現行型生産終了!! ついにか!! いよいよ発表秒読みホンダ新型ステップワゴン

現行型生産終了!! ついにか!! いよいよ発表秒読みホンダ新型ステップワゴン

 ホンダの国内販売(登録車)の中心車種であるステップワゴンが、いよいよフルモデルチェンジを迎える。2021年末の狭山工場閉鎖、寄居工場への生産移管に伴って、発表時期は2022年早々となる見込み。まだ確定とはいえない情報もあるが、すでに販売店では現行型の生産終了(在庫販売のみ)と新型へのアナウンスが始まっているという。本企画では新型ステップワゴンの予想デザインとパワーユニット関連、発表時期についてお届けします。

文/ベストカーWeb編集部
写真/ベストカー編集部、HONDA

【画像ギャラリー】2022年は売れ筋ミニバン一斉チェンジ!! 新型ステップワゴンは王者奪還なるか!??(14枚)画像ギャラリー

■キーワードは「原点回帰」

 2015年4月にデビューした現行型(RP型)は、トヨタのノア/ヴォクシー、日産セレナと熾烈な三つ巴の販売合戦を展開しているが、現時点ではその差を大きく付けられ、苦戦が続いている。

新型ステップワゴンの予想CG(ベストカー編集部制作)。初代、2代目に近い、箱型を意識したデザインになる
新型ステップワゴンの予想CG(ベストカー編集部制作)。初代、2代目に近い、箱型を意識したデザインになる

 ここまでは約4年ごとにフルモデルチェンジを行ってきたステップワゴンだが、現行型はまもなく8年目に入る。ホンダはオデッセイも生産終了となり、ミニバンカテゴリーでのステップワゴンにかかる期待も必然的に高くなり、ホンダとしてもここで大幅刷新を行うことでライバルとの戦いを有利に進めたい考えだ。

 フルモデルチェンジのポイントは、走りのよさを前面に打ち出すという点で、「原点回帰」と言えるだろう。そのために新型プラットフォームを採用し、全高は現行型よりも低められる。

 パワーユニットは、2Lエンジン+2モーターハイブリッドのe:HEVおよび1.5LのVTECターボをパワーアップして搭載されるという。純ガソリン仕様については一時期、2L、NAに変わる可能性も伝えられたが(1.5LのVTECターボはライバルに劣っていると感じるユーザーがいるのでどうにかしたほうがよい、という販社サイドからの要望があった)、どうやら排気量はそのままで現行型をさらに進化させる方向でまとまったもよう。

 ボディサイズは、現行モデルでは標準車、エアロタイプのスパーダとも全幅は1695mmの5ナンバーサイズだが、1750mm程度の全幅にもユーザーの抵抗がなくなってきていることもあり、新型では標準車の全幅は5ナンバーサイズを維持し、スパーダは1750mm程度に拡幅された専用ボディが与えられる可能性が高い(編集部注/全長が長いためスパーダは現行型も3ナンバーではある)。

 エクステリアデザインは前述の変更を活かし、キープコンセプトながらワイドさ、スポーティさ質感などをアップさせて大幅にリフレッシュされる。

 近年マストアイテムとなっている先進安全装備も、ホンダセンシングはソナーセンサーとフロントワイドビューモニターを採用した最新型に切り替わる。

次ページは : ■「わくわくゲート」、ライバル、発表時期

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します