「007」永遠の相棒アストンマーティン その足跡と歴代&最新モデルたち

最新作大ヒット上映中! 「007」永遠の相棒アストンマーティン その足跡と歴代&最新モデルたち

 映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』が只今、大ヒット上映中だ。この007シリーズで見どころのひとつとなっているのがボンドカー。その代表格がアストンマーティンだろう。最新作ではDB5をはじめ、4台ものアストンマーティンが登場している。

 このアストンマーティン、実際にはどのような高級車なのか? その歴史や現行モデルの魅力などを紹介する。

※本稿は2021年10月のものです
文/西川 淳 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年11月26日号

【画像ギャラリー】007は永遠に!! アストンマーティン最新車種と記憶に残る往年のラインナップを見る(17枚)画像ギャラリー

■アストンマーティンとはどんなクルマなのか?

1959年にル・マン24時間レースを制覇したDBR1

 起源となる組織の設立は1913年にまで遡る。当初から高性能車を生産し、レース活動を積極的に行うなど、いかにも黎明期の高級ブランド的であったが、例に漏れず戦争と過剰投資で経営困難に陥った。

 第二次世界大戦後にそんなアストンマーティンを救ったのがデイビット・ブラウンで、イニシャル「DB」が今も車名として残っている。

 この時、ブラウンはラゴンダ社も買収しており、当代一級のエンジニアでベントレー社を創設したW・O・ベントレーも同時に移籍している。

2013年にはザガート50周年を記念したV12ヴァンテージ・ザガートが登場

 白眉は1959年のDBR1によるル・マン24時間レース制覇(1・2フィニッシュ)で、フェラーリを抑えての勝利によりDBシリーズの名声が一気に高まった。さらに、DB5がボンドカーとして使われた1960年代半ばにアメリカ市場で大いに人気を博し、第一次絶頂期を迎えた。

 1960年代後半にDBが経営から離れると再び低迷。オーナー変遷を重ねて1980年代後半にフォード傘下へ。PAGの一翼を担い、12気筒モデルの開発やDBシリーズを復活させるなど第二次絶頂期を迎えた。

 その後、フォード傘下から独立。メルセデスAMGとの提携を経てパワートレーンと電子プラットフォーム供給の道筋を作ると、2020年にはF1チームを運営するローレンス・ストロールが大株主となった。

■イタリアンスーパーカーとは何が違うのか?

60年ぶりにF1に復帰したアストンマーティンはF1セーフティカーにヴァンテージを投入。そのノウハウを生かしたF1エディションを発売中

 現代のアストンマーティンはFRベースの豪華なグラントゥーリズモを得意とするブランドだ。

 美しいスタイリングとユニークでかつラグジュアリーなインテリアデザインのイメージどおりに、その走りもまたGT寄りと言ってよく、例えばフェラーリのFRモデルに比べると、加速やハンドリングにおいてより抑制の効いたパフォーマンスをみせる。攻めるというより、心地よく流すほうが気持ちいいモデルが多い。

 もっとも最近ではサーキット性能に磨きをかけたモデルも意欲的にリリースしており、イタリアンスーパーカーとの違いは以前より小さくなりつつある。今後は2シーターミドシップをラインナップの中軸に据える。F1参戦と市販ミドシップカー。ビジネス的にはフェラーリのそれに近づくことだろう。

 次項からは、最新のアストンマーティンのラインナップを見ていこう

次ページは : ■アストンマーティン 最新ラインナップ

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ