RB26 VTEC EJ20……日本が誇る世界最高の純エンジン5選

VTEC、EJ20、スカイアクティブ……日本が誇る世界最高の純エンジン5選

 2030年代に純エンジンの新車販売が終わることが声高に叫ばれている今日この頃。100年の変革期を迎え、時代はEVやFCVへとシフトしていくのは致し方ない。

 しかし、これまでクルマ好きの心を捉え続けてきた名エンジンの数々の歴史が途絶えてしまうかと思うと、どうにもやるせない想いに駆られてしまう。

 そう、純エンジンの名機がここで途絶えてしまうのだ。由々しきことではないか!

 そこで、改めて、日本メーカーが技術的に世界に誇れる量産エンジンを、5位から順に5タイプをランキングしてみることにした。なお、基本的には生産台数が限られたワンオフといえるスーパースポーツ用エンジンなどは、選択対象から外していることをご了解いただきたい。

文/岩尾信哉
写真/トヨタ、日産、マツダ、スバル

【画像ギャラリー】技術の結晶!! 日本が誇る珠玉のピュアエンジン


■第5位:トヨタ珠玉のV8/2UR-GSE型5L、V8

レクサスRC FやLC500に採用されている2UR-GSE型5L、V8DOHCエンジン


■エンジン形式:V型8気筒DOHC
■型式:2UR-GSE
■排気量:4968cc
■最高出力:477ps/7100rpm
■最大トルク:540Nm(55.1kgm)/4800rpm

2017年登場のレクサスLC500に搭載される5L、V8エンジンは477ps/55.1kgmを発生。国宝級の大排気量エンジン車だ

 2017年にレクサスLC500の登場時に、10速ATとともに採用された5L、V8が2UR-GSE型だ。現在レクサスRC-F(581ps/535Nm)にも搭載されているこのユニットは、仕様違いの兄弟ユニットであるハイブリッド用ユニットとして用意された2UR-FSE型(LSからセンチュリーに移植されて生き残っている)とは異なるスポーツエンジンといってよい。

 ちなみに、過去には同じくレクサスのGS-Fに搭載されたが、今振り返ればトヨタ最期のオジサン好みの“羊の皮を被った狼”だったかもしれない。GSE型はFSE型と比較すると、吸排気系に手を加えることでスポーツ性を高める工夫が施され、477ps/540Nmという強大なパワーとトルクを得ている。

 高級ブランドやスポーツカーメーカー、日産では大型SUVのパトロールなどに採用されてはいても(ランクル300はどうなるのだろう?)、世界一レベルの量産車メーカーが二酸化炭素排出量削減の声が大きくなった現在、V8をラインナップに存続させるだけでもたいしたものだ。

 マルチシリンダー独特のスムーズさとパワーの盛り上がりは、ハイブリッドのLC500hのモーターのそっけなさ(スムーズさとも言えるのだが)とはひと味もふた味も違うフィーリングは抗しがたい魅力に溢れている。さほどひとの感覚とは繊細なものであることを、このV8は教えてくれる。

■第4位:熟成を重ねた約30年の歴史ついに終焉/EJ20型、EJ25型フラット4

1989年登場の初代レガシィツーリングワゴンに搭載されてから約30年間、幾度となく改良を繰り返したスバルのEJ20型2Lフラット4ターボエンジン。最高出力は308ps/43.0kgm


■エンジン形式:水平対向4気筒DOHCターボ
■型式:EJ20
■排気量:1994cc
■最高出力:308ps/6400rpm
■最大トルク:422Nm(43.0kgm)/4400rpm

2019年10月24日に発表された555台限定のWRX STI EJ20ファイナルエディション。車両本体価格は485万1000円。同年11月11日に優先購入権の応募が締め切られたが、応募総数は555台の約23.4倍となる約1万3000件

 すでに語り尽くされた観のあるEJ20型水平対向4気筒の仕様の詳細については、ここではひとまずおいておくとして、バリエーションを拡大しつつ1989年から30年超にわたって採用され続けるとともに、長く愛されてきた事実が揺らぐことはない。

 特にスポーツエンジンとして進化し続けたEJ20型ターボについては、現行WRX STIの最終仕様として2019年11月に555台限定として販売された「EJ20 Final Edition」を具体なスペック例として挙げておきたい。

2019年にアメリカ限定で販売されたWRX STIのコンプリートカー S209。265/35R19の極太タイヤを履き、オーバーフェンダーによってボディを拡幅。ビルシュタインと共同開発した専用サスペンションやSTI製フレキシブルタワーバーでボディ剛性を強化した
S209の搭載エンジンは海外向けのEJ25型2.5Lフラット4ターボ。タービンや排気系の変更、専用ECUの採用などにより345.7ps/45.6kgmを発生


■エンジン形式:水平対向4気筒DOHCターボ
■型式:EJ25
■排気量:2457cc
■最高出力:345.7ps/6400rpm
■最大トルク:476Nm(45.6kgm)/3600rpm

 その後も、北米市場では主力ユニットであるEJ25ターボをSTI仕様として手を加え、北米市場向けに仕立てられた「S209」が2019年1月発表された(2019年10月発売)。S209も限定209台の販売となった。さらに豪州では「WRX STI EJ25 Final Edition」が発売されている(75台限定)。

 フラット4独特の野太い排気音とともにEJ20ターボは、WRX STIを豪快無比なパワーを与えつつ、ラリー・フィールドやニュルブルクリンクなどで鍛えられた剛性感触れる堅牢なシャシーと合わせて、突出した存在にしたといえる。

 ということで、2021年9月上旬に新型WRX(北米仕様)が発表予定となっているから、STIなどを含めてどうなるのか注目したい。

次ページは : ■第3位:高効率化目指した可変圧縮比エンジン/日産VCターボ