オラオラ顔で支持率アップ!? 三菱の功労車 デリカD:5が売れる5つの理由


■そうはいっても、課題もある

 また、デリカD:5のがっちりと作られたボディは、堅牢な箱に守られている「安堵感」を感じることができ、クルマが真面目に作られている様子が、よく伝わってくる。

 デリカD:5のディーゼルターボは、いずれはPHEVへと置き換えられるだろう。燃費や排ガス(デリカD:5のCO2排出量は205g/km)といった環境性能が十分とは言えず、デリカD:5は三菱車全体のなかで、足を引っ張ってしまっている状態。

 アウトランダーが新型へと切り替わった今、売れ筋であるデリカD:5も、追従するのではないかと予想している。

 また、燃費や走りの良さに隠れて気が付きにくいのだが、エンジンが原因の振動が結構ある。アイドリング中にハンドルが「ブルブル」、アイドルストップからのエンジン始動時のショックは「ガンッ」と大きめ、走行中のエンジン音も1500回転程度をキープするので常に「ガーガー」と聞こえる。

 「エンジンの振動やサウンドこそがデリカD:5だ」とも言えなくもないが、ライバル不在のコンセプトだけに、これらの課題をクリアして、ぜひ未来に残していってほしい。

【画像ギャラリー】アクの強さがやがて味となり、いまや三菱を支える功労者!! オフロード系ミニバン デリカD:5の魅力(11枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

ビッグネームが続々復活の情報捕捉!! ベストカー6月26日号

日本の自動車メーカーの2022年度3月期の連結決算が発表され、軒並み好調! クルマの販売も好調で、クルマへの関心が高まってきています。そんななか、発売中のベストカー6月26日号は新型フェアレディZの走行取材企画あり、スカイラインクロスオーバーやパジェロミニの復活登場のSCOOP企画あり、FRにスポットを当てた企画ありと盛りだくさん。「読み逃し」なく!! です。

カタログ