新型フェアレディZ登場直前記念謎解き企画 「Z」はカルロス・ゴーンがいなければ消えていたか?

新型フェアレディZ登場直前記念謎解き企画 「Z」はカルロス・ゴーンがいなければ消えていたか?

 今から四半世紀ほど前の1990年代後半、倒産の一歩手前という状況にまで陥っていた、日産自動車。1999年にルノーの傘下に入ることになり、どうにか倒産を免れ、その経営を立て直すためにルノーから派遣されたのが、ご存じ、カルロス・ゴーン氏だ。

 当時、ルノー副社長だったゴーン氏の指揮のもと、車種の統廃合、大規模リストラ、村山工場の閉鎖など、過剰だったコスト体制をスリム化する「ニッサン・リバイバル・プラン」を実行。その結果、日産は見事なV字回復を遂げることができ、2002年、その復活を象徴するように「Z33型フェアレディZ」が登場する。

 フェアレディZはZ32型が2000年9月に販売終了となっており、一度その系譜は途絶えている。Z33の登場は、日産とZの復活を意味していた。このZの復活に関しては、「スポーツカーの開発どころではなかった日産は、フェアレディZの開発をストップしていたが、カルロス・ゴーン社長(当時)の指示により、開発を再開した」というストーリーが知られているが、フェアレディZはゴーン氏がいなければ消えていたのだろうか。

文:吉川賢一
写真:NISSAN

【画像ギャラリー】いまフェアレディZがあるのはゴーン氏のおかげ!? 世界に誇る日産の伝統スポーツモデル「フェアレディZ」(42枚)画像ギャラリー

Z復活はゴーン氏就任以前から始まっていた

 「ニッサン・リバイバル・プラン」というショック療法が功を奏し、日産は、2003年までの4年間で2兆円を超える巨額の借金を完済し、当初の予定より1年前倒しで目標を達成。その後「日産180」という中期計画が発表された。ちなみに、筆者はその「日産180」時代に、日産に開発エンジニアとして入社した一人だ。

 Z復活に関しては、筆者の入社前の話なので、その現場にいたわけではないが、ゴーン氏が日産のCOOに就任したのは1999年6月(2000年にCEO就任)のこと。Z33型フェアレディZのプロトタイプがワールドプレミアされたのは、2001年の1月であり、通常3年は要する新車開発、しかも肝入りのフェアレディZを、いくら豪腕ゴーン氏の指示であっても、たった1年半で登場させられるはずがない。

 もちろん、ゴーン氏が「GO」を出したからZ33が登場したことには違いないが、Zの次期型モデルに関しては、ゴーン氏のCOO就任以前から、開発内部で先行検討がなされており、その事前準備の成果とZ復活のシナリオを、企画担当者がゴーン氏に提案して「GO」サインをもらい、晴れてプロジェクトがスタートした、というのが本当のストーリーだろう。

日産が倒産の危機を脱しつつあった2002年登場したのが、Z33型フェアレディZ。日産の復活を象徴するように登場し、世界中のZファンによって温かく迎え入れられた。3.5リッターのV6 NAエンジンを搭載する2シータークーペ

Z33の先行検討車は、軽量な2.4リッター直4で開発されていた

 日産コレクションギャラリーによると、Z32型が登場してから5年後の1990年代半ば、後継Z のあり方を模索する検討が社内で進められていた、という。赤いボディのこの試作車は、左ハンドルのニッサン240SXをベースにワンオフで製作された。

日産がZ32の次期型モデル検討のためにワンオフで制作した先行検討車。おそらく、1996年頃には制作した思われる。1997年にはZの親である片山豊氏が、栃木テストコースで占有試乗した、と伝えられている

 余談になるが、通常、この手の先行試作車は、プロジェクトチームが発足する前、先行検討開発の段階で製作される。プロジェクトは一度スタートしてしまうと、余程のトラブルがない限り、スケジュールを止めることは許されないため、時間に余裕がある先行開発の段階で、クルマの基本諸元やパッケージング、駆動方式、パワートレイン選定、サスペンション形式、タイヤサイズの変更など、所望のアイテムを入れた試作車をつくる。ベース車を改造して一台試作するのに、軽く1~2億円はかかるため、何台もつくることはない。

 さて、このZ33の先行検討車の見どころは、エンジンが2.4リッター直列4 気筒のKA24DE 型エンジン(200psにチューン)を、フロントミッドシップに搭載してあることだ。Z32は、エンジンが重たい3リッターV6ツインターボ級であったことを考えると、フロントの軽量化を重点的に検証したかったのではないだろうか。Z32は流麗なスタイリングかつ、パワフルなエンジンではあったが、その重さはハンドリング的には面白くない。

 筆者の想像だが、Z33の先行検討車の開発担当は、適度なパワー感の軽量エンジンで、もっとコントローラブルな2ドアクーペにしたかったのだろう。残念ながら、市販されたZ33型では、Z32に対してエンジンの排気量を500ccアップした、3.5リッターV6エンジンという、真逆の結果になってしまったが、それでこそ、先行検討をした甲斐があったといえる。Zを多く買ってくれるアメリカ人好みの、「Zにはやはりパワーが必要だ」という意見が重要視された、ということだ。

 ちなみにこのZ33の先行検討車は、20 年以上にわたり日産社内で保存されていたそうで、2019年に社内の試作部門によって、当時の姿を取り戻した。日産本社ギャラリーで展示もされたそうだ。

次ページは : 今回の「復活」でもZがイメージリーダーに

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ