飛躍アルファードと失速ヴェルファイア…運命を分けた理由と未来

飛躍アルファードと失速ヴェルファイア…運命を分けた理由と未来

 2021年、最も売れたクルマとなったのは「ヤリス」だった。2番目が「ルーミー」、3番目が「カローラ」、そして、4番目に売れたクルマが「アルファード」だった。アルファードは2021年、2020年の90,748台(5位)を上回る95,049台を売り上げており、まだまだ躍進しつづけている。

 しかし、このアルファード躍進のうらで、兄弟車である「ヴェルファイア」の失速が加速している。2020年は18,004台を売り上げたヴェルファイアだが、2021年は6,742台と、アルファードとは、なんと14倍もの差がついてしまった。

 モデル廃止もささやかれているヴェルファイアだが、ここまで落ち込んでしまうと、それも現実味をおびてくる。はたして、ヴェルファイアに未来はあるのか。失速の理由とともに、考察していく。

文:吉川賢一
写真:TOYOTA

【画像ギャラリー】飛躍のアルファードと、失速したヴェルファイア、明暗を分けた理由と未来(32枚)画像ギャラリー

フェイスチェンジが失速のきっかけに

 アルファードの初代モデルが登場したのは2002年5月のこと。2008年5月には2代目へとモデルチェンジをし、このアルファードのモデルチェンジのタイミングで、ネッツトヨタ店向けとして売られていた「アルファードV」の後継モデルとして登場したのが「ヴェルファイア」だ。

 法人顧客の多いトヨペット店の専売ブランドだったアルファードは、フロントマスクは比較的落ち着いた雰囲気を持たせることとなった一方、ヴェルファイアは若者や女性をターゲットとしたネッツ店の顧客に合わせて、艶やかで派手なフロントフェイスとし、存在感の強い路線を邁進。

 その狙い通り、ヴェルファイアは若者の支持を得て販売台数を伸ばし、2017年ごろまでは、常に1万台~2万台ほど、アルファードよりも多く売れていた。だが、2018年5月のマイナーチェンジ以降、ヴェルファイアは大きく失速していく。

 清潔感とチョイ悪の要素が混ざった「清楚な厳つさ」をもったフェイスとなったアルファードに対し、ギラギラ感がさらに増したフェイスとなったヴェルファイアは、「やりすぎ」感があったのだろう。アルファードは、2列目が広く快適であることから、送迎車としても使われることが多いが、若さ溢れるやんちゃなフェイスのヴェルファイアではそうはいかなかった、という理由もあるかもしれない。

2018年のマイナーチェンジでは、3.5リッター車に新開発の直噴エンジンと新開発のダイレクトシフト8ATを搭載、最上級グレードに「エグゼクティブラウンジ」を設定するなど大改良された

ネッツ店の顧客もアルファードを選べるようになったことが追い打ちに

 また、2020年5月以降のトヨタ販売系列の全店併売化もヴェルファイアに追い打ちをかけた。アルファードとヴェルファイアは、ボディサイズや価格帯、装備などは原則一緒であったが、アルファードが、よりイメージのいい高級志向のトヨペット店専売車であったこと、そして何より、前述の理由でアルファードが「人気車」となったことで、ヴェルファイアよりも、アルファードを選ぶ人が多くなってしまったのだ。

 ネッツ店の顧客もアルファードを選べるようになったことは、ヴェルファイアにとってつらいことだった。

2017年までは、ヴェルファイアが登録台数は多かった。だが2018年のビッグマイナーを機に人気が逆転。その後は差が開き、2021年1-12月は、アルファードが95,049台/ヴェルファイアが6,742台と、約14倍もの差がついた

 さらにヴェルファイアは、2021年4月の商品改良で、300万円台で購入できるエントリーグレードを廃止し、2WDガソリン車の「ゴールデンアイズII」(424万円)と、4WDハイブリッド車の「ゴールデンアイズII」(508万円)の2グレードのみに絞られた。中級グレードにオプション装備を追加したお買い得なグレードではあるが、エントリーグレードがなくなったことで、アルファードとの差が鮮明となり、ヴェルファイアは、冒頭でふれたような無残な状況となってしまったと考えられる。

2021年12月時点のヴェルファイアは、ガソリン車の「ゴールデンアイズII」(2.5L、2WD)と、ハイブリッド車の「ゴールデンアイズII」(2.5Lハイブリッド_4WD)のみのラインアップへとなっている

次ページは : 一方で、中古車需要は高騰

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ