なぜ史上最高シェア記録? 欧州で売れてるトヨタ車 ベスト5

なぜ史上最高シェア記録? 欧州で売れてるトヨタ車 ベスト5

 少々旧聞になるが、トヨタの欧州法人であるトヨタモーターヨーロッパは10月13日に、2021年1月から9月にトヨタブランドとレクサスブランドが、欧州で前年同月比21%増となる86万4904台販売され、欧州でのシェアが前年同月比0.6%増となる過去最高の6.7%に拡大したことを発表した。

 特にトヨタブランドは、今年1月から9月に前年同月比21%増となる80万5181台を販売し、欧州で販売される乗用車ブランドではシェア第2位となる6.4%(前年同月比0.7%増)を占めた。

 本稿ではトヨタブランドが本場となる欧州でシェアを伸ばしている理由を考察し、日本で売れているトヨタ車と欧州で売れているトヨタ車の違いなども紹介していく。

文/永田恵一、写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】史上最高シェアを記録!! ヨーロッパで人気の売れてるトヨタ車ベスト5を写真で見る(12枚)画像ギャラリー

■なぜ欧州でトヨタブランドのシェアが伸びている?

トヨタ ヤリス。欧州でのディーゼルの立場が微妙になっている今、ヤリスなどのHV売り上げの割合が高くなっている

●ハイブリッドの性能向上に伴う評価向上

 以前は「平均スピードが早い欧州ではハイブリッドよりディーゼル優勢」と言われていた。

 しかし、欧州の電動化シフトによりディーゼルの立場が微妙なものとなっているのに加え、厳しくなる一方の排ガス規制対応により、もともと高価なディーゼル車の価格はさらに上昇傾向だ。そのため、小型車をはじめとした比較的安い価格帯のモデルにはディーゼル車の設定自体も難しくなっている。

 それに対しトヨタのハイブリッドは同社が長年育て続けてきたこともあり、価格競争力がディーゼルより高いのに加え、弱点だった欧州のペースでの燃費や動力性能も改善されており、トヨタの欧州でのシェア拡大に大きく貢献した。

 それだけにトヨタブランドの欧州での今年1月から9月のハイブリッド比率は59%となる47万712台(前年同月比38%増)、特に主力となるヤリスとカローラファミリー、RAV4のハイブリッド比率は78%と非常に高い。

●トヨタブランド車の性能・品質向上

 ここ数年のトヨタ車は、クルマ自体も使用条件が厳しい欧州でも通用するものとなっており、このことも欧州でのトヨタブランドのシェア拡大の後押しになっているのだろう。

●WRC参戦効果

 欧州での拡販のためのブランドイメージ向上にはプロモーションや市販車へのフィードバックなども含め、モータースポーツへの参戦は重要だ。トヨタはそういった目的もあり、2017年からWRC(世界ラリー選手権)に復帰しており、目論み通りの成果を挙げている。

 まとめると、トヨタが欧州での拡販のため時間を掛けて取り組んできたことが、今しっかり開花しているというわけである。

■欧州で売れてるトヨタ車 ベスト5は?

トヨタ RAV4。ヤリス同様、RAV4の売り上げもHVの比率が非常に高い

ここからはハイブリッド率も交えながら、欧州で売れているトヨタブランド各車を短く紹介していきたい。

◆1位:ヤリス/16万2078台/HV比率:80.8%

ハイブリッドの動力性能やクルマ自体が欧州でも通用する点、ハイブリッドの燃費のよさ、ヤリスでのWRC参戦と、ヤリスはトヨタの欧州でのシェア拡大を牽引する、象徴的な存在といえる

◆2位:RAV4/13万630台/HV比率57.9%、PHV率13.1%

こちらもヤリス同様の理由で売れており、日本を含め世界中で売れるという商品力の高さを強く感じる。またプラグインハイブリッドは、比率以上に欧州に今年1~9月に掛けて1万7206台供給されていることにも驚く。

◆3位:カローラハッチバック&ツーリングスポーツ/10万929台/HV比率95.6%

 ステーションワゴンのツーリングスポーツは、日本のカローラツーリングより大きいボディサイズとなる。

 ハイブリッドはプリウスなどと同じ1.8Lエンジンとモーターを組み合わせるタイプに加え、レクサス UXに載る2Lハイブリッド(それぞれ最高速は180km/hで同じだが、0-100km/h加速は約11秒から約8秒に向上)も設定し、芸が細かい。

 また、カローラはセダンも今年1~9月に掛けて欧州で6万2943台(HV率53%)売れている。

◆4位:C-HR/9万3049台/HV比率:98.2%

 日本ではRAV4の登場以来埋没しているが、欧州では好調だ。この点は欧州でも、以前の日本車だとファミリアアスティナや6代目シビックの3ドアハッチバックのような、スタイリッシュなクルマが売れるケースがあるのと似ているのかもしれない。

 なお、C-HRもハイブリッドはカローラハッチバック&ツーリングスポーツ同様、1.8Lと2Lを設定する。

 日本では将来が危惧されているところもあるC-HRだが、欧州でこれだけ売れているのを見ると、欧州でのヤリスクロスの販売本格化による影響や日本導入の継続はともかくとしても、世界的には次期モデルも期待できそうだ。

◆5位:アイゴ/7万401台 ※ハイブリッドなし

 アイゴは欧州専売で、日本車ならパッソ/ブーンやマーチ、欧州ではVW UP!などに相当するエントリーカーだ。TNGA-Bプラットホームを使うと思われる次期モデルのコンセプトカーがすでに公開されており、それでも「これだけ売れている」ともいえる。

 また、現行アイゴはトヨタ主導で開発され、プジョーとシトロエンにも供給されていたが、次期アイゴではプジョーとシトロエンへの供給はなくなる可能性が高い。

次ページは : ■日本と欧州 顔ぶれ異なるトヨタの人気車