新型軽EVが「生」で幕張メッセに登場!! 三菱&日産軽EVの実力と可能性

新型軽EVが「生」で幕張メッセに登場!! 三菱&日産軽EVの実力と可能性

 日産が「2022年度初頭に発売」としている、軽サイズのバッテリーEV。この三菱版にあたると思われる軽EVコンセプトカー「K-EV concept X Style」が、先日開催された東京オートサロン2022で展示されていた。

 驚いたのは、専用エクステリアが与えられるとされている日産版とは違い、K-EV concept X Styleは、現在市販されている「eKクロス」と同じエクステリアだったこと。三菱版軽EVには、専用エクステリアが与えられないのか!?

文:吉川賢一
写真:MITSUBISHI、NISSAN、エムスリ―プロダクション

【画像ギャラリー】東京オートサロン2022で展示された三菱「K-EV concept X Style」と東京モーターショー2019で登場した日産「IMk」、かつて販売されていた三菱の軽EV「i-MiEV」(30枚)画像ギャラリー

市販版も、eKクロスのエクステリアで登場か

 三菱と日産の合弁会社「NMKV」で企画開発が進められてきた、軽規格のバッテリーEVは、駆動用バッテリーの総電力量が20kWhと、日産リーフ(40kWh)の約半分のサイズとなったが、軽サイズの軽いボディのおかげで、日常での走行に充分な容量を確保。また、万が一の停電の際には、蓄えた電力をV2H機器を介して家庭へ供給するという、非常用電源としても活用できる。

 最新の運転支援機能やコネクティッド機能ももちろん備わり、価格は、実質200万円からとなる見込みだという。

 今回の東京オートサロン2022で登場した「K-EV concept X Style」のエクステリアデザインは、細かいところでは、マットブルーとカッパーの2トーンの専用カラーや、フロントのメッシュグリルの穴のスムーズ化、フロントバンパーのフォグランプ形状や、フロントフェンダーの「EV」専用ロゴ、新意匠のホイールなど、eKクロスとの違いは何か所かあるが、それ以外はほぼ同じ。

 この点について、三菱自動車商品戦略本部CPSチーム商品企画担当マネージャーの佐藤大介氏に尋ねたところ、「(軽EVを)このままの姿で出すのかは、この場ではお答えできませんが、三菱では軽EVを特別視せずに、人気のスタイリングでお客様へ提供することが重要と考えています。」とのこと。

 フロントグリルのカラーを変えるなどはあり得るだろうが、日産の軽EVとは違い、三菱の軽EVはどうやらこのままで登場するようだ。車名は、「eK X(クロス) MiEV」になると予測しておこう。

 日産版の軽EVには一部で「サクラ」という車名が与えられるのではないか、と報じられているが、正式なアナウンスはまだ。これについても新情報が入り次第、続報をお知らせする。

駆動用バッテリーの総電力量は20kWh、日産リーフ(40kWh)の約半分のサイズだが、軽サイズの軽いボディのおかげで、日常での走行に充分な容量を確保している
駆動用バッテリーの総電力量は20kWh、日産リーフ(40kWh)の約半分のサイズだが、軽サイズの軽いボディのおかげで、日常での走行に充分な容量を確保している

 インテリアに関しては、ウィンドウに濃いスモークが貼られており確認することができなかったが、バッテリーEV専用のメーター表示計に交換されるだろう。eKクロスやeKクロススペースではメーカーオプションだった三菱版のプロパイロット「マイパイロット(MI-PILOT)」や、オートホールド付電動PKBが標準搭載となるのかも注目したいポイント。

 日産版はというと、東京モーターショー2019で登場した、日産の軽EVのコンセプトカー「IMk」のインテリアは、タッチパネル付の2スポークステアリングホイールや、ファブリック調のインパネ表面素材、メーターやインフォテイメントモニターはダッシュボードに埋め込まれているなど特徴的だったが、市販型でどこまで再現できるのかは大いに期待したいところだ。

2019年東京モーターショーで登場した日産のコンセプトカー「IMk」のインテリア。スイッチ類を無くし、ファブリック調のインパネ表面素材にして、メーターやインフォテイメントモニターはダッシュボードに埋め込むなど、先進的だった。市販型ではどこまで再現できるのだろうか
2019年東京モーターショーで登場した日産のコンセプトカー「IMk」のインテリア。スイッチ類を無くし、ファブリック調のインパネ表面素材にして、メーターやインフォテイメントモニターはダッシュボードに埋め込むなど、先進的だった。市販型ではどこまで再現できるのだろうか

次ページは : バッテリー容量は「軽の使い方」を考慮して

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ