カローラクロスとヴェゼルのガチンコ対決!! 今もっともイケてるSUVはどっちだ!?

ヴェゼルがSUV販売1位のカローラクロスに勝った!? カローラクロスvsヴェゼルのバリュー比較

 手ごろなサイズのSUVとして人気のカローラクロスとヴェゼル。新車購入にあたって迷っているユーザーも多いはずだ。

 双方ともハイブリッドが選択可能で、商品力は極めて高い。この2台のガチンコ比較を渡辺陽一郎氏にお願いしたぞ!

文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】どっちの車ショー開幕!! カローラクロスvsヴェゼル 魅力あふれるこの2台 あなたのご注文はどっち!?(14枚)画像ギャラリー

■ボディスタイル/サイズ/視界/取りまわし性比較

カローラクロスのボディサイズはヴェゼルよりも大柄だが最小回転半径は小さく取り回しには優れている

 カローラクロスの外観は、SUVの典型だ。リヤゲートの角度を立ててワゴン風に仕上げた。ヴェゼルは逆にリヤゲートを寝かせて、5ドアハッチバック風に見せている。両車ともにボディスタイルが水平基調だから視界は良好だ。

 カローラクロスのボディサイズは、全長が4490mmで全幅は1825mmだ。ヴェゼルは4330mm・1790mmだから、カローラクロスよりも少し小さい。

 しかし最小回転半径は、カローラクロスは全グレードが5.2mに収まり、ヴェゼルで売れ筋のe:HEV・Zは5.5mで大回りになってしまう。取りまわし性はカローラクロスが優れている。

●カローラクロスの勝ち

■内装のデザイン/質感/視認性/操作性比較

 インパネは両車ともに水平基調で、エアコンのスイッチは高い位置に装着されて使いやすい。ATレバーの操作性も良い。機能的には両車ともに同等だが、インパネ周辺の素材や装飾類は、ヴェゼルが上質に仕上げた。

●ヴェゼルの勝ち

■前後席の居住性比較

リラックスした乗車姿勢がとれるヴェゼルの前席

 前席の座り心地は、カローラクロスが腰をしっかりと安定させる感覚だ。ややスポーティに仕上げた。ヴェゼルはカローラクロスに比べると、リラックス感覚を重視している。両車ともに腰から大腿部を確実に支えており、前席の居住性に大きな差はない。

 後席はヴェゼルが快適だ。特に足元空間が異なる。身長170cmの大人4名が乗車した場合、後席に座る乗員の膝先空間はカローラクロスが握りコブシ2つ弱で、ヴェゼルは握りコブシ2つ半に達する。

 カローラクロスの後席にも大人が快適に座れるが、ヴェゼルの足元空間はCR-Vと同等に広い。座り心地も適度に柔軟だ。前述の通りヴェゼルは内装も上質だから、コンパクトSUVでありながらミドルサイズ並みの居住性を備える。

●ヴェゼルの勝ち

■荷室の広さとシートアレンジの使い勝手比較

カローラクロスのラゲッジスペース。リアゲートの角度を立てたので背の高い荷物も積みやすい

 後席と荷室のシートアレンジはヴェゼルが多彩だ。燃料タンクを前席の下に搭載するから、後席を床面へ落とし込むように小さく畳める。この時にはボックス状の空間に変更できる。またヴェゼルでは、後席の座面を持ち上げると、車内の中央に広い空間ができて背の高い荷物も積める。

 一方、後席を使った状態の荷室容量は、カローラクロスが大きい。荷室長(荷室の奥行寸法)は、後席を使った状態で849mmを確保した。ヴェゼルの荷室長を上まわる。ヴェゼルは前述のように後席の足元空間を広げたので、荷室長はカローラクロスよりも短くなった。

 またカローラクロスはリヤゲートの角度を立てたから、寝かせたヴェゼルに比べると、背の高い荷物を積みやすい。ヴェゼルはシートアレンジが多彩だが、荷室の実用性はカローラクロスが上まわる。

●カローラクロスの勝ち

■動力性能&加速フィーリング比較

エンジンで発電してモーターが駆動を担当するe:HEVを採用したヴェゼルは立ち上がりが機敏な上に滑らかに加速する

 カローラクロスには1.8Lのノーマルエンジンとハイブリッドが用意されるが、販売総数の90%近くをハイブリッドが占める。ハイブリッドを選ぶと、燃料代を燃費数値上ではノーマルエンジンの55%に収めることが可能だ。

 しかもハイブリッドとノーマルエンジンの価格差を売れ筋グレード同士で比べると35万円に抑えた。ハイブリッドは購入時に納める税額も約10万円安いので、実質差額は25万円に縮まる。

 そこでレギュラーガソリン価格が160円/Lで計算すると、5万kmを走ると25万円の実質差額を取り戻せる。

 ハイブリッドはエンジンノイズも小さく、100V・1500Wの電源コンセントも4万4000円でオプション装着できるから、ハイブリッドが売れ筋になった。駆動方式もノーマルエンジンは前輪駆動の2WDのみになる。

 ヴェゼルもハイブリッドのe:HEVが主力だ。1.5LのノーマルエンジンはベーシックなGに限られるため、販売総数の90%以上をe:HEVが占める。そこでハイブリッド同士で走りを比べる。

 加速が滑らかなのはヴェゼルだ。e:HEVでは、通常はエンジンが発電機を作動させ、駆動はモーターが担当する。そのためにアクセル操作に対する動力性能の立ち上がりが機敏で、その後の加速は滑らかだ。カローラクロスのハイブリッドも洗練を重ねて不満はないが、ヴェゼルのe:HEVには上質感が伴う。

●ヴェゼルの勝ち

次ページは : ■走行安定性&操舵フィーリング比較

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ