ヤリスクロス ライズ CX-3… 100万円台で購入できる! クルマの魅力とカーライフを満喫できるオススメコンパクトSUV 6選

ヤリスクロス ライズ CX-3… 100万円台で購入できる! クルマの魅力とカーライフを満喫できるオススメコンパクトSUV 6選

 軽自動車でも200万円を超えるクルマが増えてきた今、新車は200万オーバーじゃないと「いいクルマは買えないのでは?」と思っている人も多いかもしれない。

 しかし断言しよう、100万円台の価格で魅力的なクルマはたくさんある! 人気のSUVだって、個性が光る魅力的なクルマがイロイロ選べるのだ。

 それらの中から、SUVとしての魅力を満喫できるオススメ車をチョイス!

※本稿は2022年2月のものです。本企画内の値引き額は遠藤徹氏調べ。値引きはグレード、地域などにより変動しますので目安としてください
文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年3月26日号

【画像ギャラリー】最安グレードを狙うか? お薦めできるグレードは? 100万円台で楽しめるコンパクトSUVを探す!!(22枚)画像ギャラリー

■ヤリスクロス ライズ CX-3 人気のコンパクトSUVからオススメモデル・グレードをチョイス!

トヨタ ヤリスクロス(価格帯:179万8000〜281万5000円)。オススメグレードはX(1.5Lガソリン/FF・189万6000円)。1.5Lガソリン車のXはベーシックグレード。ハイブリッド車は200万円オーバーになる ●値引き目標:19万円

 コンパクトSUVには価格を100万円台に設定したグレードも多い。

 SUVのボディはワゴンに準じた形状で、運転しやすいサイズでも車内は相応に広い。ファミリーカーとしても使えて合理的だ。

 販売が最も好調な車種はヤリスクロス。

 2021年には1カ月平均登録台数が約8700台に達して、SUVの最多販売車種になった。

 1.5LノーマルエンジンのXは、衝突被害軽減ブレーキ、運転支援機能、ディスプレイオーディオなどを標準装着して価格は189万6000円だ。

 ライズの全長は4m以下だが、後席と荷室に相応の広さがあって家族でも使える。

 外観には悪路向けのSUVに通じる存在感が伴い、コンパクトで低価格だが、本物感を味わえる。

 1.2LノーマルエンジンのGには、LEDヘッドランプやアルミホイールを標準装着して価格を抑えた。

マツダ CX-3(価格帯:189万2000〜321万2000円)。オススメグレードは15Sツーリング(FF・199万1000円)。エンジンは1.5Lガソリンと1.8Lディーゼルが設定され、ガソリン車の価格は割安だ ●値引き目標:23万円

 CX-3はコンパクトなSUVながらも内装が上質で、運転姿勢を含めてドライバーを優先させた。

 全長のわりに後席は狭めだが、前席はミドルサイズSUVと同等に満足できる。

 1.5Lガソリンエンジン搭載車は価格が割安で、15Sツーリングは、アドバンストキーレスエントリーなどを標準装着して199万1000円だ。

 クロスビーはボンネットを短く抑え、全長が3760mmのボディに広い室内を備える。

 荷室も汚れを落としやすい。ハイブリッドMVは、マイルドハイブリッド、衝突被害軽減ブレーキ、アルミホイールなどを標準装着して価格を194万8100円に抑えた。

 ジムニーシエラは、軽自動車のジムニーに1.5Lエンジンを搭載して、悪路走破力が抜群に高い。

 JCはLEDヘッドランプなどを装着して、悪路対応の4WDも備わり、5速MTは200万円以下だ。

 カローラクロスは1.8Lエンジンの搭載もあり、200万円以下のグレードはベーシックなG”X”のみだ。

 装備内容を考えると240万円のSを推奨したい。

【画像ギャラリー】最安グレードを狙うか? お薦めできるグレードは? 100万円台で楽しめるコンパクトSUVを探す!!(22枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ