RB26 VTEC EJ20……日本が誇る世界最高の純エンジン5選

RB26 VTEC EJ20……日本が誇る世界最高の純エンジン5選

 2030年代に純エンジンの新車販売が終わることが声高に叫ばれている今日この頃。100年の変革期を迎え、時代はEVやFCVへとシフトしていくのは致し方ない。

 しかし、これまでクルマ好きの心を捉え続けてきた名エンジンの数々の歴史が途絶えてしまうかと思うと、どうにもやるせない想いに駆られてしまう。

 そう、純エンジンの名機がここで途絶えてしまうのだ。由々しきことではないか!

 そこで、改めて、日本メーカーが技術的に世界に誇れる量産エンジンを、5位から順に5タイプをランキングしてみることにした。なお、基本的には生産台数が限られたワンオフといえるスーパースポーツ用エンジンなどは、選択対象から外していることをご了解いただきたい。

文/岩尾信哉
写真/トヨタ、日産、マツダ、スバル

【画像ギャラリー】技術の結晶!! 日本が誇る珠玉のピュアエンジン


■第5位:トヨタ珠玉のV8/2UR-GSE型5L、V8

レクサスRC FやLC500に採用されている2UR-GSE型5L、V8DOHCエンジン
レクサスRC FやLC500に採用されている2UR-GSE型5L、V8DOHCエンジン


■エンジン形式:V型8気筒DOHC
■型式:2UR-GSE
■排気量:4968cc
■最高出力:477ps/7100rpm
■最大トルク:540Nm(55.1kgm)/4800rpm

2017年登場のレクサスLC500に搭載される5L、V8エンジンは477ps/55.1kgmを発生。国宝級の大排気量エンジン車だ
2017年登場のレクサスLC500に搭載される5L、V8エンジンは477ps/55.1kgmを発生。国宝級の大排気量エンジン車だ

 2017年にレクサスLC500の登場時に、10速ATとともに採用された5L、V8が2UR-GSE型だ。現在レクサスRC-F(581ps/535Nm)にも搭載されているこのユニットは、仕様違いの兄弟ユニットであるハイブリッド用ユニットとして用意された2UR-FSE型(LSからセンチュリーに移植されて生き残っている)とは異なるスポーツエンジンといってよい。

 ちなみに、過去には同じくレクサスのGS-Fに搭載されたが、今振り返ればトヨタ最期のオジサン好みの“羊の皮を被った狼”だったかもしれない。GSE型はFSE型と比較すると、吸排気系に手を加えることでスポーツ性を高める工夫が施され、477ps/540Nmという強大なパワーとトルクを得ている。

 高級ブランドやスポーツカーメーカー、日産では大型SUVのパトロールなどに採用されてはいても(ランクル300はどうなるのだろう?)、世界一レベルの量産車メーカーが二酸化炭素排出量削減の声が大きくなった現在、V8をラインナップに存続させるだけでもたいしたものだ。

 マルチシリンダー独特のスムーズさとパワーの盛り上がりは、ハイブリッドのLC500hのモーターのそっけなさ(スムーズさとも言えるのだが)とはひと味もふた味も違うフィーリングは抗しがたい魅力に溢れている。さほどひとの感覚とは繊細なものであることを、このV8は教えてくれる。

次ページは : ■第4位:熟成を重ねた約30年の歴史ついに終焉/EJ20型、EJ25型フラット4

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!