新型登場は2022年秋!! 「復活」が得意なシエンタの実力と次期型への期待

新型登場は2022年秋!! 「復活」が得意なシエンタの実力と次期型への期待

 かつては、アクアやプリウスなどにならんで、トヨタのトップセラーモデルのひとつだった、5ナンバーサイズミニバン「シエンタ」。しかし、2020年頃からその人気に陰りが見え始め、現在はライバルであるホンダフリードの後塵を拝す状況となっている。

 市場奪還のためには、次期型の登場が待ち遠しいシエンタ。現行型の魅力を振り返りつつ、次期型への期待について、考察する。

文:立花義人、エムスリープロダクション
写真:TOYOTA、HONDA

【画像ギャラリー】次期型で王座奪還を目指すトヨタ「シエンタ」と、ライバルのホンダ「フリード」(23枚)画像ギャラリー

現行型でヒットモデルに駆け上がった

 初代シエンタの登場は2003年のこと。3列シート、7人乗り、両側スライドドアと、ミニバンとしての魅力を盛り込みつつ、ミドルサイズミニバンのノアやヴォクシーよりも小型でボンネットも長く、トールワゴンに近いスタイリングで登場した。

 「トヨタ最小の両側スライドドアミニバン」というくくりで言えば、ダイハツ・アトレー7のOEM「スパーキー」というモデルが前身にあたるが、これとはコンセプトが異なるため、トヨタ車としては全くの新規モデル。ただ、同コンセプトでライバルのホンダ モビリオが2001年に登場しているため、そのフォロワー(後追い)ではあった。

 柔らかい表情の丸形ヘッドランプやクリーンなイメージの外観は、ヴィッツやカローラなどからステップアップしたい人に違和感なく受け入れられる親しみやすさがあった。「女性でも運転しやすそう」というイメージはこういうクラスにとって大切だ。

 初代は2010年に一旦販売を終了したものの、翌2011年にはマイナーチェンジを伴って販売再開。アクティブな外観を持つ新設定の「DICE」も登場し、カッコよさも求めたい男性のニーズにも応えた。

 その後、2015年に現行型となる2代目が登場。コンセプトは「ユニバーサルでクールなトヨタ最小ミニバン」。アクティブで機能的な内外装デザイン、ファーストカーとしても十分な上質感と存在感。初代登場から12年の時を経て、しっかりユーザーの声に応える魅力的なモデルに生まれ変わった。

 SUVモデルが人気の時代ではあるが、ファミリー層にとっては、やはりミニバンの使い勝手は魅力的だ。都市部でも扱いやすいサイズで経済的なモデルとなると、さらに魅力は増す。シエンタはそんなニーズにビシッと応えたモデルだった。

初代シエンタ。現行型とは随分印象が異なるやわらかいデザインだ
初代シエンタ。現行型とは随分印象が異なるやわらかいデザインだ

次ページは : ファミリーユースのツボを徹底的におさえた

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します