた現行ノート。発売日は2020年12月23日

 ノートの最大のキーアイテムは、ノートで初採用となった第2世代e-POWERだ。先代から1.2Lのエンジン排気量は維持しながらも、モーター出力トルクを10%以上アップ。また、減速Gなどのコントロールによって、運転のしやすさがあがっている。また、発進時のフィーリングも素晴らしく、フィットe:HEVやヤリスハイブリッドとは異なる滑らかさは、ノートならではの魅力だ。

 また、新開発の次世代上級小型車向けプラットフォーム「CMF-B」によって、ハンドリングや乗り心地もすっきりとした印象。全グレード最小回転半径4.9mと、取り回しも抜群に良い。路面突起との当たりの柔らかさ、といった乗り心地性能も高い仕上がりになっている。WLTCモード燃費も29.5km/L(市街地29.9、郊外32.6、高速27.6)と優秀。改良版プロパイロット(1.5と呼ぶことが多い)も装備され、クラスを超えた仕上がりで、評価も高い。

 また、「小さなアリア」のようなエクステリアは、新世代を感じられるモノであった。インテリアも先進的で、メーターとナビゲーションを繋げた一体型バイザーレスディスプレイや、コンパクトな新しいシフトノブ、大型のコンソールボックス、それらを覆う表皮素材も、非常に質感が高い。オートホールド機能付のE-PKB(電動パーキングブレーキ)も全車標準搭載だ。インテリアが苦手だった日産とは思えない、質の高い仕上がりとなっており、このノートのインテリアを見て、日産車を見直した、という方も多いだろう。

 いっぽう、現行ノートで最大の懸念点は、廉価なガソリンモデルがないことだ。先代のE12型ノートでは、ガソリン車が約145万円から買えたのに対し、現行では203万円〜(S_2WD)。先代では、ガソリン仕様とe-POWER仕様を足すと月販1万台を超えるのが普通であった。2020年12月の現行モデル登場以降、1万台を越えたのは年度決算月(クルマが安くなるため多く売れる)である2021年3月の一度のみ。この1年の月間平均は6500台と、先代の6割ほどしか売れていない。

 現行ノートの仕上がりぶりを考えると、ガソリンモデルが用意されていたら、先代同様の月販1万台は確保できたかもしれない。カーボンニュートラルに向けた日産の経営戦略とはいえ、他メーカーにあるガソリン車が欠けていることは、やはり、現行ノートの販売に大きな痛手となっていると思われる。

2020年12月の現行ノートの登場以降、月販1万台を越えたのは、2021年3月のわずか一度のみ。平均は6500台/月。(販売データ情報・出典先:一般社団法人日本自動車販売協会連合会)
2020年12月の現行ノートの登場以降、月販1万台を越えたのは、2021年3月のわずか一度のみ。平均は6500台/月。(販売データ情報・出典先:一般社団法人日本自動車販売協会連合会)

次ページは : 続々と登場する派生車!! 特にノートオーラは秀逸

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ