アクア ノート フィット ヤリス… 魅力的なモデル目白押しのカテゴリーで探す!! コスパ最強のコンパクトカー7選

魅力車目白押しのカテゴリーで探す!! コスパ最強のコンパクトカー7選

 何事もコスパを考慮すると得するし人生楽しくなる。やっぱりコスパ大事。そしてそれはクルマを買う時も同じ。

「私は絶対あのクルマ!」とモデルを決めて購入するのももちろんアリだが、その前に「コスパのいいモデル」を念頭に入れてのクルマ選びもいいものです。

 というワケでコスパの分析ならこの人、「コスパの鬼」の自動車評論家 渡辺陽一郎氏が、「物凄くコスパのいいクルマ&グレード」を選出、そのクルマの魅力と「コスパがいいワケ」を説いていく。必ずや役立ちます!!

※本稿は2022年2月のものです。記事中の各値引き目標額はひと声値引きで流通ジャーナリスト 遠藤徹氏調べ。地域や店舗、時期などによって変動しますので、あくまで目安としてください。
クルマ選出&文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年3月10日号

【画像ギャラリー】迷ったらコレ!!! コスパが決め手のお買い得コンパクトカー7選(16枚)画像ギャラリー

■数が多いだけに比較が難しいコンパクトカー 最初の「推し」はトヨタ アクア

販売台数でトップ争いを見せるトヨタ アクア。装備充実で価格は高くなるが、「Zグレード」が推し

 まず推したいのはハイブリッド専用車のアクア。

 このモデルには4種類のグレードがあり、全車に100V・1500Wの電源コンセントを標準装着している。

 ほかの車種では、4万4000円のオプション設定が多い。これだけでもコスパがいいことがわかる。

 アクアの買い得グレードは最上級のZだ。

 中級のGに5万円相当のアルミホイール、11万円でオプション設定されるバイビームLEDヘッドランプ、3万8500円の10.5インチディスプレイなど総額22万円相当の装備を加えて、価格上昇は17万円に抑えている。ZはGに比べて5万円割安となる。

 また、Gを選んでバイビームLEDヘッドランプと10.5インチディスプレイを加えると、オプション価格だけで約15万円に達する。

 それならさらに2万円を加えて、アルミホイールなども装着されるZに上級化したほうが割安だ!

 さらにアクアは、売る時のことを考えてもコスパよし! 特に数年後に売却する時の査定は、走行距離や年式に加えて、主にグレードで判断される。

 中級のGに複数のオプション装備を加えるよりも、すべて標準装着するZを選んだほうが高値で売却しやすい。

 Zはさまざまな点で買い得だから、売れ筋グレードになっており、アクア全体の31%を占めている。

■日産 ノートオーラ。2WDで最上級の「ニスモ」がコスパ最強

 続いてのオススメのモデルはノートオーラのニスモグレード。ノートシリーズで装備と価格のバランスを見ると、上級グレードほど買い得になる。

 まずノートオーラGの価格は、ノートXよりも42万3500円高いが、この内の26万円分は、ノートXにオプション設定されるLEDヘッドランプや後側方車両検知警報などの標準装着化により埋まってしまう。

 そうなるとノートに比べてノートオーラの内外装は上質で、動力性能や走行安定性が向上しているので、その対価は価格差の42万3500円から装備差の26万円を差し引いた16万円に収まる計算になる。ノートXよりもノートオーラGが割安ということになる。

 そしてノートオーラGのレザーエディションは、本革シートと後席のセンターアームレストを装着して、価格上昇を8万9100円に抑えた。従ってノートオーラGよりも、同レザーエディションは、さらに割安になる。

 話はここで終わらない。そのノートオーラGレザーエディションの価格に17万500円を加えると、スポーツモデルのノートオーラニスモを買えるのだ。

 ノートオーラニスモは、エアロパーツを装着して、タイヤもミシュランパイロットスポーツ4に上級化される。内装ではシートなどが専用タイプに変わり、足まわりやドライブモードの切り替えも専用設定になる。

 これだけの内容が約17万円の上乗せで手に入るなら格安! ゆえに推しグレードはノートオーラニスモだ。ノートオーラ全体の20%をニスモが占めていることでも、人気具合がわかるというものだ。

次ページは : ■ホンダ フィットはe:HEVホームならお得に買えて満足できる

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ