R32、R34GT-R暴騰の影でR35GT-Rの最安値500万円台! はたして買っても大丈夫?

R32、R34GT-R暴騰の影でR35GT-Rの最安値500万円台! はたして買っても大丈夫?

 そろそろ耳にタコができている話題かとは思うが、「第2世代GT-R」の中古車相場が大変なことになっている。

 一番人気であるR34型スカイラインGT-Rは最安値でも約1200万円、最高値になると約3500万円という「……ところで誰が買うんだ?」という相場。

 そしてR32型GT-Rも最安値の個体こそ500万円前後だが、状態の良い個体は1200万円以上がザラとなる。さらに、昔はいまいち人気薄だったR33型GT-Rも800万~1000万円付近のゾーンが中心だ。いやはや……。

 そんななか「けっこう現実的なGT-R」だったのが、2007年12月に登場した“スカイライン”の冠が外れたR35型日産 GT-Rだ。

 ではR35型GT-Rの中古車相場はどうなのか? 数年前に300万円台後半から見つけることができたが、今では500万円台が最安値となっている。

 そこでその500万円台の激安GT-Rは買っても大丈夫なのか?買って安心できるのはいくらくらいからなのか、GT-R専門店に徹底取材した!

※本稿は2022年2月執筆のものです。記事中の中古車相場は執筆当時のものになります
文/伊達軍曹、写真/伊達軍曹、日産

【画像ギャラリー】ラグジュアリーモデルからサーキットモデルまで!バラエティー豊かなR35 GT-Rをギャラリーでチェック(15枚)画像ギャラリー

■R35GT-Rの進化と相場

VR38DETT型3.8L、V6ツインターボでその最高出力は当初480psだった。マイナーチェンジ後550psとなる
VR38DETT型3.8L、V6ツインターボでその最高出力は当初480psだった。マイナーチェンジ後550psとなる

 R35GT-Rに搭載されているエンジンはVR38DETT型3.8L、V6ツインターボで、その最高出力は当初480ps。

 2008年12月からは微妙に上がって485psとなり、2010年11月のマイナーチェンジで530psに。さらに2011年11月発売の2012年モデルからは550psとなった。

 2016年7月に発売された2017年モデルではさらに全方位的な進化を遂げ、3.8L、V6ツインターボエンジンは、「GT-R NISMO」の技術を生かした気筒別点火時期制御の採用などにより570psをマーク。

 改良型6速DCTとの組み合わせにより、中速~高速域の加速はさらにスムーズになっている。

 これまでに販売されたR35型日産 GT-Rの主なグレードは下記のとおりだ。

●ベースグレード:いわゆる標準車。2016年7月の改良で「Pure edition」「Black edition」「Premium edition」に名称と内容を変更
●Spec V:2009年2月から2011年11月まで販売された、「ハイギヤードブースト」やブレンボ製カーボンセラミックブレーキ等々を採用したグレード
●Club Track edition:2010年7月に受注受付が行われたサーキット走行専用グレード
●EGOIST:2010年11月のマイナーチェンジ時に発売された上級グレード
●NISMO:2013年11月に発表された、レース活動での知見を生かしたモデル。VR38DETTエンジンに「GT3タービン」を搭載することで最高出力は600psに

 このほかにもさまざまな特別仕様車があるわけだが、キリがないのでそこは省略し、直近の「年式別中古車相場」を見てみることにしよう。

●2007年式:550万~1250万円
●2008年式:560万~1600万円
●2009年式:650万~1800万円
●2010年式:700万~2500万円
●2011年式:800万~1100万円
●2012年式:750万~1000万円
●2013年式:900万~1200万円
●2014年式:930万~1100万円
●2015年式:1000万~1600万円
●2016年式:1100万~1700万円

 2017年式以降は流通量が極端に少なく、価格も「ASK」となっているものが大半であるため、相場は一応、「不明」ということにさせていただく。

 実際には2018年式のPure editionで1500万円前後となる場合が多いようだ。

 だがそれにしても……R35型GT-Rも高くなったものである。

 いや、2011年モデルからの後期型は以前から高かったわけだが、前期型であれば、今から約1年前の調査では「車両300万円台」からR35型GT-Rを見つけることはできた。

 それが、その後のたった約1年で「最安値でも500万円台」という相場に変わってしまったのだ。いやはや……。

 とはいえ車両500万円台であれば、日産 GT-Rという車のクオリティから考えれば“割安”ととらえることはでき、身の回りのさまざまなモノを質屋に売り払えば(?)買えなくはない気もする。

 R34型GT-Rの3500万円というのは天地がひっくり返っても(筆者には)出せない金額だが、500万円台ならぎりぎりイケるはずなのだ。

●500万円台のR35型GT-Rの中古車情報はこちら!
●600万~700万円のR35GT-Rの中古車情報はこちら!
●700万~800万円のR35GT-Rの中古車情報はこちら!
●800万~900万円のR35GT-Rの中古車情報はこちら!
●900万~1000万円のR35GT-Rの中古車情報はこちら!

次ページは : ■スポーツカー専門店『GTNET埼玉』に取材

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ