大型トラックやバスの車輪脱落事故を防げ! なぜこの10年で激増したのか?

大型トラックやバスの車輪脱落事故を防げ! なぜこの10年で激増したのか?

 令和2年度の大型車の車輪脱落事故は、平成11年度からの統計上最多となり、平成23年は11件だったのが令和2年には131件発生と12倍に急増している。一歩間違えれば大きな事故につながるため、これは見逃せない。

 なぜこのような車輪脱落事故が発生するのか? その原因や、どのような対策を講じれば防げるのかを筆者が日本自動車工業会(自工会)に質問状を送った回答から考察する。

文/諸星陽一、写真/自工会、トビラ BlackMediaHouse@Adobestock

【画像ギャラリー】10年間で12倍!!! 大型車の「車輪脱落事故発生状況(令和2年度)」を写真でチェック(10枚)画像ギャラリー

■脱落していたのはタイヤではなく、タイヤが組まれたホイール

 事の発端は昨年末の朝日新聞に掲載された「タイヤ脱落 10年で12倍」という見出しの記事であった。この記事を目にしたベストカーWeb編集部から私に記事の依頼があったのだが、何しろトラックのタイヤという、普段ほとんど触れることのない内容であったので、取材に少々手間取り、年を越しての執筆となった。

車輪脱落事故発生状況(令和2年度)年度別の大型車の車輪脱落事故の発生件数(過去10年間)。車輪脱落事故が10年で12倍になった
車輪脱落事故発生状況(令和2年度)年度別の大型車の車輪脱落事故の発生件数(過去10年間)。車輪脱落事故が10年で12倍になった

 新聞記事ではタイヤ脱落となっているが、正確には脱落したのはホイールである。読者にわかりやすく、ということで新聞記事ではタイヤ脱落という見出しをつけているのだろうが、タイヤは脱落していない。あくまでも脱落したのはタイヤが組み込まれたホイールであって、タイヤメーカーにしてみればいい迷惑であるともいえる見出しだ。

 ネット上などを飛び交うさまざまな情報のなか、いくつか気になったものがある。そこで日本自動車工業会(自工会)に質問状を送った。この返答に時間がかかったのが今回の記事の掲載が遅れた主な理由だ。

■脱落は左側後輪が95%と圧倒的に多い

 まず、第一に気になったのがホイールを締結しているナット。従来、トラックのホイールナットは右側が正ネジ、左側が逆ネジを使っていたという。これはホイールの回転によってナットが緩まないようにするためだ。

 しかし、現在は規格が変わって、車両総重量10t以上の大型車と中型車の10穴もしくは8穴ホイールは、ISO規格が適用されるので全輪で正ネジを使用。中型車、小型車で6穴もしくは5穴ホイールはJIS規格が適用され、従来どおりの右側は正ネジ、左側は逆ネジを使っている。

 実はホイール脱落は左側後輪が95%と圧倒的に多く、この逆ネジ採用が関係しているのではないかというウワサが飛び交っているのだ。左側通行においては同じ場所のカーブでも左カーブは回転半径が短く、右カーブは回転半径が長くなる。このため右カーブでは走行速度が速くなるとともに、車輪に掛かる横力も高くなり、左側車輪の負担が大きくなるという話もある。

車輪脱落事故発生状況(令和2年度)事故発生車両の車輪脱落箇所。左後輪が125/131件と全体の95%を占める
車輪脱落事故発生状況(令和2年度)事故発生車両の車輪脱落箇所。左後輪が125/131件と全体の95%を占める

 自工会によれば、確かに左側車輪の脱落が多いことは事実で、従来のJIS方式でも脱輪事故の約7割が左側で発生しているとの回答。これに対しては適切な整備が行われていれば防げるトラブルであるという回答であった。

次ページは : ■令和2年度の脱落事故の現状と傾向を探る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ