新型アウトランダーPHEV販売好調!! 「全部盛り」の中身と懸ける意気込み

新型アウトランダーPHEV販売好調!! 「全部盛り」の中身と懸ける意気込み

 三菱の新型アウトランダーPHEVが好調に売り上げを伸ばしている。2021年10月28日に先行受注を開始して、2022年2月5日における受注台数は1万台を超えた。1か月の販売目標は1000台だから、約3か月で10か月分の受注を獲得したことになる。

 先代アウトランダーは2012年の末に登場したから、9年ぶりのフルモデルチェンジになる。そこを考えれば、3か月で1万台の受注も納得できるが、三菱の販売店は全国に約550箇所と少ない。トヨタの約4600箇所に比べると12%、ホンダの約2200箇所と比べても25%に留まる。

 加えて現行アウトランダーは、ノーマルエンジンを用意しない。プラグインハイブリッドのPHEVのみだから、売れ筋価格帯は490万~540万円に達する。販売店の数が限られ、価格が高いことも考えると、3か月で1万台の受注は立派な数字といえる。

 この新型アウトランダーPHEV、どこがいいのか。本当にいいのか。中身をじっくり見ると、どうも「全部盛り」と言っていいほど気合が入っているもよう。好調の理由と実力をあらためてじっくり紹介します。

文/渡辺陽一郎
写真/池之平昌信

【画像ギャラリー】流行りのSUVで突然の降雪にも災害にも強く、走りも使い勝手もいい!! …たしかにこれは、もっと売れてもいい気が……(26枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号