短所も含めて元営業マンが本音で選ぶ! いま最も買い得なトヨタ車 ベスト3


 2021年も販売台数で他メーカーを圧倒するトヨタ。乗用車ブランド通称名別順位では、毎月のようにトップ10の大半をトヨタブランド車が占める。圧倒的な販売力がこの売り上げを支えているわけだが、同時にクルマ自体のレベルが格段に上がったようにも思えるのだ。

 そこで今回は、自動車販売の現場に従事してきた筆者が、今トヨタで買うべきクルマを紹介。最もコストパフォーマンスが高いクルマを3台に絞ってみた。元営業マンが本音で選んだイチ推しトヨタ車は?

文/佐々木亘、写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】短所も含めて元営業マンが本音で選ぶ! いま最も買い得なトヨタ車 ベスト3(14枚)画像ギャラリー

■新型カローラクロス「懸案の足回りも良好な仕上がり」

 ボディサイズは、日本で走行するのに大きすぎず、ファミリーで使用しても狭すぎない。カローラの派生車だが、内外装にチープさは感じず、シンプルな作り込みで、一定程度の高級感も感じる。

日本で走行するのに大きすぎず、ファミリーで使用しても狭すぎない。内外装はシンプルな作り込みで、一定程度の高級感も感じる

 気になるのは、リアサスペンションにトーションビーム式を採用している点。他のカローラシリーズ(セダン・ツーリング・スポーツ)は、すべてダブルウィッシュボーン式なのだが、カローラクロスだけはコストの面からかトーションビームの採用となった。

 しかしながら、実際に乗ってみると、このトーションビームがなかなかいい。フロントサスがしっかりと沈み込み、曲がる・止まるに対するクルマの姿勢を作り出し、リアは平行をできるだけ保ちながら捻じれていく。少々の硬さは感じるが、不快ではないし、姿勢変化の大きくなるSUVでも、旋回中リアシートの傾きは少なく、安心感が高い。

 国産車のトーションビームはチープで簡素な造りであり、ダブルウィッシュボーンじゃないとだめだというイメージが強いが、欧州車ではトーションビームを採用した走りのいいクルマが非常に多い。そうした良いトーションビームのイメージに近いのが、カローラクロスの足回りだ。

 ガソリン・ハイブリッドと2種類のエンジン体系があり、室内空間は充分、乗り味も良く、エクステリアにも不満は少ない。安全装備や快適装備も充分に備わり、我慢の多いCセグメントSUVの概念を覆した。このクルマが、エントリー価格199万9000円だというのだから、驚くものをトヨタは作ってくる。

 売れ行きは上々でも、値引きは渋くない。デビュー段階から値引き幅が大きいのもカローラクロスの特徴だ。カローラクロスは、現行のトヨタラインナップで最もコスパのいいクルマだと、筆者は思う。

■新型アクア「先代とは段違いに品質が高まった」

 同門のヤリスと同様にGA-Bプラットフォームを採用するが、アクアはホイールベースが長い。先代アクアやヤリスと比べて50mm拡大したホイールベースのおかげで、リアシートや荷室長に余裕ができている。

 アクアは、コンパクトハッチバックで犠牲になりがちなリアシート空間を充実させ、ダウンサイジングユーザーを満足させる実力を持ったクルマだ。

コンパクトハッチバックで犠牲になりがちなリアシート空間を充実させ、ダウンサイジングユーザーを満足させる実力を持ったクルマだ

 その静粛性と走りは圧巻だ。さすがに内装、特にメーターフード付近を見ると、198万円からスタートするコンパクトカーとわかるが、目隠しして助手席に乗り走り出したら、上級セダンと言われても違和感はないと思う。

 実際に販売店で生の声を聞いてみると、先代アクアからの乗り換えもさることながら、クラウン・マークX・カムリなどの大型セダンからの乗り換えも目立つそうだ。

 セダンユーザーが高齢化し、小さなクルマを欲しているときに、チープさを感じない高品質なコンパクトハイブリッドが現れた。上級セダンユーザーが乗り換えても、アクアに大きな不満は抱かないという。

 先代とは段違いに品質が高まったアクア。トヨタでコンパクトカーを選ぶなら、ヤリスでもカローラスポーツでもなく、私はアクア一択だ。

次ページは : ■カムリ「埋もれている密かな良いクルマ」

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ