追加生産650台発表も…ホンダはなぜS660を作り続けることができなかったか!?

なぜだ! 追加生産650台発表も……ホンダはなぜS660を作り続けることができなかったか!?

 あのS660 を2022年3月に生産終了するとホンダが発表したのが2021年3月だった。その後、反響の大きさはすさまじく、瞬く間に完売してしまったことからホンダは同年11月1日になって650台を追加生産することを発表した。

 ホンダがなぜS660を作り続けることができなくなったのだろうか。その一方、ダイハツは同じ軽スポーツモデルのコペンローブを販売し続けている。この背景について、松田秀士氏が分析する。

文/松田秀士
写真/ホンダ、ダイハツ、池之平昌信、西尾タクト

【画像ギャラリー】中古車価格爆上げ!! 今さらながら「買っときゃよかったS660」を写真でチェック!!(13枚)画像ギャラリー

■ビートの再来として期待されつつ迎えられたS660!

 ホンダはS660の生産を終了する。このニュースが流れた時、1991~96年まで販売されたビートを思い出した。S660と同じくミドシップの後輪駆動オープンモデル。ビートは惜しまれながら生産を終了したモデルだが、いまだにマニアは存在する。

1991年にデビューしたホンダビート。エンジンは自然吸気のE07A型で直列3気筒SOHC、MTRECを搭載、64ps/8100rpmの高回転まで回るまさにスポーツエンジンだった

 S660はあのビートの再来かと、ビートマニアだけでなく多くのホンダファンの期待を背負って世に送り出された。ボク自身もさまざまなシチュエーションの試乗会でステアリングを握り、また個人でもS660の広報車をお借りして日常的に試乗した。

 S660の楽しさは気軽にどこにでも出かけられ、軽自動車であるがゆえの独特な乗り味のなかに本格的ミドシップスポーツのハンドリングを併せ持っていることだ。富士スピードウェイの国際コースで全開ドライブした時も、トップスピードは速くないがコーナーをクリアするたびに快感を与えてくれた。群馬サイクルスポーツセンターの超ワインディングコースでは、モデューロXの上質な走りにも感動した。

■S660が生産を終了するわけ

 そんなS660の生産が終わるなんて……。どうしてホンダはS660を終了するのだろうか? すでにさまざまな理由がネット上にもあふれている。

 まず、はっきりしていることが、日本では世界に先駆けて2021年11月販売の新型車から「衝突被害軽減ブレーキ」の搭載が義務付けられたこと。いわゆるプリクラッシュブレーキなどと呼ばれる自動ブレーキのことだ。

 ただし、2021年11月から販売する新車ではなく新型車が対象であり、S660のような継続販売車両に関しては2025年12月まで猶予されるのだ。あと4年の猶予期間があるのに林先生じゃあるまいし、「今でしょ!」はどうよ? と言いたくなる。まぁ、先送りしない姿勢を評価するという見方もあるのだが。

 ホンダのほかの軽自動車には「ホンダセンシング」といって普通乗用車と同じレベルの安全装備が搭載されている。それをキャリーオーバーすれば問題は簡単に解決するように思われるかもしれないが、実はS660は専用開発されたプラットフォームを採用する。

S660はもともと自動車部品メーカーの八千代工業に生産委託され製造されていた。しかし、経営方針によりこのラインはホンダに買い取られ、2018年からホンダ100%子会社のホンダオートボディーとして再出発している。このあたりも影響があるのかもしれない

 なにせほかの軽自動車はFFのプラットフォームなのに対して、S660はミドシップの後輪駆動。つまりS660だけのためにMRの専用プラットフォームを設計したのだ。だからS660はスゴイ! しかし、このことによって簡単にほかの軽自動車の装備を移植することができない。

次ページは : ■ホンダeのコンポーネンツを利用してBEVの軽スポーツを作ってくれ!!