なぜっ!? 三菱デリカD:5が選べる仕様に制限アリ!! その裏にある事情とは?


 国産唯一のクロカン系ミニバンとして、熱狂的なファンを持つ三菱デリカD:5。2019年の大幅改良で採用された個性的かつ力強いダイナミックシールドデザインのフロントマスクが話題となったことも記憶に新しい。

 そんなデリカD:5は、現在、三菱自動車の公式サイトで販売車両の仕様を限定する旨のアナウンスがなされている。しかもグレードだけでなく、装着済みのオプションや色まで細やかに指定。さらにタイミングによっては注文が受け付けられないという記載まである。

 一体、デリカD:5に何が起こっているのだろうか。その事情を探った。

文/大音安弘
写真/MITSUBISHI、パジェロ製造、HONDA

【画像ギャラリー】ありがとう!パジェロ製造。パジェロと共にあった歴史を振り返る!!


■デリカD:5は生産拠点が移管されるため、注文できる仕様が限定的に

 迫力満点なミニバンはほかにもあるが、道を選ばぬ優れた悪路走破性まで備えるミニバンは、世界的に見ても珍しい。近年のアウトドア人気もあり、現在の三菱自動車の登録車で最も売れているモデルでもある。そんな看板商品であるデリカD:5は、現在、注文可能な新車の仕様を限定している。

 具体的には、グレードとオプションの組み合わせは、上級仕様を中心に16仕様に絞れられている。さらにボディカラーも一部制限があり、内装色はブラックのみ。そのうえで、注文のタイミングによっては、購入できない可能性があることも記されている。

三菱デリカD:5のホームページ。マイナー後、人気が復活した同車に選択できないグレードやオプションが発生という、不穏な内容の記載がある。何故この様な事が起きてしまったのか?

 グレードや仕様の絞り込みは生産終了の前に実施されるケースもあるだけに、このままデリカD:5が買えなくなるのでは!? という不安を頂いた筆者は、早速、三菱自動車工業に取材を行った。

 三菱自動車工業によれば、今回の仕様制限は、生産拠点の移管のためだという。つまり、一時的に、生産が中止となる。その背景には、2020年7月に発表された三菱自動車工業の新中期経営計画で掲げられた生産体制の適正化がある。

 その取り組みのひとつとして、パジェロ製造(岐阜県坂祝町)の2021年内の閉鎖が決定されたのだ。そのパジェロ製造は、デリカD:5唯一の生産拠点であったため、工場の閉鎖までに一定の台数を作り置きすることで、移管中のニーズをできるだけカバーしようというわけだ。

パジェロ製造(株)。岐阜県加茂郡坂祝町に本社・生産拠点を置き、パジェロを長年生産してきた。「パジェロの町」と言われるほど、パジェロやデリカD:5といった生産車は町の誇りであった

 そうなれば、当然人気仕様を中心に生産計画が立てることは必須。つまり、厳選された仕様は、デリカD:5の人気のものを厳選した結果である。

 気になる今後のデリカD:5だが、岡崎製作所に生産が移管される。その生産自体も、2021年12月より開始される予定なので、ファンは安心して欲しい。

パジェロと並ぶパジェロ製造での生産のメイン車種であったデリカD:5。今後は三菱自動車岡崎製作所に移管され、今年12月より生産が開始される

 またパジェロ製造の現状と今後についても触れておきたい。パジェロ製造ではデリカD:5の生産は、8月6日にて終了。すでに海外向けパジェロの生産も、7月2日に終了しているので、同工場でのデリカD:5の生産終了をもって、その78年にも及ぶ歴史に幕を閉じる。

日本のクロカンブームを築いたSUV(RV)の名車「パジェロ」。今年7月ついに輸出向け車両の生産も終了し、同クラスの日本車はランクルプラド以外消滅してしまった

 今後、工場は売却が予定されており、パジェロ製造の業務も全て終了となる。パジャロ製造は生産に特化した会社だったため、三菱自動車工業の拠点が残ることもないようだ。

■デリカD:5やパジェロを生産していたパジェロ製造とはどんな会社?

 ここで閉鎖となるパジェロ製造が、どんな会社だったのか、その歴史を少し振り返りたい。

 その原点は、1943年12月に創業した「東洋航機株式会社(岐阜市)」に始まる。当初は、航空機部品を作っていたが、1949年には、自動車車体の製造加工に転身。ここより自動車製造としての歴史が始まった。航空機部品を生存していたことからも、当時から技術力の高い会社だったことが伺える。

 自動車製造に転身後は、三菱ジープをはじめ、小型トラック「フォルテ」や現在の社名の由来となる歴代パジェロ、チャレンジャーなど、タフな三菱車たちの製造に携わった。

ジープの生産に始まり、のちに社名となるパジェロを始め堅牢な車両の生産を担ってきたパジェロ製造。国内の生産拠点の再編により、同社の様な特色ある企業が無くなるのは寂しい限りだ

 現在は、100%三菱自動車工業の子会社であるが、もともとは独立した会社であっため、三菱車以外の生産も請け負っていたこともある。意外な車種では、1984年より「シティカブリオレ」の一貫製造が挙げられる。この事実を知る人は、そう多くないだろう。

 また自動車以外にも、1962年より三菱電機のエスカレータートラスの製造も手掛けていたこともある。この柔軟な生産対応も、同社の技術の高さを象徴するエピソードといえよう。そんな同社の累計生産台数は、396万台にも及ぶ。そのうち325万台がパジェロを占めるというから驚く。

意外だが「シティカブリオレ」は同社で委託生産された。日本での車両生産華やかなりし頃、一般の生産ラインで対応困難な車両の多くが、少量生産を得意とする車体メーカーで委託生産された

 1995年より同社が「パジェロ製造」に社名を変更しているが、そこには単に三菱車生産中心である業務内容を示すだけでなく、名車パジェロを世界中に供給する同社の誇りを象徴するものだったに違いない。

次ページは : ■コロナ禍の中残念ながら生産終了。そのノウハウは三菱自動車へ受け継がれる

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ