温故知新で楽しいスポーツカーを!! 86とBRZの協業から見えた「AE86」の背中

温故知新で楽しいスポーツカーを!! 86とBRZの協業から見えた「AE86」の背中

 トヨタとスバルといえば最近は電気自動車の協業が話題だが、クルマ好きとしてはGR86とBRZのコラボに触れないワケにはいかないだろう。やみくもに速いだけのスポーツカーではなく、乗って楽しい、運転が上手くなるクルマを目指している。

 目指すは21世紀のAE86だったのだが、実は開発の陰には血と汗の結晶ともいうべき2社の協業体制があった。今回は2代目となる86&BRZの両車を一気乗りしてわかったコンセプト、そしてこの協業の今後に迫ります。

文/鈴木直也、写真/池之平昌信

【画像ギャラリー】モデルチェンジでAE86に近付いた!? トヨタ&スバルの血と汗の結晶 GR86&BRZを一気乗り!!(19枚)画像ギャラリー

■意外!? 実はトヨタが主体で動き出したプロジェクト

2021年10月に販売を開始した86改めトヨタ GR86

 トヨタとスバルの共同開発プロジェクトから生まれたクルマが86とBRZ。クルマ好きなら誰でも知っている事実だ。

 ところが、では「どちらがイニシアチブをとって造ったの?」と問うと、「エンジンは水平対向だし、生産はスバルの工場だし、やっぱスバルでしょ?」と思ってる人が意外に多い。

 もちろん、クルマの走りはプラットフォームやパワートレーンに大きく影響を受けるから、86/BRZにスバルのテイストが色濃く反映しているのは事実。でも、このプロジェクトは「言い出しっぺ」がトヨタだったというコトを忘れちゃいけない。

 キッカケは、2002年に80スープラが生産終了となって、トヨタからスポーツカーが消滅したこと。それを憂いた豊田章男副社長(当時)の発案から、FRスポーツのコンセプトスタディが始まっている。

 トヨタがスバル(当時は富士重工)株式の20%を取得する資本提携を行ったのは2005年5月だが、小型FRスポーツを復活させる活動はそれ以前から動き始めていたのだ。

 だから、86/BRZに関してはデザインも走りの味付けもトヨタ側が主で、自社ブランド用にBRZという派生モデルを造るスバルが従という認識が正しい。つまり「はじめに86ありき」なのである。

GR86よりひと足早く、2021年7月に販売を開始したスバル BRZ

 トヨタにとっての86は、そのネーミングのとおりAE86へのオマージュだ。

 頭文字Dによって伝説の名車みたいな扱いになっているが、もともとのAE86は若者が気軽に楽しめる安価なFRスポーツだった。

 AE86のシャシー性能はデビュー時点ですでに時代遅れだったが、低い次元でリアが滑り出すおかげでコントロール性が抜群。マンガでは「下り最速」に描かれているが、事実は最速というより最楽。早くはないが楽しいクルマだったのだ。

 初代86のCEだった多田哲哉さんは、そんなAE86のテイストを現代に蘇らせるために工夫を凝らした。

 標準タイヤにプリウスと同じエコタイヤ(ミシュラン・プライマシー)を履かせたのもそのためだし、モータースポーツベース車「RC」をほぼ200万円で用意したのも同じ理由。手軽に、楽しくを、強く意識していたように思う。

■『現代に蘇るAE86』の狙いは成功したのか

前モデルでは86よりもスタビリティ重視に仕上げられていたBRZ。現モデルではどうか?

 ただし、初代86のその試みが成功したかというと、ぼくは微妙だと認識している。

 たとえエコタイヤを履いていても、そもそも86のシャシー性能は高水準。21世紀のスポーツカーはそんなに簡単にテールアウトの姿勢をとったりしない。

 しかも、馬力は200psと十分ながらNAエンジンゆえにトルクが不足気味。最大トルク205Nmでは後輪のグリップを自在にコントロールするにはパンチが足りない。

 結果として、普通に乗ってる分にはけっこう楽しめるのだが、タイヤの限界に近づくにつれてスイートスポットが狭くなり、コントロールが難しいクルマとなっていた。

 サーキットで試すと、クイックなステア操作からオーバーステア状態に持ち込むのは簡単なのだが、そこから綺麗にドリフトアングルを維持しようと思うと意外に手強い。AE86のテイストを現代に蘇らせるのは、そんなに簡単じゃなかったのだ。

 これに対し、BRZの方は最初からスバルの伝統にしたがってスタビリティ重視に仕上げられたのが幸いしている。

 もちろん、BRZでもテールを振り出すのは可能だが、そのためには速いステア操作によるフェイントモーションをきっかけに使うなど、意図的に「コジッてやる」必要がある。

 だから、BRZを「クルマなり」に走らせると、安定してスムーズなグリップ走行に収斂する。サーキットだと刺激はあんまり感じないのだが、楽チンで速いのがBRZのキャラクターなのだ。

次ページは : ■モデルチェンジで乗り味はどうなった?

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ